ホーム>STAFF BLOG>ゴルフの日

ゴルフの日

南の島のゴルフ

城です。

またまた1週間ぶりの更新です。

 

実は バレンタインデーの前後 グアムに行ってまいりました。

妙齢?の女性4人組で、生意気にもゴルフをしに。

 

わたくし初のアメリカ上陸(一応アメリカよね?)、しかも海外は18年ぶりです。

 

皆が寒い寒いと言っている時に、暖かいところでゴルフできるなんて、

優雅じゃ~な~い~?おほほほほ~

みたいな気分で しめしめ イヒヒ ( *´艸`) と出かけたのですが、

2018219161343.jpg

グアムは 暖かいを 通り越して

 あっづい‼! 暑い!! ι(´Д`υ)アツィーところでありました。

 

そして私は、というか おばちゃんという生き物は、暑いのに弱かったんだ

と、

グアムにきて再確認してしまったのでありました。

2018219161525.jpg

日本の真夏は34度とかそれ以上になるから、それよりはましだし、木陰や海風は涼しかったのですが、

昼間30度の気温の中でやるゴルフは、結構体力つかうものです。

寒い気温に慣れていた体で、2日続けてのラウンド。

おばちゃん(私の事)の体力は 相当消耗してしまいました。

2018219161656.jpg

それでも、オンワード マンギラオ ゴルフクラブは、海添いのコース

12番 ショートホールの海超えが 有名な美しいゴルフ場です。

 

2018219161751.jpg

ちなみに、私はレディースからの海超えで、

私の打ったボールは 無事に海を越えただけにとどまらず、

なんと 『パー』 という、奇跡が!! !(^^)!

感動です。

一生の思い出になりました。(もういけないと思うので)

2018219161850.jpg

コースのいたるところに南国の花が咲き、

美しい景色に テンションあがり、思わず髪に花さしてみたり…( ̄▽ ̄)。

 

でもギラギラの日差しは、プレーのやる気を削ぎ、

バンカーや何か失敗したりしては どっと疲れ、気もうつろになってしまうのでした。

 

ここからは、

グアムのゴルフ場ってどうかな?行ってみようかな?と考えている方のために、少し詳しい情報を。

オンワードとつくくらいなのできっと、経営?資本?は日本のオンワードなわけで、基本的には日本のゴルフ場とあまり変わらない感じ。

貸クラブも日本のメーカーのゼクシオでした。

お風呂は無いけれど、シャワーはあり、タオルもシャンプー類も無料で使えます。(日本に比べると……ですが。)

でも、何故か荷物を入れるロッカーは有料500円。

貴重品を入れる日本のゴルフ場によくある小さな金庫風ロッカーはロビーに有り。

カートには一人づつに水4本とアイスティー1本をサービスで積んでくれています。

ラウンドの途中で飲み物やスパムを売りに来ます。

レストランも日本のゴルフ場と変わらない感じで、朝定食もありましたが、基本スループレーなので、

私たちはバスのお迎えの時間までにお茶を飲んだだけ。

ホテルまで送ってもらってから昼兼夕飯を食べたので、味はわかりません。

お客は、日本人と韓国人しかいませんでした。見事に東洋人ばかり。

 

タラフォフォゴルフクラブの方は韓国人が少ないようで、その分、空いていました。

タラフォフォはマンギラオと違い、ジャングルの中にあるので、噴水や池、綺麗に整備されているとはいえ、

海の眺めには劣るし、しかも海のそばでないせいか、暑さがひどく感じたので、そのせいで人気がないのかも。

 

そんな感じで 無事 グアムでのゴルフを やり遂げ 帰国したのでありました。

南の島のゴルフ、油断していくと 暑くて倒れてしまいそうになりますので、

もしこれから行かれることがある方は、十分に心の準備とご注意を。

 

 

 

 

 

お天気は良かったけども...

