ホーム>STAFF BLOG>雄猫『チビ』の独り言

雄猫『チビ』の独り言

夏風邪注意報

城です。

今日も暑い1日でございました。

連休ということで、みなさま海へ山へ川へと、お出かけでございましたでしょうか?

梅津不動産は、休まず営業しております。

夕方からは雷雨がきて、少しは涼しくなりました。

ヒョウまで降りましたね。

城家の子ニャンズは、毛むくじゃらのわりには、暑さを意に介さないようで、

まぁ、元気にしております。

バカボンの屋根裏部屋へ続くハシゴを上って、飛び降りて、を繰り返しております。

まだ、一番上までは登れませんけど。

子ニャンズたちは元気ですが、城家の私以外の3人は、マイドータ⇒バカボン⇒隊長 と、夏風邪で順番に発熱です。

一番重症は、隊長です。

鬼のかく乱でしょうか?咳とノドがひどいです。

夏風邪もつらいもののようですので、、皆様も十分お気を付け下さい。

熱帯夜

寝不足の城です。

相変わらず寝苦しい夜が続いておりますが、我が家はことのほか寝苦しい夜となっております。

何故なら、子ニャンズ3匹が、一晩中運動会をしているからです。

何故にしなければいけないのか解りませんが、暑い中、部屋の隅と隅の対角線上、そのまま廊下へ、階段を上り、又降りる、そして廊下、部屋、と延々と…、

家の中の一番長距離を、全力疾走で追いかけっこをし、じゃれ合う、を

一晩中しているのです。

その音はものすごいものです。

だっだっだっだっだ!!だっだっだっだっだ!!だっだっだっだっだ!!

行ったり来たり、人が寝ている上も何のその、人を蹴散らして、3匹で走るのです…(T_T)。

 

猫を多頭飼いしているお家は、けっこうあると思いますが、子猫をいっぺんに3匹、飼い始める、という家は少ないと思います。

1匹飼っているところに、そのうち1匹増え、また増えて、というケースじゃないでしょうか。

我が家でも猫は飼っていましたが、兄弟子猫3匹いっぺんに、というのは始めてのことで、

その息の合ったじゃれ合い方は、ハンパないです…。 

 

自業自得ではありますが、お願いだから、もう寝てくれ~~~!!!

という、熱帯夜でございます。

様子を写真に撮りたいと思って、カメラを向けても、じっとしていないから、ちっとも良い写真が撮れません。

寝苦しい夜…

今日は下を向けない、城です。

今夜も寝苦しい夜でしたが、

朝起きた時に、首に違和感があり、なんか首が変だ…、と思っていたのです。

 

時間が経つうちにそれがだんだん、痛い、に変化してきました。

今は、首が痛いので下が向けない状態です。

これを寝ちがえた、というのでしょうか?

夜中に寝苦しくて一度目が覚めた時、枕でないところに頭をおいていたので、

枕はどこかと探したら、みぃちゃんが、私の枕をベッド代わりに寝ていたのは、覚えているのです。

その後、私はみぃちゃんを追いやったのか、そのまままた寝てしまったのかは、定かではありません。

しかし、 寝苦しい夜でした。

この暑さが、これから1ヵ月以上も続くのかと思うと…、首がますます痛くなってきます。

 

子ニャンズたちは、暑くても元気いっぱいですが、

猫 ひろし君の最近のお気に入りは、ピンクのひえひえくまちゃん。

以前、遊びに来てくれた恵理子さんのプレゼントで、

猫 ひろし君がピッタリくっついていることが多いです。

この手で触るところが、お母さんにくっついているようでカワイイ。

ピンクのくまのお腹に、保冷剤を入れられるようになっているので、

くっついていると、ひんやり冷たいのです。

中にはいると、クーラーが効いている状態なのでしょうか?

