ホーム>STAFF BLOG>じぇじぇじぇ3兄弟

じぇじぇじぇ3兄弟

朝風呂

城です。

 

前回のブログは4月1日で、その時満開だった桜は、あっという間に終わってしまい、もう遠い記憶。

そろそろ ハナミズキが咲きだしました。

 

暑かったり寒かったりが繰り返し、わたくしの母など年寄りは体調も悪いみたいです。

 

ところで我が家の3兄弟にゃんずのうち、一番小柄な アキは 何故かお風呂が好き。

といっても、お風呂で体を洗うことが好きなのではなく、浴室が好きなのです。

毎朝洗濯するときに、洗面所の洗濯機のホースを、残り湯を使うため浴槽に入れるため、

どうしても朝の忙しい時間帯に浴室のドアがしばらく開いている状態になりますが、

必ず、アキがそうっと浴室内に忍び込み、

一人でじっと座っています。

20184818745.jpg

ひんやりが気持ちよいのか、いつもは見れない景色が見れるのか、

私に見られると、こらっ、入っちゃだめ 出なさい!!と怒られるから それはそれはこっそりと、でも毎日忍び込んでる アキって、

変わった猫です。

フローリングに水で濡らした肉球の足跡が 点々と… 我が家の朝の風景です。

我が家の夏の風物詩

城です。

 

今朝、布団の中で そろそろ起きようか もう少しウトウトしようか、と いつもの朝の、だるい感じでいたところ、

階段を勢いよく降りてくる ものすごい足音。

な、ななな なんなんだ?((+_+)) と 思う間もなく、

我が家の女ニャンズが寝室に飛び込んできて、

口にくわえていたものを、布団の上にそっと置くのです。

 

すると、布団の上の黒い物体が ジジジッ、ジジジッと 羽を震わせてせわしなく動き出し、

わたしも 思わず ギャっ(''Д'')と 飛び起きた次第です。

おかげで朝から 血圧一気に上昇。

 

一足早く起きた 隊長がベランダの窓を開けたため、

女ニャンズどもが ベランダに転がっていたセミを発見し、大騒ぎしてゲットして

ご主人さまなのか、ボスになのか、見せようとしたわけで、

これが我が家の 夏の風物詩でございます。

いよいよ 夏来たか~って 感じです。

 

201772011348.jpg わたしたち姉妹よ。親子じゃないの。

 

結局 じたばたしていたセミは、隊長に保護され 玄関の外に出されました。

一番体のでかい 雄の猫 ひろしは、この騒ぎには全く動じず。

暑いときに、体力を温存か、それとも暑くて動きたくないのか?

何か食べる以外の活動には、全く興味を示しません。

 

20177201151.jpg おやつと、ご飯の時だけ 教えてください。あとは寝てます。

 

セミならまだ笑っていられるけど、ゴキくわえてきたら、その時はあんたたち ゴキと 一緒に放り出すよ‼

と、にらみを利かす 我が家のボス猫? 城でした。

あったかいんだから♪

城です。

 

12月に入りました。

わが家の暖房器具が稼働始めました。

暖房器具と言っても、エアコンをほとんど使わない我が家の暖房は、こたつと電気ヒーターという、なんとも昭和チックなものです。

その昭和チックな暖房器具は、我が家のニャンズ(じぇじぇえじぇ3兄弟:ヒロシ、アキ、ユイ)にはとても嬉しいもののようで、

電気ヒーターのスイッチを付けた瞬間には、3匹中の誰か、もしくは誰かと誰か、多い時は全員が揃ってヒーターの前に陣取り 温まっています。

 

201612215493.jpg

 

仕事から帰ってきて、このぬくぬく くっついているニャンズの姿を見ると けっこう 癒されるのです。

2016122154925.jpg

ちなみに この3匹、大きさは違いますが兄弟です。

同じ日に同じお母さんから生まれた 大・中・小 ヒロシ・ユイ・アキ。

 