城です。

11月に入って、穏やかな日が戻ってきました。

昨日はゴルフコンペで 千代田カントリークラブにお邪魔しました。

風も無く、暖かく、紅葉も見れて、

後は…私のプレイさえ上手くいけば パーフェクトだったのですが、

そこは もう全く ダメダメで、

池にボールを4回も落としたり、グリーンの周りを行ったり来たり、と色いろとやらかしては、

あ”〰‼(*´Д`) とか キ”ャ〰‼ (''Д'') とか う~んもぉ〰‼ (´Д⊂ヽ とかやってきました。

20171121279.jpg

基本的にわたしは運動能力は皆無。

でも、ゴルフって運動能力だけが良くてもうまくいかないのです。

 

コース内の危機を予測して(池やバンカー林や谷) 慎重にラウンドできるか、

自分の実力を知っての プランニング、

風や地形を考えてのクラブ選び、

大事な場面ここぞというところでの 勇気や冷静さ…etc

パター打つときの グリーンの読み と

201711212736.jpg

どこまでも奥が深く、頭使って どこまでもクールにやらないといけないのです…、

なぁんて最近わかってきた私は、少しは成長しているのか…?…していない…。( ;´Д`)全然 成長できてな!!

 

つい、ピン(旗)に向かってまっしぐら。単純細胞のわたしは 時々どつぼにはまるのです。

 

ということで、見事に最下位です。

最下位ということは、後は上にあがるだけ…、

と開き直りの 城であります。

 

201711212858.jpg

女子ゴル旅

城です。

 

定休日の水曜日と 次の日を休ませていただき、友人とゴルフ旅行に行ってきました。

友人3人は全員女性。

本当は車で女性4人で行く予定だったのですが、

メンバーの中で唯一、どこにでも車を運転して行ける (まっ、それが普通なんですが) 頼もしい友人が、ご家族に不幸がありキャンセル。

しかたなく遠出の運転が苦手な女子3人、ゴルフバッグは宅急便で送り、電車で行ってまいりました。

行く先は 宇都宮の先にある「紫塚ゴルフ倶楽部」

 

朝5時半に金町駅に集合し上野まで出、そこから新幹線に乗って宇都宮まで行き、そこから宇都宮線にのって氏家という駅で降りる。

氏家駅には、GCの送迎車が迎えに来ていて、そこから約15分という道のりでした。

乗り換えがスムーズに行くか、乗り遅れたらゴルフのスタート時間に間に合わなくなると困る、といろいろ心配し、

早目に時間設定していたら、8時20分到着予定が7時40分には到着してしまい、送迎車の時間を早めてもらうことに。

出発する前は、偉く面倒な感じがする道程でしたが、実際行って見ればスムーズにあっという間に着いてしまったのです。

気を付けなければいけないのは、おしゃべりしすぎて、降りる駅を通り過ぎてしまうことだけ。

 

帰りの送迎バスには、メンバーさんも乗っていましたが、その方たちは日帰りでしょっちゅう電車でくるようで、

新幹線ではなく 特急券のいらない快速電車を利用しているとのこと。そんなに遠いところではないのだなと見直しました。

 

20161119144616.jpg

 

併設しているホテルはお部屋もキレイで広く、お風呂は温泉の岩風呂、お食事は美味しく、サービスも良く、しかも料金はびっくりするほど低額、

という何拍子もそろっている とても素晴らしいところでした。

肝心のコースも戦略的でおもしろく、距離が短めなのも女子に丁度良く、

そして、この写真のように、とても美しかったのです。

 

20161119142528.jpg

小さなハザードの池にうつった紅葉の景色。

この池に移り込む景色、一緒に回った人の中でも私しか気づかなかったし、前後の組の人も写真を撮っている風ではないし(みんなゴルフに集中しているのね)、

きっと私以外誰も発見していないのでは…!!

すごく大発見だと思うのは、私だけ?

GCが発見してたら、今頃 紫塚GCのFBかHPに乗っていそうな気がするし。

20161119142551.jpg

 

とにかく 苦労して?電車で来た甲斐のあるゴルフ場で、また絶対に訪れたいと思いました。

 

小春日和の女子ゴル旅で、すっかり羽を伸ばした 城でした。(スコアはともかく)

 

 

ゴルフバカ

城です。

 

今年は 台風来すぎですよね~「(´へ`;ウーム。

中々晴れている日がない!!

そんな中、昨日はゴルフに行ってきましたよ、栃木県の足利に。

台風の影響で朝から小雨が降り テンション下がったまま出発。

 

ちょっとはやんだかな?と思ってゴルフ場へついた頃からじょじょに本降りに。

と思うと 小雨に。 少しやんできた?と思うとまた降ってくる…

の繰り返し、おおむね 雨 でした(T_T)。

201691917163.jpg

 

ゴルフしない人には、バカに見えますよね。

なんで雨の中やっているの?って。(・・?