場所を取り合っているときもあります。

 

冷たいところに、お腹をつけていて、お腹が痛くならないかな…、ともおもったりもしますが、

きっと、冷たくなれば自分で調整して、交代しているのでしょう。

 

とにかく、わたくし今日は下を向けないのです。

どこかで私を見かけた場合、上向き目線で偉そうに見えるかもしれません。

もしお会いしても、頭を下げられないかもしれません。何とぞ、ご了承ください。

梅津不動産の社長、ちょっと調子に乗ってない?などとは、思わないでくださいね。

 

下を向けなくても、首が回らなくなるよりは良い、と思う、城でした。

猫 ひろし です。

城です。

倉庫で生まれた子猫を保護してから半月が経ちました。

4匹中、1匹は運良く、すぐに里親さんに引き取ってもらって、現在3匹の子猫が私の家にいるのですが、

最初は、「借りてきた猫」を絵に描いたように、、いつも人間にビクビク、オドオド、生まれた倉庫に帰りたいーー!!戻して~といった具合でいたのですが、

いつの間にか、我が家を探検しつくし、我が物顔で走り回り、好きなところで好きなようにふるまっているのです。

3匹でじゃれ合う姿も、最初はほほ笑ましかったのですが、だんだん凄まじいじゃれ合いになり、

人が寝そべっていれば、人の上を思いっきり走っていく始末です。

自宅に戻って、何とはなしにピアノの上を見る。

いつもと、風景が少し違う……。

あっ!! 見慣れないものがいる。

すーちゃん、今日は、そこか!!

と、話しかけていると、

ミーコも出てきた。

あぁ、ひろしもいたのね。

(この子は、いつもちょっと引きぎみのひーくん。

正式名称 ひろしです。)

ほら、写真落としたでしょ !! (≧ヘ≦) ムゥ

まぁ、そんな具合になっているのです。

これ以上、我が家がメチャクチャにならないうちに、

誰か1匹くらい引き取ってくださると、ありがたいのですが…。  

ひー、みー、すー

城です。

きょうは、ひー・みー・すー、の様子をご紹介します。(ふぅはもう嫁にいきました。)

朝いちで、「じぇじぇじぇ」を見る子猫

(ひー と、みー)

 

「じぇじぇじぇ」を見終った子猫

(ひー と みー)

ぼんやり子猫

(すー と みー)

おやすみ子猫

(みー、と すー)

倉庫で生まれた子猫たち、人間を怖がっていましたが、

最近は私たちの側に、近寄ってくるようになりました。特にお腹が減っていると…。

お腹が減らなくても、同じ部屋にいて、私が寝そべっていると、私の上を通って行ったり、鼻をつけてきたりするように…。でも、抱っこはされたくないようで…。

写真では、おとなしげにしていますが、起きているときは、いつも3匹で家中飛んだり跳ねたり走ったりしているし、そうでないときは、寝ているか食べている時なので、中々うまく写真がとれません。

だんだん、この家に、私たち人間に、安心してきたようではあります。

そんな訳で、猫づくしの私の毎日です。

かくれんぼ

城です。

蒸し暑い毎日です。

この蒸し暑さは、おばさんにはこたえます…。

これから、益々暑くなるかと思うと…、考えるだけでげんなり…。

でも、おばさんが仕事場から戻ってきますと、

カワイイ3匹が、おもいおもいに過ごしている姿を見ると、

とっても癒されます。

 

たいてい3匹で一緒に同じところにいますが、

時々、1匹くらいが行方不明になることがあります。

昨日の夜も、すーちゃんが、(ヨン様⇒よっちゃん⇒すーちゃん)

どこにいるのか解らなくなりました。

いろいろな場所を(隊長が)探して、とうとう見つけました!!

 

居間のピアノの上です。

娘のためのピアノですが、今はほとんど弾くことがなく、私が昔習っていたトールペイントの作品を並べています。

その、完成途中にして終了してしまった額を、そっと取り除くと、

ピアノのカバーの布が、少し膨らんでいます。

ははぁ、この膨らみはぁ………?!

  スーちゃん、めっけーーー!!!

       めっかった…?

