ホーム>STAFF BLOG>社長の独り言>まさるちゃん
社長の独り言

まさるちゃん

城です。

5月も、もうあと3日……。

次に控えるは、鬱陶しい じめッとした、6月ではありませんか。(>_<)

 

なんて月日のめぐるのは早いのか。

毎月、そんなこといって嘆いている気がしますが、もういくらでも 嘆ける 今日この頃です。

 

TVをつけても、相変わらず嫌なニュースばかりで、

が、今朝のニュースを見て、にっこり笑ってしまいました。

ロシアのフィギュアスケート選手ザキトアちゃん。

金メダルのお祝いに、大好きだと言うことから日本の総理大臣から贈呈された、秋田犬 「まさる」

慣れない飛行機や異国の地を物ともせずの 天真爛漫さで、ロシアの地をクンクンキョロキョロ、

会ったばかりのご主人様になるザキトアちゃんに抱かれて、顔をペロペロと。

散歩に連れていかれれば、大喜びでザキトアを引っ張りまわし、他の犬や子供たちともすぐに仲良し。

そして夜はザキトアと一緒のベッドで一緒にスヤスヤ寝るという映像が。

日本から連れていかれて、どんなに寂く、心細いのではなかろうか、大事に飼ってもらえるのだろうか、幸せになれるのだろうか?

という心配を大きく払しょくしてくれました。

ザキトアちゃんの家には、今までザキトアと一緒に寝ていた先住猫がいて、それとの仲がこれからの課題のようですが、

あの天津爛漫さで きっと乗り越えられるはず。

 

アイススケートリンクまで朝夕2回練習に毎日通っているのを、これからはまさるを散歩しながら通うことにして、

ザキトアが練習している間に待機する、まさるのための部屋も用意されるとか。

そして今後、どんどん大きくなるまさるちゃん(女の子)のために、一軒家を購入する予定とか。

大事に大事にされるようで、嬉しいです。

 

目には目を、などという悲しいことわざがありますが、

善意には善意で、物事が進んでいけば 世の中はず~と幸せになれるはず。

 

ザキトアとまさるちゃんのこと、これからも時々 見られるとうれしい まさるちゃんとは縁もゆかりもないけれど、城でした。

 

 

ページ上部へ