なんでやっているのか、私にもわかりませんが、

家の中で眺めているよりかは、

カッパ着てやっている当人たちは面白かったりもします。

台風とか ザンザン降りとか カミナリでなければ、ゴルフバカはやってしまうのです。

 

2016919171548.jpg

一瞬の晴れ間に見せる山と雲の造形が美しかったです。

 

2016919171532.jpg

スコアの結果は散々でしたけど、パー2つ取れました。

 

雨に濡れるの嫌で焦って打ったり、雨で服が濡れちゃったから昼ごはんの時に着替える服はあったっけ?と頭の中で考えながら打ったりとか、

カッパ面倒くさいけど やっぱり着るしかないな、とか、

着たはいいけど、今度はやんで蒸してきたから今度は脱ぐか、とか

カートの椅子が濡れてて、座ったらパンツまで濡れて 冷たいんですけど~!! などと

ゴルフ以外のことで気が散ってしまうわたしは、まだまだ修行が足りないのです。

(´_`。)

修行の足りない ゴルフバカ 城でした。

 

午後にするから午後スルー?

城です

長~いゴールデンウィーク、お天気も良い日が続くようで、ご旅行、観光に行かれる皆さんも多いと思います。

当社はゴールデンウィークは営業します。

が、昨日の29日は祭日と定休日の水曜日が重なった貴重な1日です

たった1日のゴールデンウィークという感じで、やっぱりここはゴルフ、行ってきました(゚∇^*) ♪。

 

2015430135554.jpg

場所は、水戸ゴルフクラブ。

いつも平日に行っている私が、平日並み料金で済ませようと選んだのは『午後スルー』。

「午後スルー」というのは、午後1時以降スタートで前・後半を休憩なしの通しでプレー。

前半2時間後半2時間で、順調にいけば午後5時すぎに終了する感じで、日が長くなったからできるプレー。

ただしお風呂もロッカーも使えない。だから荷物は車の中かカートに。

もちろんキャディさんはいないし、キャディバックも車から自分で運んで、カートに乗せるのも自分。

と、いつものゴルフよりは、キビいし~いシステムで、でも料金は安いわけです。

そんな午後スルーの部にも、ゴルフ好きの皆さんが続々と、昼過ぎにもらず駐車場は一杯で、結構詰まり気味でした。

やっぱりゴールデンウィークなんですね。

そんな中、私たちのグループには、なんとコースデビューの女性1名と、コースに出るのが3回目という男性1名と、私と隊長という組み合わせ。

予想通りスタートから終わりまで波乱だらけ、それでなくても混んでいるところ、相当詰まらせてしまった気が……((^_^;)

後ろの組のおじさんたちには、「初めての者がいるので、申し訳ありませ~ん!!」と先に謝っておいたのですが、

帰る時に「初めての割には、意外と速かったじゃない」

と、逆に褒められてしまいましたが。(ホント優しい人たちで良かった。)

誰でも初めての時はあったのですもの、しょうがありませんよね。(な~んて、ちょっと上手いみたいな余裕っぽいコメント)

2015430123155.jpg

 

 

そんなことでプレーが終わったのは、なんと午後6時過ぎ。

早めにお昼を食べてのプレーでしたので、お腹ペコペコでした。

(明日につづく)

3度目の霞ケ浦国際

城です。

12月に入ったと思ったら、もう1週間経ってしまいましたね。

忙しいからと仕事ばかりもしていても、メリハリがありませんので、この間の水曜日は、ゴルフ、行ってきました。

『霞ケ浦国際ゴルフコース』

こちらは三郷インターから近いので、日が短くなるこの時期のコンペ会場として使われるようで、毎年1回、今年で3回行ったことになります。

近いし、クラブハウスもオシャレでコースもキレイです。

2014121620036.jpg

池とバンカーとが効いていて、池越えのホールが3ホールくらいあり、そこが難しいけど面白いところなんだ、ということに、3回目にしてやっと気が付きました。。


2014121620056.jpg 紅葉がきれいでした。

このコースは忘れもしません。

私が初めてコンペデビューしたところです。

ゴルフを勧めてくれたTさんや、友人や隊長などとしかゴルフを回ったことが無かったわたしが、

初めてコンペに参加。(無謀にも)

参加者が立ち並ぶ前で打つ、1ホール目の第一打がどんなに緊張するか、など、 いろいろと脅されて、決死の覚悟で参加したのです。

そのため、遠くへ飛ばすことも、良いスコアも考えず、無欲に、集中して、ボールを見て打つことだけ考えようと臨んだ第一ホールの第一打。

案の上、第1組目でもあったことから、皆が、私がどれだけの実力なのかと注目の中での緊張の第一打。

ところが、ボールは真っ直ぐに飛び、2打目も3打目も打ち損じないどころかバッチリグリーンに乗って、

なぜかパターもすぅっとカップに収まり、パーをとってしまったのです。(パーなんて取ったことなかったのに)

一緒に回った先輩たちが、パーで無いのに!!