子猫の習性、というか、うちの子ニャンズだけかはわかりませんが、

となりのトトロに出てくる、まっくろくろすけみたいです。

まっくろくろすけがいそうなところ、人が気が付かない隅のほこりがたまっているようなところに、いるのです。

 

そんなこんなで、我が家のほこりくさい場所は、目が届くようになり、だんだんきれいになってきました。

という訳で、毎日が新しい驚きです。

   

さすらいの子ニャンズ

城です。

何日間かご無沙汰していましたが、子猫救出作戦の続報でございます。

子猫を保護してから1週間以上が過ぎ、「子猫救出」、なんて言葉は、もう過去のものになりました。

ゲージでブルブルしていたあわれな子猫ちゃんたちですが、

今はゲージから飛び出し、毎日我が家を我が物顔で、あっちへとととととと…、こっちへとととととと…、3匹でさすらっております。

そして、暗くてほこりの溜まった隙間を見つけ、そこで息をひそめているのが好きです。

家族の誰かが、「ここにいるよ~」、と見つけ、そこから引っ張り出され、

抱っこされたり、撫でられたりされている間は、しばらく我慢していますが、

そろそろ良いかな、とまた手から逃げだし、また次のところに、とととととと…、と移動していきます。

一番のお気に入りの場所は、ピアノの裏側にあるへこんだ場所。

今までは気が付かなかったけど、子猫が3匹入るくらいの隙間が、壁とピアノの間にあるのを見つけたのです。

そこにいるのが最初解らなくて、随分探しました。

ニャンズを取り出すのに、ピアノを動かすのが大変なので、

入れないように細工したら、今度はピアノの上や脇にいます。

ここも、お気に入り、姿見用の鏡の裏側の、壁との隙間。

ここに居れば、人間は気が付かないと思っているのでしょう。

もっと狭い空間だったのですが、広くしてあげて、敷物まで引いてあげました。

 

家中を、3匹でつるんで探検してまわり、

乗れる高さのところには、全て乗り、

入れる大きさのすき間には、全て入ってみる、という贅沢な毎日をすごしているのです。

 

あれ、ニャンズども、どこにいった?と見まわして、

たなの上にのっかり、そこにあったものを、下に落とし、

代わりに自分が置物みたいに、ちょこんと座っているところを見つけると、

「カワイイやら、怒りたいやら…」ヾ(- -;)」

それでも、だいぶ人間に慣れてきましたし、トイレの場所もご飯の場所も覚えてます。

 

家に帰って、この子たちを見ていると、

本当に、癒されます。

まぁ、姿を隠すことが多いのですがね…)^o^(

ですが、やはり3匹は多いので、まだまだ里親募集中でございます。

よろしくお願いいたします~。

玉の輿

城です。

猫騒動の第三弾です。

捨て猫を保護して里親を探すということの、大先輩おえんさんの計らいで、今日は隊長が4匹を獣医さんにつれていきました。

捨て猫を、ご厚意で見てくれている獣医さんそしてその奥様がトリマーさんのお宅で、4匹とも綺麗にシャンプーしてもらい、耳も掃除してもらい、爪も切ってもらいました。検便や体温を測り、風邪気味だからと注射もしてもらいました。

ふわっふわっで、良いにおいになって帰ってきました。

 

クリックしてもらうと、大きくなります。

右端のひときわ大きい猫ちゃんは、昨日までヨン様と呼ばれていましたが、

本日、女の子とわかり、隊長が何故か、すーちゃん(仮)と命名。

そうして、綺麗になったところで、一番左端のふぅちゃんが、本日貰われていきました。

もらわれた先は、小岩の新築のおうち。

お姉さん猫が一匹いる、猫好きなお宅です。

順応性があり、好奇心旺盛なふうちゃんは、あっという間に新しい環境に慣れてくれるでしょう。

倉庫で生まれて、新築の家で暮らせて、玉の輿です。

 

 

