ホーム>STAFF BLOG>水元の風景シリーズ

水元の風景シリーズ

水元神社大祭

城です。

 

秋真っ盛りの今日この頃、水元神社では秋祭りが行なわれました。

 

夜、暑くもなく寒くなく、出歩くのにちょうど良い季節。

2018101419731.jpeg

土曜日の夜、水元の夜にいつもにない提灯の明かりと笛太鼓の音。

行ってみると、水元神社でお神楽をやっていましたよ。

2018101419810.jpeg

お神楽の前にはカラオケ大会予選で、お神楽の後には決勝のようでしたが、仕事が終わってお腹が減っていたので、

カラオケは見ずに帰りました。

2018101419646.jpeg

 

私が子供のころ、ここは「香取神社」でした。

西水元と水元の一部の地域にいくつもあった神社を、この地に水元神社として合祀したものなので、地域が広く予算の多いのかな?

この地域の他の神社よりイベントが盛んだと思います。

もちろん、神社の世話人さんたちのご苦労の賜物でもあります。

 

大々的にやる大祭は3年に一度で、日曜日は子供たちがおみこしを引っ張って賑やかでした。

 

2018101419617.jpeg

 

実りの秋、来週は東水元の我が家の地域の熊野神社のお祭りです。

水元公園 彼岸花

城です。

 

お彼岸ですので、縛られ地蔵の南蔵院まで、母と墓参りに行ってきました。

今日はお天気が良いから、昼前後のお寺には墓参りの人たち続々と詰め掛けてとても賑やか…。

皆さんホントご先祖様思いだなぁ…(と自分を含めてですが)。

2018923172612.jpeg

で、南蔵院のすぐ裏手が水元公園なので、帰り道にちょっと寄ってみました。

彼岸花がちょうど見ごろです。

お彼岸にちょうど良く咲いて、こちらも律儀だなあ。

 

201892317233.jpeg

 

お花を見ていたら、アゲバチョウが飛んできましたのでパチリ。

でもなんか中途半端な写真になりました。

2018923172419.jpeg

 

 

私の好きな秋が来て、水元公園は 散策にちょうど良い時期となりました。

 

2018923172533.jpeg

芝生のサッカー場

城です。

 

サッカーワールドカップ、初戦の日本代表チームの勝利、盛り上がりましたね~。

時間帯もちょうどよかったせいか、瞬間視聴率55%だそうでビックリ。

それだけ今日本はサッカーで盛り上がっているわけですねぇ。

 

さて

今朝出勤前に、隊長を金町方面へ車で送った帰り道、私の車の前をバイクで走行している親子を見ました。

若いお父さんと後ろに乗っているのは小学生の男の子。

男の子はサッカーのユニフォームを着てリュックサックを背負っています。

リュックサックにはスパイクとボールとお弁当かな?

ヘルメットをかぶってお父さんにしっかりつかまっています。

息子のサッカーチームの試合会場までお父さんが送っているところのようです。

バイクで送ることはなかったけれど、

息子が小学生だった時に サッカーチームに入っていたので、

土日はゆっくり寝ていたいところを頑張って早起きして おにぎり握って水筒に麦茶いれて、暑い日も寒い日も、いろんなところに遠征にで出かけたことを思いだしました。

 

バイクのナンバーは、江戸川。

けっこう遠くからの送迎だなぁ…、いったいどこまで送っていくのだろうか?

理科大の横にできたグランドの横は素通りしているから、この辺の小学校ででも試合かな?

と思っているうちに、バイクは中央公園の通りに左折、私は岩槻街道を直進して別れました。

 

その後、別の用事で もと水元高校の付近を車で走っていて、その謎が解けました。

あぁ、ここに来たのかぁ、と。

2018623143248.jpeg

広い芝生の広場が完成していたのです。(3月24日オープニング)

元 中央公園と元 都立水元高校を更地にされてから東西に新しい道路ができたことは、

以前ご報告していましたが、

二つのうちの北側は都立「都立小合学園」

そして南側には水元総合体育館やこの広い運動場が完成したのでした。

(写真の奥の方に、朝見たユニフォーム姿のサッカーチーム発見)

2018623143157.jpeg 看板を見ると、「水元スポーツセンター公園」となっています。
2018623143543.jpeg

アップにすると、こんな感じです。

右にある緑のゾーンが運動場で、その上の右角のグレーは小合学園の運動場と書かれていますが、

今は 西水元にある養護学校の建替え期間で、仮校舎が建っています。

2018623143314.jpeg

運動場の周囲には植え込みと遊歩道。

ベンチや遊具も配置されています。

ここのベンチに座って、我が子のサッカーの試合を観戦できるなんて、

いい感じでしょうね。

芝生のサッカー場なんて、夢のようです。転んでも痛くないのですよ!!

