ホーム>STAFF BLOG>四柱推命の話

四柱推命の話

季節が変わるとき

城です。

 

3月に入ったと思ったら、もう後半に。

桜も開花したとか言っているし、春はもう 来ているようです。

来週あたりは お花見の心配でしょうか。

 

3月決算のわが社も、何とか無事に年度末を迎えられそうです。

去年の今頃、営業社員が」突然退社したときは、梅津不動産これからどうなることかと思ったものですが、

今ではそれも遠い記憶となりました。

 

さて、久しぶりに 四柱推命の話です。

四柱推命の考え方としては、人の一生の中では10年づつ、運が入れ替わる、と考えます。

それを大運といいます。

 

その大運がかわるときは、今までと何かが変化します。

何かが変化して、今までとは違う自分として、違うテーマで 生きる時です。

例えていうなら、季節が変わるようなもの。

冬から春へ変わる時期、春から夏へ変わるとき。

いっきに変わるときもあれば、徐々にの時もあり、どちらにしても、季節が変わるのに、

それを認めずに今までの服装や設え、行動では、季節を乗り切れません。

 

大運が変わるとき、タイミング。は、人それぞれ違います。

実は私のその「大運」が変わるときが、来年なのです。

今からちょっと意識しているというか、不安があります。

 

ちなみに今の私の大運は2009年47歳から始まっています。

この大運の私の運は、

身の回りで良くないこと、不穏なこと、大変なことばかりが起こり、関わり、問題山積みなのですが

それを逃げないで対処していくことで、結果的には自分が利益を得る、得をする、という、

悪いようで良い運ということでした。

中心星 正財 に傷官がきて 『偏印』

伊勢流四柱推命の本には

表面は悪く、内実は得をする運  ピンチの時こそ、勇気をもって立ち向かおう、となっています。

 

その2009年、私には新しいテーマが来ました。

すでに梅津不動産の社長ではありましたが、

2008年の11月に父が亡くなり、梅津不動産の社長として 看板をしょって立ち、一人で舵を持たなければならないスタートの年でした。

あれから10年間、色んなことがあって大変なことも沢山あったのですが、ピンチの時こそ、勇気をもって立ち向かおう、という言葉を信じて、くじけないでやってきたつもりです。

おかげさまで、今振り返れば、「大運」通りの運 だったような気がします。

物凄~く 得をしたわけでもないですが、でも10年前に比べれば、管理物件も増えたし、

ゴルフや旅行へ行けているのですから、どちらかと言えば良い運です。

四柱推命が当たったのか、私が素直に信じたからか、きっとその両方だったのか。

 

さて、来年の6月から始まりつつある 新しい大運、『印綬』。

きっと今より良いはず。

そう信じて、これからの変化を乗り越えていこう。

 

そう心に誓っている 城です。

 

 

変わり目

城です。

 

久しぶりに四柱推命の話しをだします。

人に運には10年毎の周期があり、それを大運と呼びます。

10年ごとに、違った運がやってくるのです。良い時期や悪い時期、一概にはどちらともいえない時期、いろいろとありのですが、

その大運の変わり目が近づいてくると、いろいろと身辺に変化があったり、自分の気持ちが変わって言ったり、状況が違ってきたりと、落ち着きがない感じになってきます。

 

四柱推命を全く意識していないわたしの友人は、その10年に一度の節目のその時期に

「なんか 仕事辞める時期な気がしたから 辞めたのよ。」とあっさり転職を している人をしっています。

2回転職して、2回ともその時期。ぴったりその時期に転職したのです。

転職なんて、けっこうエネルギーのいる事です。それを自分の感覚を信じて さらりとしてしまう なんか見事です。

 

などと、人の事は客観的に言えるのですが、

いざ 自分を顧みた時、私の10年に一度の変わり目は2019年。

再来年にはくるのです。

再来年の自分に、どんな変化がおこっているのだろう…。 ちょっと不安になります。

今 梅津不動産の中で 人が移動するのも その前触れなのだろうか、とか 少しづつ変わり続け、気がついたらとても変わっていた、ということも…考えられますし。

自分のことは とても不安になったりします。

 