ハッキリ言って一緒に回った方々は、「なんだ、初心者で下手ですから迷惑かけると思います。とか、言って、ネコかぶってただけじゃないか…」、と思ったと思います。

そして2ホール目の、第一打。これがまた、ものすごく芯にあたり、気持ちの良い音で、ドラコンか?!っつうくらいの良いあたり。

「なんだ、城さん。全然初心者じゃないじゃないか…」っと言われているそばから、

私の頭の中は、混乱し始めたのでした。

「こんなわけがない、こんなにうまく行くなんておかしい。えっ?私ってゴルフ上手いの?このままいくと、誰よりも良いスコアで上がってしまう?諸先輩たちを差し置いて?そうなの、それでいいの?」

そんなに現実は甘いものではありません。

 


2014121620114.jpg 

コースの途中にある茶店も、風情のある造りでして、ススキがきれい。

そんなこと、頭の中でぐるぐると思いだしたところから、途端に!!ガタガタと打ちそこない、

あちこちのバンカーに入れては、数えきれないほど打ったり、池に入れたり……。

今度こそちゃんと打とうと思えば思うほど、ドつぼにはまる。

思いっきり自分の実力を思い知ることになり、そしてコンペに参加した皆さんにも、思いっきり知らしめてしまいました。

だから、コースがどんな風だったかなんて、全く頭に残っておらず、ただただ、恐ろしいアゴの高いバンカーのあるところだ、という苦い思い出だけの1回目でした。

それが、3度目の今年のコンペで、やっとこのコースの面白さに気が付いたのですから、私も少しは上達した、ということなのでしょう。

 

2014121620133.jpg  茶店で甘酒飲んで、おばさんに写真を撮ってもらう余裕、できました。

 

それにしても、ゴルフって本当にメンタルのスポーツですよね。

初心忘れるべからずと言いますが、あの時の、初コンペ第1ホールの気持ちでいつもプレーできたら、

私は今頃シングルプレーヤーになれているところなのに。

何故かもうあの気持ちには、戻れないようです。

とってもスペイン?ゴルフ場 セゴビアGC

城です。

秋も深まり、ゴルフをするのには気持ちの良い季節となり、へっぽこゴルファーのわたしなども、うずうずそわそわしてきます。

ということで、先日の水曜日に行ってきましたゴルフ場は、面白いゴルフ場でした。

『セゴビアゴルフクラブ インチヨダ。』

「セゴビアって、どういう意味ですか?」とキャディさんに聞きましたら、スペインの町の名前だと教えてくれました。

スペインをコンセプトにして作られたゴルフ場なのです。

建築材の全てを瓦1枚1枚までもが、スペインから輸入して取り寄せたんです、とキャディさん談。

 

全ての部材といっても、どこまで全てだかは、定かではありませんが…、

お城のようなその造りを見ると、そんなフケイザイナことをしてしまったのは、

やはりバブルのころの勢いだったのかなぁ…、と思ったりします。

 

肝心のコースも、全てのホールにスペインにちなんだテーマがあってデザインされています。

フラメンコ、ダリ、ゲルニカ、ギター、アンダルシア…etc

それらを表現するために、池やバンカーが面白い形だったり面白いところにだったり、配置されていたりしているのです。

どこのゴルフ場でプレーしても、自分のボールの行方ばかり夢中で、ホールを覚えられないような者にも、

すごく印象に残る設計でした。

ギターがテーマのショートコースーは、ギターのネックを表すために、ホールの真ん中に長四角の深いバンカーが配置されてあり、とても癖のあるコース。バンカーは深くて長くて、お堀のようなのです。

ガスパッチョがテーマのホールも面白い。冷たい野菜スープのことですから、ティーグランドからグリーン周りまでが池、丁度良くに打たなければ、ボールはガスパッチョの具となってしまうのです。

もちろん私のボールも、スープの具になってしまいました(≧ヘ≦) 。

 

 