私の息子が小学生の時にこんな良い施設があったら、
早起きして遠く前出かけなくても済んだのになぁ。

そうだ、孫に期待しよう。孫にサッカーやらせて 

ばば は燃えるんだ!!(きっとその頃には早起きも苦にならないだろうけれど)

201862314318.jpeg

同じ敷地内のポニー広場のポニーが、今日は土曜日だからか、

子供たちと外を散歩していました。

こちらも楽しそうだ。

ばばになったら連れてきたい。

 

お断りしておきますが、今のところばばになる予定は 残念ながら一切ございません。

 

 

こういう風に環境が良くなっていけば、

日本のサッカーレベルはまだまだ伸びることでしょう。

でも、南米やアフリカ勢のようなハングリー精神は難しでしょうか。

なんて色々考えてみる

月曜の深夜は、TVの前で本気で応援予定、の城でした。

 

水元公園 子どもまつり

城です。

またもや えらいお久しぶりです。(^▽^;)

ここのところ、公私?ともに忙しく、申し訳ございません。

 

忙しさにかまけてブログはもちろん、色んなことを適当にパスし続けて、反省です。

で、反省の一環として、ブログに載せるべく 

本日4月22日 水元公園で行われた 毎年恒例の 子どもまつりを 自転車ギーコギーコ漕いで 視察してまいりました(;^_^A

2018422153811.jpg

水元公園は広うございます。

 

中でも、この中央広場はそれhそれは広い広い原っぱといいましょうか。

そこを中心にいろんなイベントが行われます。

28のブースがあるんですよ~。

201842215360.JPG

凧づくり のブースで作ったらしい凧を一生懸命走ってあげている子どもの姿。

今は凧揚げする場所も、中々ないものなぁ、

ここは広くていくらでも 凧揚げできるわぁ。

2018422153351.JPG こちらは和太鼓のコーナー。お姉さんに太鼓のたたき方を教わるちびっこたち。
201842215339.JPG ミニねぶたも出ていました。
2018422153421.JPG ボーイスカートの手作りアスレチックは超人気で長蛇の列。
2018422153715.JPG

こちらはポニーコーナー。

普通に試乗もできるし、ポニースクールのちびっこたちの日ごろの成果も素晴らしい。

 

2018422153638.JPG

ステージでは、かつしか吹奏楽団の楽しいひとときが。

緑を背景の音楽を緑の中で聞ける、贅沢な場所です。

2018422153450.JPG

他にも色んな工作ができるブース、わんぱくずもう、ヨーヨー釣り、公園の生き物が見れるブースなど盛り沢山。

何しろ28ブースが子どもたちのために用意した遊びがあり、それは賑やかでした。

2018422153747.JPG

子どもまつり会場から離れれば、そこは静かな水元公園が広がります。

とにかく 広い。

そして今日は暑く。

久しぶりに公園内に入った私は、だいぶバテテしまいました。

木陰にいれば涼しいのですが。

 

皆様も 水元公園にくるときは 熱中症にはくれぐれもお気を付けてください。

美しすぎる 水元公園 春の風景写真

201841172551.JPG

城です。

皆さま、お花見はできましたか?

201841172816.JPG

お花見をした人もできなかった人にも、見て頂きたい桜の写真

水元公園 春の風景。

201841172619.JPG

 

私も今まで何度も撮っていますが、桜の写真って一番難しいと思います。

でも、写す人が違うと、こんなに美しく撮れるものなのですねぇ。

写真をクリックして拡大してご覧になってください。

 

201841172847.JPG

 

地元に在住のS様よりのご提供でございます。

腕が違うのか、レンズが違うのか、カメラの知識が違うし、一番違うのは、情熱 でしょうね。

それこそ、朝日が昇るころの朝焼け、人のいないところを狙っての撮影のようです。

 