ちなみに、10年前 2009年の大運の変わり目だった年には、父が亡くなり、自分一人が会社を背負っていく覚悟の年、本当に運の変わり目でした。

その前の 大運の変わり目は、1999年。(30年に一度の大変化 接木でもありました)

水元に家を建て、引っ越しをして、そして梅津不動産に再び私が関わりはじめた年でもあり、

それまでは 家庭第一の主婦が そこから梅津不動産ひとすじ人生の始りだった年でした。

 

人生の変化というと、若いころは それは喜びだったり 自分からどんどん選んでいく 積極的にするものが多いですが、

歳を重ねると 変わることは 勇気がいるから なるべく避けたいような 怖いような そんな心情になっていくもの。

 

2019年、どんな変化が待ち受けているか 考えると ちょっと恐ろしいですが、たぶん次の接木までは 梅津不動産のわたしでいるはずです。

2019年 そこから始まる大運は 「印綬」。(今までは 偏印)

良い10年間が来ることになっているのです。

 

だから、今を頑張って 働こう そう 自分を励ます 城でした。

 

嬉しいような悲しいような…

城です。

もう何年も前、友人の紹介で、そのまた友人に四柱推命の鑑定をしてあげたことがあったのですが、

その時に人生の分岐点になるでしょう…、とわたしが書いたことを、

人生の分岐点となりつつある今年思いだし、当社へ連絡をくれたKさん。

それで、占いのついでではないですが、板橋方面でマンションを探すことを依頼され、

いろいろご紹介もして、案内もしたのですが、

やはり地元でないこともあり中々ご希望に合うのが見つけられずに、

他の業者さんでマンションを決めた、と知らせがきました。

 

はからずも9月契約、10月引っ越し、という、私の占いだけはあたったのですが……(笑)

 


 

で、お世話になったということで、送っていただいたお菓子です。

 

「ゆうゆう都電」というネーミングが、興味をそそります。

中を開けると…、

都電の形?に微妙に八角形の箱。側面には都電のほのぼのしたイラストが。

これは電車好きには、たまらないお菓子でしょうね。

 

中身を出してみますと、

なんとなく電車の形をかたどっているような、いないような…。

微妙にかたどっています。

味は、バター風味の白あんの…、ひよこ風の良くある感じの味でした。



都電 荒川線マップ、というのも入っていました。

 

そして改めて、家族3人分の来年の運勢を、依頼されました。

嬉しいような、悲しいような……。

 

頑張って鑑定しようと思います。

 

  

運を信じて

城です。

昨日、9月の最終日曜日の夜に、長男(旧バカボン)の送別会をしました。

送別会と言いましても、私と隊長と母と長女と、5人で牛屋で焼肉を食べただけです。

けっして仲が良いとは言えない我が家族。

毎度のことながら、長女は遅刻してくるし、会話が弾んだわけでもなければ、会話はかみ合わないし、

長男(旧バカボン)は前夜も、友達と焼肉を食べたとかぶつぶつ文句を言うし(こっちが先に決まってたのに)、

隊長はすぐに腹を立てて私に文句を言ってくるし、

長男を送り出す会といっても相変わらずなのです。

しかたない、それがわたしの家族の姿そのもの……。

でも、全員そろって食事したから、それがケジメになったとは思います。

 

長男の運を伊勢流陰陽五行四柱推命で見ると、今年は『比肩』の年でした。

どんな比肩なのか、詳しい運勢を見れば、

生まれ変わる年。

これまでの自分とは違う、新たな自分を開始する。きちんとけじめがつくことで、新たな人間になる。

離別、変化の状況が整い、何らか の決断をして、新たな生き方を開始することになる。

すべて変化を選択することがふさわしく、みれんを残したり、現状維持を選択すると、いいことはない。

1年のうちでは、何月がポイントになるのかをチェックする必要がある。

とあり、そして10月はまたもや「比肩」の月。

長男が、海上保安学校に入校する月なのです。

 