大の猫ヒロシは、ことのほか こたつがおきに入りで、こたつを出してからは、ほとんどの時間をコタツで過ごしています。

もちろん出かける時や寝る時はスイッチを消しているのですが、スイッチを消した後のこたつにでもなお、入りつづけていますから、

最近 ご飯の時以外にあまり見かけず存在を忘れるほどであります。

一番のビビリのヒロシは、最初の冬には こたつに入ると捕まってしまうのかも、と怖くて中に入れなかったくせに、

今ではコタツに隠れていれば、安全だ と思っているようです。(何から身を守っているかはわかりませんが)

 

2016122154816.jpg ということで、電気ヒーター前は 主に女がぶんどってます。

2016122154840.jpg

「でっかいのがいないと、のんびりできるね~。」

「ふにゃ~」

ってな感じでしょうか(笑)
 

忘年会など予定が詰まって いろいろ忙しい時期でありますが、このニャンズのように、のんびり余裕を持って 暖かく過ごしたいと思います。

冬の喜び

城です。

 

11月になり、もう冬の気配となってきました。

風邪引きさんも多く、咳をしている人が目立ちます。

 

でんぷんと言うものは、ゆっくり加熱することで、甘みを増すもの、と昔学校で習いました。

先日頂いた 掘りたてのサツマイモを、泥をきれいに洗ってからアルミホイルで包み、

ガスオーブンで 1時間かけて じっくり焼き芋にしてみました。

2016118174653.JPG

実がとろっと柔らかく、

すっごく あま~い 焼き芋になりました。

し・あ・わ・せ~!! (゚∇^*) ♪

 

201611817509.jpg

しあわせ、と言えばこのニャンズたちにも

幸せがやってきました。

電気ヒーターをつけたら、

2016118174942.jpg

10秒後にはこんな感じになります。

目を細めて あったかくて しゃーわせ~♪♪

ってな感じであります。

2016118175026.jpg

「ちょっと~ おやつ まだ?」

アキ 談

 

 

類は友を呼ぶ?

城です。

 

今年の春から通い始めた 水元総合体育館でのフィットネス。

火曜日の水中アクアビクスは、夏の間はお休みだったこともあり、時間的に間に合わなかったり、用事があったりしていけなかったりで、

そのまま秋のクラスは取っていませんが、

金曜日の骨盤エクササイズとパワーヨガは、まだ続いています。

6時50分からと8時からの続きのクラス、春、夏、秋と3シーズン受けていますが、

週に一回程度 体動かして消費するカロリーより、食欲カロリーの方が断然多く、

それに毎回通えているわけでもないので、

私のような 食いしん坊には 痩せる効果は全くありません。

でも エクササイズを終えて、体育館を出て歩いていると、

背筋がピンと伸びているのがわかり、

それは帰りの車のバッグミラーを、調節するほどです。

なんで痩せたいのに 車で行っているんだと怒られますが、開始時間6時50分に間に合うようにするには、車になってしまうことが多いのです。

週に一度でも、ストレッチして体幹筋肉を鍛えて、それは気持ちの良いものです。

 

さて、教室では20人~30人前後のほとんど女性の方が参加していますが、

知り合いの方がいても、夜のクラスは家庭の事情などで中々続かなかったりするので、私には一緒に連れだって来る人はいません。

皆、運動のできるスエットやTシャツなどですから、職業も年齢も今一把握できず、仲間と仲良く会話している人もいるので、

あまり話しかけるチャンスも無く、最近は一人で黙々とやっています。

 

でも、最近いつも隣同士になる、やはり一人でいる 私と同じくらいの女性がいまして。

なんとなく、同類のような何かを感じていました。(野生のカンで)

今までは 最初と最後の挨拶とか、今日は暑いですね~、くらいの会話でしたが、

昨日その方が ご自分の足を見て「あら、なんでこんなところに血がでてるのかしら?」とつぶやいたので、

おもわず、「うちは猫がいるから、よくひっかき傷ができますよ。」と、話しかけたら、

「うち、3匹いるのよ。」とその方。

「あら、うちも3匹いますよ。」

「えっ、同じね。 うちの子は、皆 野良だった子よ。」

「うちもそう。」

と、思わぬ共通項が判明。

 

「もっと沢山飼って、猫だらけの家にしたいくらいだけど、けっこうお金がかかるし世話も大変だから これ以上増やせないの。」

なんて言ってるところまで、私と同じだわ。

2016101517937.jpg

えっ?