201841172653.JPG

 

桜の時期は一瞬なので、そのころの道は混んでしょうがない。

水元公園内も、花見客でいっぱいです。

だから 人が誰もいない 静かな桜の時期の 水元公園の風景

貴重だと思います。

 

201841172738.JPG

暑さ寒さも彼岸まで

2018324154256.jpg

城です~。

今日は朝から良い天気です。

とうとう春がきたのですねぇ。

2018324154333.jpg

ということで、水元公園の桜開花情報をお知らせいたします。

午前10時 『2~3部咲き』というところでしょうか。

午後になればもう少し開いてくるから、

明日の日曜日は お花見してもよさそうですよ~。(*´ω`*)

201832415446.jpg

 

暑さ寒さも彼岸まで、といいますが、

なるほど その通りですね。

 

201832416635.jpg

 

今日 ご近所さんから 沢山お庭の花をいただき、

お彼岸のお墓参りは済ませていたのですが、

花瓶に差し切れないので、またお寺に、父のお墓にさらに加えに行ってきたのです。

だけど数日前にお花をさしてあったので、あまりお花が入らず、

ふとお隣のお墓を見ると、同じ並びのお墓の中で 右隣のお墓にだけ お花が無いのに気が付き、

お隣のお墓にも お花を飾って来てしまいました。

(うちのお墓もお隣のお墓も小さくてくっついているから、手を伸ばせば届いてしまうくらいなものなので。)

そういうことして、お作法等いうか 宗教的に良いのかどうか、わからないけど…。

お線香も 少しお供えして…。

お墓のおすそ分け? いけないことなのかしら…?

どなたか教えてくださいませ。

 

2018324154451.jpg

 

満開になるころ、のんびり 水元公園でお花見したい でも昼間は無理かな?城でした。

雪の影響

城です。

 

月曜日の大雪には まいりましたねぇ。

夕方からは吹雪のようになり、このまま雪が積もって電線でも切れてしまったら、

電気に頼っている暖房も明かりもどうなってしまうのかと、心配になるほどでした。

2018126155849.JPG

 

そこまで心配することもありませんでしたが、関東地方は雪になれていないので、

やっぱりもう交通機関やら道路やら坂道やら大騒動になったわけであります。

 

当社は、月曜に雪が本降りになってきた段階で皆に帰宅してもらい、店を閉めてしまいました。

こんな雪の日にわざわざ来るお客様はいないだろうと…。

安全に帰れるうちに帰ってもらおうと。

201812616017.jpg

 

そして雪が積もった次の日も 臨時休業ということに決めてしまいました。

無理に出勤して事故やケガでその後の仕事に影響をきたすようなことになったら怖いので、リスクを回避する方を選びました。

お陰で、当社にとっては盆と正月以外の、初めての連休となり、のんびりしていれば良いのだけど、なんか会社が心配というか気になり…。

 

火曜日の午後には、一人で出社して(私は歩いて5~6分ですから) だいぶ解けてきていた雪を雪かきをしたりして。

そうしたら、業者さんからの電話が 大ぶかかってきていて、電話での仕事がはかどってしまいました。

他の方々は、雪の日も 頑張って働いているのですねぇ。

2018126155920.jpg

 

次の日は定休日の水曜。いつもなら車のところ、雪のため金町までバスで出た帰り、自宅まで水元公園の土手を散歩してみました。

最近寒くて外に出ない日々、動かない毎日でしたから、雪かきといい、散歩といい、2日続けて良い運動になりました。

雪が残った水元公園は空気が冷たく澄んでいて、気持ちが良かったです。

201812616046.jpgこちらかまくら?

 

それぞれのお宅の玄関先には、雪だるまなどの思い思いに楽しんだ後が、また面白く眺めつつ。

201812616411.jpgこれは、雪の滑り台

 

子供たちにとっては、楽しい雪遊びができたのですね。

 

2018126155952.JPGこちらの作品は、上野のシャンシャン?