そういうわけで、長男が家を出ていくことは、もう必然のことなのだと思います。

その後、勤め先で長く勤めることができるかどうか、もしかして入校したはいいけどすぐ帰ってきちゃったりしないだろうかとか、心配すればきりがありませんが、

運を信じて、

長男がたくましい海の男に生まれ変わることを信じて、送り出すことにしたいと思います。

 


甲午(きのえうま)の思い

城です。

今日は陰陽五行四柱推命の話です。

生まれた日がどんな日かによって、その人がどんな人かがわかります。

生まれた年や生まれた月より、生まれた日がイチバン影響します。

私の生まれた日は、甲午(きのえうま)の日。

だから私は甲午の性質の人間です。

陰陽五行(木・火・土・金・水)の中で、「木」の性質の中の甲(きのえ)は陽の『木』 樹木です。

午は「真夏」の意味。正午の午あは、「うま」と書くように太陽がイチバン上にあり盛んな時を表すのです。

だから、わたしは真夏の樹木みたいな人間 といえます。

太陽に当たるように枝をどんどん伸ばし、葉を茂らせようとしています。

土や土の隠れている金の五行と違って、わかりやすい性格で、わりと自分本位と言えるかもしれません。

少しでも成長しよう前向きとも言えます。

 

でも、最近気がつきました。

成長して伸びていった枝に 小鳥が休んだり巣を作ったり、

木陰で誰かが雨宿りしたり 休憩できたり、どうせならそんな誰かの役に立つ、憩いをあたえる夏の樹木になりたいな、と。

 

それから同じ樹木でも、あんまり大木にはならないで、上にもどんどん伸びるのではなくて、

柳の木みたいにほっそりユラユラ、下に垂らして脱力な感じの、

でもしっかり自分で立っている、そんな樹木でいよう、と。(笑)

 

あなたも、自分の生まれた日が知りたかったら、お調べしますよ(゚∇^*) ♪

 

比肩の月

城です。

今日は四柱推命からみた仕事のお話です。

伊勢流陰陽五行四柱推命を見ることができるようになったわたくし、

一番真剣に見ているのは、もちろん自分の運気です。

不動産屋家業は成功報酬。仕事が上手くいくかいかないかは、もちろん日頃の努力が大事ですが、

運気がかかわっている部分も少なからずあると思うのです。

仕事の動きや波、チャンス、もしくはその逆に逆境が来る時を知るのは、とても重要なことだと思っています。

 

私の今年の運勢は「劫財」(ごうざい)です。

「劫財」というのは、何ごとも決まりそうで決まらず、決まらないかと思えば決まるような、もう、どっちなの、どうするの~?ってな感じで、

無駄が多く周囲から反対やら邪魔が入ったりして、迷ったり焦ったり、ストレス倍増の年なのです。

そんな年でも、わかっていればある程度の覚悟ができ、

悲観的にならずに、うまくいかなくてもそんな年だとあきらめもつき、

またいつも以上に我慢強く、粘り強くやっていくしかないと思うようにしています。

 

年の運の中には、月の運もあり、月の運の中には日にちの運もあります。

 

先月は年運に加えて月運も劫財でしたから、その意味合いは倍増でさらにストレスアップだったのでしょう、

自分では自覚がなかったけど、体調がくずれたりしたのは、自分でもびっくり。

 

しか~し!! 今月は比肩(ひけん)の月です。

比肩ということは、決まる月なのです。

というか、今年、今決めないで、いつ決めるの!!

今でしょ!!(どこかで聞いたフレーズ?)

 

そして、先日、比肩の月の、比肩の日でおまけに羊刃(ようじん/作用が倍増の意)までついた日に、

なかなか条件的に厳しくて、決まらなくて困っていた物件が2つ、同時にに申し込みが入ったのです!!

 

さっすが、比肩の月の比肩の日だ~!!\(*^▽^*)ノ と喜んだのもつかの間、

数日後には両方キャンセル……(T_T)

 

やっぱり年運の劫財が強いのよね「(´へ`;ウーム

 

この「比肩」というのは、決まる、決着が付く、の意味以外に、出発、重要な出会い、という意味もあります。

だから比肩の月に来るお話、出会った人も、真剣に考えた方が良いわけです。


 

さてさて、そんな劫財的な比肩月、5月も三分の一が過ぎ、今のところ契約が2つ成立しました。

それなりに比肩の成果はでていると言えるかも?

