ホーム>STAFF BLOG>社長の独り言>危険な季節
社長の独り言

危険な季節

城です。

201871014297.jpeg

昨日から 空にでっかい入道雲が出てます。

入道雲を見上げていると、もうゴジラか何か 怪獣の足元にいるような心持になります。

どこに行っても逃げられない ただただ立ちすくみ、身を縮めて ゴジラ(夏)が行ってしまうのを待つばかりなのです。

 

今日 昼過ぎに車を運転していたら、外気温34度。

 

私の体温35度台なのに

夏に太刀打ちできる気しない気温。

完敗。

 

昔私が知っている夏は どこに行ってしまったのか?

以前の夏は すだれや蚊帳、扇風機、麦わら帽子にうちわ 蚊取り線香。

もっとのんきな良い季節だったのに、

今は家にエアコン入れないでのんきにしていたら、命の危険を感じてしまう 恐ろしい季節。

 

そんな中、明日の定休日はゴルフに行かなきゃ(ならない?)わたし。

7月 最初で最後のゴルフ。

 

朝は起きたら必ず梅干し食べて、

外に出る30分前には日焼け止めのサプリを飲む。

化粧は汗で流れてしまうだろうから、せめて日焼け止めクリームだけは小まめに塗りなおして、

顔以外 腕や足はウエアでカバー、ボール打つ以外の時は日除け傘もさして日焼け対策。

凍った飲み物や保冷剤を多めに持って、首や顔を冷やしながら、

なるべく真っ直ぐに飛ばして カートから離れないように プレーしたい…?

それで良いスコアなんて 絶対無理だし(>_<)

紫外線のこととか熱中症のこととか考えながら、プレーしているから、全然集中できないのです。

ゴルフする以前に 日中野外にいるというだけで、おばちゃんはもう大変なんだから。

 

ゴルフから無事生還したら また ご報告いたしますね…。

 

子どものころ 良くゴジラに追いかけられる夢を見た 城でした。

 

 

ページ上部へ