建物にもどりますが、

駐車場とコースを隔てる長い回廊が、また豪華でした。

周りは日本人の客と日本人のキャディさんしかいませんけど。


長い回廊を通ってクラブハウスまで行くように造ったのかもしれませんが、中を歩く人はいませんでした。

車から最短距離でまっしぐら。

皆、せっかちなのかしら?わざわざ遠回りはしません。

 

お昼のお食事メニューは、

あまりスペインにこだわっていることもなく、日本人ゴルファーの好きそうなもの、天ざるとかカレーとか揃えていてくれています。

名物はトルコライスといって、とんかつ、ピラフ、ナポリタン、キャベツが一皿によそってあるものだそうです。

うーん、無国籍。

わたしは、パスタセットをいただきました。

受け付けのある階のトイレなど、懲りすぎるほどの凝りようで、個室のドアをどうやって開けたり閉めたりするのか、難しかったりもしますが、

とても面白いゴルフ場でした。

あのガスパッチョのグリーンに、ドンぴしゃで乗せて、リベンジしてやりたいと、再来を願って帰ってきた、

それ以外にもボールを沢山池にいれて失くした、城 でした。

ロペ倶楽部

城です。

へたっぴゴルファーの 城です。

へたっぴながらも去年に引き続き2回目の訪問が叶ったゴルフ場、ロペ倶楽部は、私の好きなゴルフ場です。

というのも、ロペというお洋服のブランドの会社がつくっているからか、他のゴルフ場とくらべて、ユニーク。



場所は、栃木県。

矢板ICを降りて15分くらいです。

 

エントランスは、古い日本家屋の長屋門がお出迎え。


長屋門の中はこんな感じに、レトロです。

でも、この写真の反対側では、キャディバッグの受け取り場所になってます。


長屋門をぬけると、竹やぶの小道をぬけてクラブハウスへと続きます。

 

この風情、どこかの旅館に来たような雰囲気ですが、

竹やぶの小道の次に現れるクラブハウスは、重厚感のある洋風です。

 

でも、2階には提灯がぶら下がっている居酒屋風のレストランがあり、朝とプレー後はここで飲んだり食べたりできるのです。

 

クラブハウス以外に、中庭では噴水やお花が咲き乱れるオシャレな洋館のイタリアン・レストランが18ホールの近くにあり、

前半が終わるとクラブハウスに戻らず、

こちらのレストランで昼食を取るのです。

オシャレな洋館にふさわしい、本格的なピザやパスタ、生ハムなどの他に、

 

 

何故か、とんかつやラーメンや、カレーなど普通のメニューもあります。

きっと、イタメシ?ピザ?そんなものは知らん!という、おじ様たちのニーズにもこたえているのでしょう。

わたしも、何故かぶっかけ稲庭うどんなど、いただいてしまいました。(おじさんではないのに)

サラダとソフトドリンク、デザートはビュッフェ式になっていて、無料で頂けるのも、嬉しいところ。

 

肝心の各ホールですが、フェアウェイが広く、OBが少ないのがうれしい。

きれいに整備されていて、グリーンもきれいです。

 

そして、空いています。

人気のゴルフ場なのに、お客がそんなに詰まっていませんからのびのび。


3ホールづつ、ウーロン茶やコーラなどを無料で飲めるようになっていて、熱中症予防に強い味方。

一か所ではところてんなども、サービス。

そんなところも、他のゴルフ場とは違います。


イチバン気に入っているのは、

源泉かけ流しの温泉のお風呂。

コースをつくっていたら、温泉を掘り当ててしまったそうで、

そりゃあ豊富にどんどん流れ出てくるのです。

ゴルフの後のお風呂が源泉かけ流しで、しかも露天風呂つきなんて、贅沢です(わたし以外に誰もいなかったので、写真撮ってしまいました。)

そして、お風呂と更衣室の棟に一人おばさんが常駐し(男風呂の方はおばさんかどうか不明ですが)、お風呂に入っている間に、ゴルフシューズを磨いてくれるという、細やかさ!!

また、お風呂から上がったところには、氷が入った桶にヤクルトが並んでいます。(なんでヤクルト?とも思いますが)

 

それだけ、サービスがいろいろで、さぞや料金も?と思われるかもしれませんが、それがそれほどお高いわけではありません。太っ腹なロペ倶楽部なのです。

別棟には宿泊施設もあります。

ホントは泊まって次の日もプレーしたいくらいですが、次の日は仕事ですので、おとなしく日帰りで帰ってきました。

 

そんな和洋折衷なロペ倶楽部、で楽しくゴルフできて、幸せいっぱいなゴルフの日でした。

ページ上部へ