わたしたちが、どうかした?

 

勇気を出して声をかけると、な~んだ、似たもの同志だったんだぁ。

って、いうか野良の子猫 3匹保護している お人よしの猫好き人間って そうそういない 少数派だと思っていたのですが

こんな近くにいるとは、おもしろ~い。

類は友を呼ぶ ってことですかね。

 

わが家のボス

 

城です。

 

夏になり、昆虫たちの活動が活発になっています。

今日は、あるアパートの住人から電話で、「外廊下にクモの巣がはって通れません。何とかしてください。」とのこと。

 

オジサンも週に1度は、見まわって掃除をしているのですが、クモと言うのは、一晩で立派な巣を張り終えてしまうのですから、夜中に番をしているわけにもいきませんから仕方がない事です。

わが家も、家の玄関ドアをあけるとクモの巣だったり、

自転車に乗ろうとすると、クモの巣だったり、毎日干している洗濯の竿にクモの巣だったり、

夏はクモにとって美味しいご馳走の虫が沢山飛ぶ時期だから、かきいれ時なので張り切って巣を貼るのでしょう。

 

ところで、我が家で最近 凶悪な犯罪が 何度か勃発しています。

それは、昆虫バラバラ事件。

被害者は、セミ、カメムシ、コガネムシ。

発見現場は、私の枕元、2件。 隊長の枕元1件。 カメムシは臭かったのか、未遂で終わりました。

発見するたびに 全く、腹立たしいばかりです。

容疑者は3匹。我が家にはびこるギャング集団。

最近は、バラバラで暮らすことが多くなった我が家の3兄弟は、虫が侵入したときだけは、3匹か顔を突き合わせて協力しあってうのです。

 

一番先に侵入者を見つけ騒ぐ係=アキ。

捕まえて そこそこ弱るまでやっつける係=ヒロシ。

弱ってきた獲物をくわえて、自分だけの獲物にする係=ユイ(一番のワル 我が家のボス)

だいたいこのような役割で犯行は行われます。

201672612343.jpgわが家のボス、又の名はジャバ(スターウォーズの悪いボス)は、こんな風に日夜悪事を働いているのです。

 

夏の虫たちに告げます。

命が惜しければ我が家には近づかない方が賢明だと。

心優しい隊長が気が着いたときは、助けて家の外に放たれますが、そうでない時は

3匹の凶悪犯が手ぐすねひいて 潜んでいますので 飛んで火に居る夏の虫になってしまいますよ。

 

 

 


 

ヒロシ捜索隊

城です。

 

今日は月末で忙しい中、我が家では ちょっとした事件がありました。

「ヒロシ蒸発事件」です。

白くて、でかい とにかくでかい 猫ヒロシは、いつも目立つ存在なのですが、今朝から行方不明になってしまったのです。

家の中にしかいないヒロシがいる場所というのは、だいたい決まっていて、本格的に寝る時は、ピアノの椅子の上。(そこは鍵盤とピアノカバーに隠れて身が隠せるから。)

ちゃんと寝ない時は、パソコンが置かれていないパソコンデスクの上にじんどり、そこから私たちの様子を眺めている、というのがお気に入り。

他にも、私のドレッサーの鏡の裏になって隠れている出窓とか、階段の手すりの上とか、だいたいパターンが決まっているのです。

2016630151427.jpg

今朝も私が出かける直前まではいつもどおりいると思っていたから気づかなかったのですが、

隊長が出勤しようとした時には、見当たらなく。

隊長が居ない事に気づいて、家中探したけど クローゼットや押入れまで探したけど 見つからない。

人が出入りした一瞬のすきに、外に出たのだろうか?

