ホーム>STAFF BLOG>水元の風景シリーズ>雪の影響
水元の風景シリーズ

雪の影響

城です。

 

月曜日の大雪には まいりましたねぇ。

夕方からは吹雪のようになり、このまま雪が積もって電線でも切れてしまったら、

電気に頼っている暖房も明かりもどうなってしまうのかと、心配になるほどでした。

2018126155849.JPG

 

そこまで心配することもありませんでしたが、関東地方は雪になれていないので、

やっぱりもう交通機関やら道路やら坂道やら大騒動になったわけであります。

 

当社は、月曜に雪が本降りになってきた段階で皆に帰宅してもらい、店を閉めてしまいました。

こんな雪の日にわざわざ来るお客様はいないだろうと…。

安全に帰れるうちに帰ってもらおうと。

201812616017.jpg

 

そして雪が積もった次の日も 臨時休業ということに決めてしまいました。

無理に出勤して事故やケガでその後の仕事に影響をきたすようなことになったら怖いので、リスクを回避する方を選びました。

お陰で、当社にとっては盆と正月以外の、初めての連休となり、のんびりしていれば良いのだけど、なんか会社が心配というか気になり…。

 

火曜日の午後には、一人で出社して(私は歩いて5~6分ですから) だいぶ解けてきていた雪を雪かきをしたりして。

そうしたら、業者さんからの電話が 大ぶかかってきていて、電話での仕事がはかどってしまいました。

他の方々は、雪の日も 頑張って働いているのですねぇ。

2018126155920.jpg

 

次の日は定休日の水曜。いつもなら車のところ、雪のため金町までバスで出た帰り、自宅まで水元公園の土手を散歩してみました。

最近寒くて外に出ない日々、動かない毎日でしたから、雪かきといい、散歩といい、2日続けて良い運動になりました。

雪が残った水元公園は空気が冷たく澄んでいて、気持ちが良かったです。

201812616046.jpgこちらかまくら?

 

それぞれのお宅の玄関先には、雪だるまなどの思い思いに楽しんだ後が、また面白く眺めつつ。

201812616411.jpgこれは、雪の滑り台

 

子供たちにとっては、楽しい雪遊びができたのですね。

 

2018126155952.JPGこちらの作品は、上野のシャンシャン?

雪かきの筋肉痛という置き土産を置いて、雪は消えていきました。

もう、今年の雪はおしまいにしておくれ~、と願う城でした。

ページ上部へ