ホーム>STAFF BLOG>社長の独り言>やれやれ ふぅ
社長の独り言

やれやれ ふぅ

城です。

 

今日は、一時 目の前真っ暗になりました。

 

お昼前「社長、賃貸管理システムが動きません」

という言葉に、( ゚Д゚)

3月最後の平日に、管理システムが動かない? ( ゚Д゚)

なんで?なんでなの?と再起動したりしているうちに、今度はインターネット事態がつながらないことが分かり、

これは大変だ、と言ってるうちに、

最後は電話も繋がらない状態になっていたのです。

 

年度末の 月末 最後の 平日 昼前。

一体全体 なぜ こうなった?!

精算も振り込みもしなければならないのに、どこに電話したら どうにかしてくれるの?

と心は焦るばかり。

 

こういう時って、機械音痴 電気音痴 通信音痴おばちゃんは、ほんと困ります。

誰かに文句を言いたいし、助けてほしいし、原因知りたいし。。

机の下のコードや箱?やら沢山あるけど、何がどのコードで何のためにどこと繋がっているか全然把握できてないで、

ただ便利に使っているから、こういう時焦る焦る。

 

梅津不動産の事務所を始めたのは、もう30年も前ですから 超アナログ。電話とファックスがあれば上等。

それをその後徐々に、電話が増えたり、パソコンが増えたり、インターネットがつながったり、パソコンも1台から現在4台のネットワークにつないだり、パソコンと複合機がつながったり、光ファイバーに切り替えたり、ウィルス対策の何かをつけたり、コードがどんどん複雑に絡まって、通信機器周りの契約がどんどん増えて。

一度に計画的にセッティングしているわけでないので、もう何が何だか机の下のごちゃごちゃになるばかりで さっぱり理解できないことに。

あちこち電話しては、折り返し待たなければならず、電話も中々でなかったり、すぐに対応してすぐに回答してくれるか、原因がわかるか、すぐに直せるか、ここが難しいところ。

電話での指示で、ルーターだのなんだののコードを抜いたり入れたり、指示通り色いろやっても 復旧せず、

最後に判明したのが、光ファイバーが梅津不動産につながっていない状態だということ。

 

そのためにNTTの現場の人が本日中、何時に来れるかわからないけれども来てくれるところまで、手配ができて、

そこからは電話もつながらず、ネットバンキングもできない状態で、ただ待つのみ。

 

午後4時過ぎに NTTが来てくれた時には、ほっとしました。

結局、光ファイバーの断線がすぐに見つかり、工事は数分で終了。

 

やれやれ、です。

(;´д`)

いつもはネットでやっている振り込みを、ぎりぎりの時間に銀行に行ってやったり、

おばさんには 疲れる1日となりました。

 

あのほっそいコードで、ネットでの沢山の情報や電話がつながっているのか、

ここが大事な線をつなぐ場所なのか、と再認識した次第です。

 

ですので、一時的に電話がつながらず、皆さまにはご迷惑をおかけしているかもしれません.

 

今はもう 通常通りに電話にでることができますので、どうかご了承下さい。

 

 

ページ上部へ