一番臆病なヒロシが外に出てパニックになって、どこかに走っていってしまったのだろうか?

 

会社で月末の仕事をしていると、隊長からメールが来る始末。

「ヒロシが居なくなったから、昼に戻って探してくれ」と。

2016630151517.jpgわたしは知らないわよ。

 

ということで、私の捜索が始まったのです。

(まったく、この忙しいのに…。)

家に戻って探してみると、なるほど ユイとアキはいるのに、ヒロシだけは出てこない。

お昼を食べている間にも出てこない。

これは本腰を入れて探すか…。と、一部屋づつ呼びながら探し続ける。死角や物入れやら、トイレやらお風呂や洗面所やら。

1階のバカボンの勉強机が置いてある現在物置の部屋まできて、いつもは開けないクローゼットを開けたり、物陰を探ったりしながら、「ひろし~、ひろし~」

と呼ぶと、小さな声で返事が「にゃ~」

鳴き声は、上の方から聞こえる

と振り向くと、

部屋の隅の、本だなの一番上。ガラクタが置いてある上から、起き上がったヒロシが見下ろしていたのです。

2016630151452.jpg

「なんだ~、そんなところにいたのか~。」

天井に届きそうな高さの本棚の上に、写真とかの額が 棚をはみ出して重ねて置いてあるので、そこに横になっていたら、下からは見えないわね~。

あんた 隊長が探しているときに、ちゃんと起き上がって返事しなさいよ~。

ってことで、一件落着。

 

たぶん、涼しくて誰にも邪魔されない 新しい良い場所見つけたと思って寝ていたのでしょう。

 

ひろしは心配かけたから 今日の夜のおやつは抜きだ と、隊長言ってますが、どうしましょう。

 

2016630151537.jpgまったく、人騒がせなヒロシね。

寒さ対策

城です。

寒いです~!!

関東でこの冬初の雪まで降り、とうとう冬将軍がやってきたという感じです。

 

私の家のニャンズたち、人がいる時は家の中は暖かいからのんびりとしていますが、

朝夫婦して仕事に出かけてから、帰宅するまでの時間、

時には飲み会や仕事で帰宅がだいぶ遅くなったときなど、

暖房がない寒~い部屋で、どうやって暖かくいられるか 自分なりに考えて、

ジ~ッと待っているようです。

 

今日はその中でも一番寒い日なので、朝 ヒーターを切って出かけるのに、ちょっとかわいそうというか罪悪感、後ろ髪惹かれる思いでした。

電気のヒーターだったらつけておいてあげようかとか、こたつくらいは…、とも思いますが、

もし火事にでもなれば、ニャンズたちはもっと可愛そうだから、

とここはぐっと我慢してすべての暖房器具のスイッチは切って出かけます。

 

考えてみれば、外にいる野良ネコは、雪が降ろうが雨が降ろうが、北風がビュービューしようが、

暖房なんて生ぬるいものは一切ない厳しい現実の中、

毛皮の自らのぬくもりで身を守りながら、生き抜いているのですものね。

いつも見かける野良ネコに、ガンバって生き残ってくれ、と心の中で言ってます…。

 

 

201611218317.jpg

 

ということで、生ぬるく生きている我が家のニャンズたちは、

ハロゲンヒーターの電源を切った後でも、まだ残っている暖を味わって名残惜しそうにしているユイちゃん。

留守中 食卓のテーブルと椅子のすき間か、座椅子の上にたいてい丸まっています。

 

こたつの上掛けの角を利用し、横と下、2方向の寒さ対策をする、あきちゃん。

ひろしくんは、スイッチを切れている こたつの中にいることが多いです。

2016112183126.jpg

 