子猫がいるからと倉庫内に入って、最初に目が合い、その時一匹だけ手の届くところに隠れたのを、捕まえたのが、ふぅちゃんでした。

ふぅちゃんと目があったところから、私の柄にもない猫救出作戦が始まったのです。

罪な猫だねぇ…。

幸せになれよ…(*^-^)ニコ

 

 

で、あと1匹か2匹、里親募集中でございますので、皆様どうかひとつ、よろしくお願いいたします。

育ニャン

城です。

1日って早いです。

あっというまにもう5時です。

昨日は、ちょっと心が折れるような事があった日でしたが、この子ニャンズの顔を見ていると、癒されます。

見つめられると、たまりません。

あんなに人を怖がってフー!!シャー!!と威嚇ばかりしていた子ニャンズたちでしたが、

だいぶ人間に慣れてきて、私が顔をのぞかせても、寝そべったままだったり、

小さい動くものにじゃれたり、子猫どうしでじゃれ合ったりするようになり、

ゲージを開けていると、出てくるようにまでなりました。

でも、人を避けて、暗い隙間を見つけて隠れようとするから、ちょっと困りますが…。

ご飯も、人が見ていても食べているので、一安心。とっても元気です。

子猫を捕まえようとして、ゲージを仕掛けていた時、実は母猫と父猫が、両方4匹目の子猫の前に捕獲器に入っているという、ハプニングがありました。

子猫がいなくなった倉庫は、もう猫が入れる隙間を全部埋めてしまったのですが、

今も父猫の方が、子猫を探して倉庫の周りを、ウロウロしているそうです。

 

今どきは猫も、父親が一緒に子育てをする場合がある、雄雌で一緒に行動していると、ボランティアの人が言ってました。おもしろいですねぇ、人間と一緒ですね。

捕獲器の父母猫は、両方まだ若く、栄養状態も良かったです。

もしかしたら父猫など飼猫かもしれない…、と倉庫の持ち主が言っていました。

今も、外の光を見ながら、母親を呼ぶように鳴くことがある子ニャンズ…。

ちょっと可愛そうな感じもしますが、でも野良になったら、生き残るのは大変厳しい。

若い父母で力を合わせて、しっかり育てた元気な子ニャンズ、優しい飼い主に巡り合って欲しいです。

ヨン様登場

城です。

昨日の子猫救出作戦の続きです。

昨日一日かけて何度もボランティアさんや倉庫の持ち主、私、と様子を見に行き、

なんと子猫の前に、親猫が捕獲器に入るという予想外の騒動もあり、

倉庫の持ち主のSさんは、出した荷物を片づけられなくて、明日の現場の用意ができなくて、イライラしてきたりして、ボランティアさんとのアツレキもあったりしながら、

ようやく

夕方になって、やっと最後の子猫が捕獲器に入りました。

やれやれ…、と思ったのもつかの間、それが、ものすごい気の強さで、

何しろずいぶん一人で頑張っていたから、怒る怒る!!

ものすごい迫力です。

お尻を見ても、私も隊長も、雄か雌か判断がつかないのですが、

この手足の大きさと、4匹の中で一番大きく強がっているところをみると、

男の子じゃないでしょうか。

 

フゥー、シャーっと、猫パンチしてきて危ないので、軍手で抱きかかえる。

 

それが、また、お目目パッチリで、まぁ、美男子!!

四番目の猫で、良い男だから、

仮の名前は、ヨン様ヾ(- -;)

というわけで、4匹。

オールスター勢揃いです。

もう、なんて皆良い顔立ち。

うちは、オスカープロか、ジャニーズか?! 並みです。

 

一番左に座る、ふぅちゃんは、すでにオファーあり!! (*^-^)ニコ

うちが、もう少しというか、もっともっと広い家で、

もっとお金持ちだったら、みんな飼っちゃうところなんだけど…。

力不足の社長なもので、申し訳ないが、

その代り、大事に育ててくれる家を、探してあげるから、それまで我が家で仲良くしましょう。

子猫を家族として受け入れてくれる方は、当社までメールでも電話でも、くださいませ。   

ページ上部へ