雪かきの筋肉痛という置き土産を置いて、雪は消えていきました。

もう、今年の雪はおしまいにしておくれ~、と願う城でした。

秋の蚊

城です。

 

今日は、そんなに暑くなかったので、やっと水元公園の土手のハタまで行けました。

2017922175630.jpg

 

でも、お目当ての彼岸花はもう枯れていました……( ;∀;)

2017922175753.jpg

 

 

その代わり、金木犀が香りだしています。

2017922175711.jpg

 

金木犀が香れば、もう 正真正銘 秋ですね。

 

そんな 秋だというのに、わたしは 昨日 今日 と2日連続で蚊に足を刺されまくっています。

元農家さんのお庭の広~いお宅を訪問して、ちょっとの時間立ち話しただけなのに(水元公園では刺されないのに変だわ)、

何故か私だけが 一度に5~6カ所 足を刺されてしまったのです。(こんなの小学生のころ以来)

もうかゆくてかゆくて。((+_+))

秋の蚊は、子孫を残すために 最後の力で刺すのかしら?

いくら振り払っても しぶとく果敢に飛んできて。

ホントに かゆい‼ (*´Д`)

 

どうも 私の血は 蚊には魅力的らしい…城でした。

 

 

 

 

 

柴又旅 彫刻ギャラリー編

城です。

5月5日 こどもの日。

私は出社しております。

只今午後6時半 まだまだ 外は明るくて…。

20175518237.jpg

さて、柴又帝釈天 正式名称 題経寺の拝殿でお参りをした後は、

外廊下から 裏の内殿に回ります。

渡り廊下の上部にも、人々がお参りする様子、庚申の日などのレリーフが一面に飾ってあります。

この写真は、金町から柴又まで運航していた 人力鉄道の様子です。

人が押しているのがわかると思います。

いくら距離が1駅だけで短かったとはいえ、まだ人力車があったころの話として考えれば、なるほどこの原始的な電車も理解できるかもしれません。

しかし 相当重たかったでしょうねぇ。昔の人は強いなあ。

201755182038.jpg

そして、彫刻ギャラリーに入場するには、

400円(お庭拝観料含む)の入場料が。

でも、それ以上の価値、絶対あります!!

20175518210.jpg

帝釈天は彫刻の寺と言われていると、葛飾かたり隊さんが教えてくれましたが、なるほど その通りでした。

ものすご~く立体的な竜が、ずらーっと並んでるのが まず目に入ります。

今でいる3Dです。

201755182238.jpg

そして、メインはこちら。

ありがたい お経の教えを 人々にわかりやすく伝えるために こうやってお寺の外壁の木が

一面 浮き彫にされているのです。

何人かの 有名な彫刻家(加藤寅之助他)が手分けして掘っていて、それぞれ名前も記されていました。

 

201755185935.jpg

四季折々花鳥や亀などの浮彫も、きれいで見ごたえがあります。

今は建物の周りはガラスで囲っていて、大事にされているのですが、建てたころは雨ざらし。

こんな彫刻が外に普通にあったのです。贅沢なことです。

201755182149.jpg

窓も、こんな感じで。

豪華絢爛。

201755182123.jpg

これは、清水が湧き出るところに、ご本尊様が降りてきたところの図。

つまり、題経寺の始まりを表しているのかしら。

ご本尊さまのお顔や雲が ちょっと漫画チックで可愛いです。

わたくし以前、20代前半に一度 観ているのですが、その時も感動していたと思いますが(忘れてます、昔すぎて)、

今改めて見て 浮き彫りの迫力にびっくりです。

この内殿が建築されたのは大正の終わりから昭和初め。

もっと早く完成させたかったけれど、関東大震災があって 材料が不足したため 彫刻などを進めるのが大変だっとか。

柴又を訪れたら、必ずここは見るべきです。(寅さん記念館や山本邸よりダンゼン‼)

 

そして、次にお庭と客殿に移ります。

城です。

 

今日、大家さんにお家賃をお届けにあがる途中、

東水元の ある曲がり角を車で曲がったら、

水元公園までの視界がパアッと開けて、

桜並木が見えました。

201741018247.jpg

 

東水元も だいぶ家が多くなりましたが、まだこんな長閑な風景があったのだなぁ、と思わず運転席からパチリ。

 

2017410182331.JPG

水元公園の桜は、まだまだ 元気に咲いておりました。

 

来月、また家賃を届けに この道を曲がったら、今度はどんな風景が広がって見えるのだろう。

ちょっと楽しみ。

 

2017410182440.jpg

 

ということで、わたしも元気に 頑張ってます(笑)(*^-^*)

ページ上部へ