皆様も、くれぐれも火の元にはお気を付け下さいませ。

そそうの気持ち

城です。

気がつけば、今日は7月の最後の日となりました。

皆さん、喜んでください。

あと1ヵ月我慢すれば、秋 

きますから…。

ここは、ぐぐっと我慢して、ぎゅぎゅっと目をつぶって、まるで8月なんて気が付かないかのように、なんとか1ヵ月過ごしてみましょう。

 

な~んて、気が付かないで過ごすわけには、いきませんかねぇ、8月。

 

 

そんな暑くてダル重な今日この頃に、もっと憂鬱な出来事が重なります。

体調がすぐれず、下痢や嘔吐を繰り返していた、我が家のじぇじぇじぇ3兄弟のニャンズですが、

このところ、私と隊長の布団、洗濯もの、などにわざと(わざとしか思えない)フンをしたりゲロったりするのです。

こんな事は、今までなかったのに!!

 

もう、ふん害ならぬ 憤慨です!!

 

ネットで原因を調べてみました。

すると、出てくる出てくる、いろんな人が飼い猫の粗相で悩んでいることがあるようです。

なんでも、飼い主に不満があったり、わかってもらいたいことがあると、そういう行動にでることがあると、書かれていました。

 

それで、犯人は誰だか特定できませんが、1匹づつに言って聞かせたのです。

「「吐いたり下痢したり、あちこち汚して!! 病院代もかかるから、もう水元公園に捨ててくるぞ!!」、って言ったのは冗談。冗談だからね。」

「捨てたりしないから。最後までちゃ~んと面倒みるから。もう、あんたが大好きなんだから。」

と、言って聞かせたのです。

 

それから、何故か粗そう しなくなりました。

私の言葉が、通じたようです……?

糖尿病一歩手前?!

城です。

 

昨日ご心配をかけた 猫 ヒロシ。

その後吐き気は止まったようで、1度も吐きません。

そのかわり、猫トイレに下痢便があるようになりました。

昨日採血した検査結果ですが、

「すい臓の値と中性脂肪の数値が高く、このまま行ったら糖尿病になりますよ。」とのこと。

「今の体重より、痩せないとだめです。」

え~!! 太っているとは思っていたけど、糖尿病手前とは…。

今までも食べさせているキャットフードは、ダイエット用のものだし…。

ダイエット用でも、いっぱい食べれば同じなのか…?!。

そもそも、そんなにたくさん与えていたわけ?

おやつをあげすぎだったのかな?(猫用のかまぼこみたいなもの)

どちらにしても、しばらく薬を飲んで様子を見ることと、もっとカロリーの少なく繊維質の多いキャットフードを教わって、それを与えることになりました。

 

一番食い意地が張っていて、食べものをもらえる気配だけで、真っ先に飛んでくるヒロシ。

他の猫のご飯まで取って食べる。

だけど、それ以外は極力動かない。

 

ネコと飼い主は似るのでしょうか…?(・_・;) (わたしも気を付けようっと)

 

「ヒロシは、倉庫にご飯をいれた捕獲器しかけた時、一番先に入ってしまって、その後大騒ぎしていたからなぁ。」

「兄弟のおっぱい争奪戦に負けて一番ひもじかったのかもしれない。それで、食い意地が張っているのかなぁ。」

「だけど、すい臓が悪くなったせいで吐いたり下痢したりしていたのかしらねぇ。」

と、隊長とヒロシをつれて自宅に戻ると、猫トイレに下痢便がしてある……。

あれ?具合が悪いのはヒロシじゃないのだろうか……?!( ̄ロ ̄lll)

 

2015728112635.jpg

ぼく、2回も注射されてるのですけど?

 

とにもかくにも、ヒロシに薬を飲ませながら、様子をみるしかありません。

こうなったら、トイレに刑事みたいにはっているしかないかも。

ページ上部へ