 

いやいや、まだまだ足りな~~~い!! (。>0<。)

城でした。

人生は平等…?

城です。

 

昨日に引き続きのお話です。

わたくし、5年前に師匠 伊勢瑞祥 に四柱推命の師範の免状を頂いてから、いろんな方の命式を観る機会がありました。時には、有名人、実業家、政治家、タレントなども勝手に見たりしています。

会社の青野が、「社長、今までみた中で、一番良い命式、運の良い命式の人って、誰ですか?」

と、聞いてきたことがありました。

しかし、いくら勉強をしても、その質問には、答えは無いと思います。

 

四柱推命を勉強し、未熟ながらも人様の命式をだして運命を鑑て、改めてわかったことがあります。

人生のいつでも、全て、幸運に恵まれた人生、という人はいない、ということ。

生まれてきた環境や親によって最初から恵まれている人と、恵まれていない人はいるけれども、

でもどんな人の人生にも、春夏秋冬があって、良い時期と悪い時期が巡って来る。

笑ったり悲しんだり喜んだり失望したりは、どんな人にもだいたい同じくらいのタイミングでやって来る。

人生は平等なのです。

ただ、その良いこと悪い事を、どう受け止めるかで、人生は変わってくる、ともいえる様です。

 

しかしながら、命式の中に、うらやましいくらいに、良い星(便宜上、星と表現します)ばかりが揃っている方は、いらっしゃいます。

そういう方は、基本的に運が良いのですから、もともと財産がある家だったりもするし、やってくる不幸も、人並みの苦労より軽かったり、良いことは、人よりたくさんあったり、するわけです。

じゃあ、そんな人は、きっと相当な人物で、相当な地位に上り詰めていることでしょう、と思われる方が多いと思いますが、ところがそうとも限らない。

運の良い分、そんなに努力しなくても、ある程度の幸せが来るから、

それ以上の頑張りをせず現状維持だったり、幸運に甘えて努力をしなかったり、色んな経験をつまずに中には怠けていたり、ちょっと悪い事があると、打たれ弱いから相当へこたれてしまったり…。

なんだかとっても小さく独りよがりな人にまとまってしまうような感じの方もお見受けします。

苦労があまりない分、人の気持ちにも鈍感だったりします。

 

もちろん良い星をお持ちで、大きな夢も持っていて、それを達成できるように人並み以上の努力をされた方には、輝かしい成功が待っています。

でも、良い星があまり無い方でも、押し寄せてくる苦労にへこたれず、 夢をあきらめず、

逆に苦労を自分の人生の糧にしてしまうようなバイタリティのある方は、

本当の成功者になれると思います。

成功している方たちには、良い星ばかり持っている人はいないです。

だからこそ、辛抱してやっと巡ってきたチャンスを、がっちり掴めるのだと思います。

 

なんて、言っていると私もものすごい人生の達人みたいですけど…。

はっきり言って、耳年増というか、目年増、というだけのはなし、ですのであしからず…。「(´へ`;

 

副業のはなし

城です。

わたくし、不動産屋の社長をやっているかたわら、たまに副業もやっています。

皆さんもうご存知だとは思いますが、ひとさまの人生を四柱推命をする仕事でございます。

暦の上での新年は2月4日からはじまるので、この時期になりますと、

今年1年の運勢の鑑定を、頼まれたりいたします。

大々的にやっているわけではないので、友人とか友人の友人とか、口コミです。

でも、文章にして渡すので、けっこう大変です。

 

今年もそんな時期なもので、最近パソコンとにらめっこです。

だけど、自分でやっていてなんですけど、当たっていて怖いくらいだぁ……、と思う事があります。

一度もお会いしたことがないMさんご家族(私くらいの年齢のご夫婦と娘さんと息子さん)の鑑定を3年以上続けていますが、

会ったことがないので、本当に何の推測もなく、結果運を伝えているだけでした。

娘さんが、比肩の年があって、結婚、就職などケジメになることがありますよ、と書いてあったら、その年娘さんが結婚されました。

今年は、息子さんが結婚する、と先に聞いていたので、今年の結果運がどうなるのだろう…、と見てみたら、

息子さんは「正官の年」。

【自分にふさわしい事を始め、結婚が決まり、新たな生活が始まる。】ってなっているのです。

とっても良い時期に、息子さんは結婚されるのだなぁ…、運命どおりになっているわぁ、と確信しました。

 

この間、当社の青野の命式を出してみて、

「青野さんの接木(せつぼく)の時期は26歳の時だったよ。その時に、運命が転換するような事、なかった?」と、聞いてみたら、

「社長、すごい!! その年に結婚して姓が青野に変わったのです!!」、と驚いていました。

接木(せつぼく)というのは、30年に一度訪れる、人生の大転換期です。

人は、その時が近づくと何故か、変りたくなるか、環境が勝手に変わるか、してしまうようです。

ちなみに、私の接木は東水元に家を買って引っ越してきた年、梅津不動産で仕事をするようになった年でした。 

 

私も、運命の流れにそって進んでいるようです。

 

 

 

 

できの悪い弟子

城です。

昨日わたくしは、会社を渡辺・青野に任せて、

毎年恒例の、伊勢会の新年会に行ってきました。

 

 

伊勢会とは、わたしが勉強している陰陽五行四柱推命の伊勢先生とその弟子や、先生に観てもらっている会員の方々の会です。

1年1度顔を合わせて和やかに歓談するのです。

さすが伊勢先生の会員さんの中には、有名な能楽師の方や音楽業界の作曲家の方など著名な方々や、社長さんや編集長や教授や先生や有力な方々が沢山いらっしゃいます。 

 

そういった方でも、ご自分の運の行方、人生の転機などを知るために、伊勢先生の四柱推命を頼りにしているのですねぇ。

というか、そういう方ほど、実力だけではままならない何かを感じたり、

運気やタイミングの重要さを知っているのかもしれません。

 

いつも参加されている著名な方や第一人者が、ご自分の分野のお話しや、自分の人生のドラマを聞かせてくれたり、

素晴らしい音楽を聞かせてくれたり、書を見せてくれたり…。

意義深い会なのです。

 

ですが、わたしなどは、会の始まりのころは、行儀よく、感心してお話を聞いたり見たりしているのですが、

久しぶりに合った弟子仲間同志のテーブルで、お酒とご馳走を前にして、最後の方はいつもおしゃべりに花が咲いて、進行そっちのけ、

大先生のお話を聞き逃している、品行の悪い弟子であります。

 

 

ひとつ言えることは、伊勢先生は、

偉い方にも、そうでない者にも、

態度が変わらず平等に扱ってくれる、できた師匠なので、そんな出来の悪い弟子のわたくしも新年会に参加できるわけです。

お休みの日

城です。

寒いです。

ホントーに寒いです。

ブルブル!!

 

 

でも、明日は定休日なので、さっそくゴルフに行く予定です。

もう私は、ビョーキですなぁ。

近場で、お昼ご飯なしですが、スルーで4,500円。安い!!

そういう問題じゃない?

 

昨日に引き続きまた四柱推命の話になりますが、

わたくしの命式には「食神」と「偏印」がございまして。

「偏印」は自分の好み、趣味嗜好。そして、熱しやすく冷めやすい。

「食神」は楽しむことが好き。

つまり、やりたいこと、好きな事は、とことんやらずにはいられないのが、この命式の組み合わせの人の特徴でございます。

だから、私、何かに凝りだしますと、こる、んですね~。

でも、たぶんいつかは、熱が冷める時もくるのかもしれません。

 

などと、言い訳なんぞいくつかしてみましたが、

風邪ひかないように、転ばないように、ゴルフしてきます。

 

ちなみに、この時期(1~3月)の不動産のご成約のお客様には(賃貸、売買にかかわらず)、

ご希望者全員に、四柱推命の鑑定をして差し上げることになっておりますので、ご遠慮なく申し出てください。

 

では皆様も、お風邪など召さないように暖かくしてお過ごしください。

ページ上部へ