ホーム>STAFF BLOG>2016年6月

2016年6月

ヒロシ捜索隊

城です。

 

今日は月末で忙しい中、我が家では ちょっとした事件がありました。

「ヒロシ蒸発事件」です。

白くて、でかい とにかくでかい 猫ヒロシは、いつも目立つ存在なのですが、今朝から行方不明になってしまったのです。

家の中にしかいないヒロシがいる場所というのは、だいたい決まっていて、本格的に寝る時は、ピアノの椅子の上。(そこは鍵盤とピアノカバーに隠れて身が隠せるから。)

ちゃんと寝ない時は、パソコンが置かれていないパソコンデスクの上にじんどり、そこから私たちの様子を眺めている、というのがお気に入り。

他にも、私のドレッサーの鏡の裏になって隠れている出窓とか、階段の手すりの上とか、だいたいパターンが決まっているのです。

2016630151427.jpg

今朝も私が出かける直前まではいつもどおりいると思っていたから気づかなかったのですが、

隊長が出勤しようとした時には、見当たらなく。

隊長が居ない事に気づいて、家中探したけど クローゼットや押入れまで探したけど 見つからない。

人が出入りした一瞬のすきに、外に出たのだろうか?

一番臆病なヒロシが外に出てパニックになって、どこかに走っていってしまったのだろうか?

 

会社で月末の仕事をしていると、隊長からメールが来る始末。

「ヒロシが居なくなったから、昼に戻って探してくれ」と。

2016630151517.jpgわたしは知らないわよ。

 

ということで、私の捜索が始まったのです。

(まったく、この忙しいのに…。)

家に戻って探してみると、なるほど ユイとアキはいるのに、ヒロシだけは出てこない。

お昼を食べている間にも出てこない。

これは本腰を入れて探すか…。と、一部屋づつ呼びながら探し続ける。死角や物入れやら、トイレやらお風呂や洗面所やら。

1階のバカボンの勉強机が置いてある現在物置の部屋まできて、いつもは開けないクローゼットを開けたり、物陰を探ったりしながら、「ひろし~、ひろし~」

と呼ぶと、小さな声で返事が「にゃ~」

鳴き声は、上の方から聞こえる

と振り向くと、

部屋の隅の、本だなの一番上。ガラクタが置いてある上から、起き上がったヒロシが見下ろしていたのです。

2016630151452.jpg

「なんだ~、そんなところにいたのか~。」

天井に届きそうな高さの本棚の上に、写真とかの額が 棚をはみ出して重ねて置いてあるので、そこに横になっていたら、下からは見えないわね~。

あんた 隊長が探しているときに、ちゃんと起き上がって返事しなさいよ~。

ってことで、一件落着。

 

たぶん、涼しくて誰にも邪魔されない 新しい良い場所見つけたと思って寝ていたのでしょう。

 

ひろしは心配かけたから 今日の夜のおやつは抜きだ と、隊長言ってますが、どうしましょう。

 

2016630151537.jpgまったく、人騒がせなヒロシね。

むすびレポート

城です。

 

最近、当社で盛り上がっているのが、伊勢屋 のから揚げおむすびです。

南水元の伊勢屋は、団地の商店街でスーパーシマムラのある通りの、シマムラの向かい側です。

以前 高砂の伊勢屋さんは一度ご紹介したことがありますが、たぶんそれの姉妹店?さんかと思われます。

お団子やおまんじゅうなどの和菓子屋さんですが、

だんぜん人気があるのは、から揚げおむすびです。

昼に買いにいくと、売り切れていることがあるので、事前に電話注文した方が確実、という人気商品です。

 

2016628132413.JPG

 

写真上の段がから揚げむすびで、下の段が天むす。

どちらも、おにぎり自体が大きい!! のです。しかも、中身が おにぎりから かなりはみ出しています

えび天など、1/3は飛び出しています。

天ぷらそばに載っているような、立派な大きさですよ。

小食の人は1個で充分お腹いっぱいになりますよ。

それなのに、わたくし、から揚げおにぎりと、天むすと、二つ食べてしまうのです。食べ過ぎなんですけど…。

美味しいから…。

 

から揚げおにぎりは、塩味です。160円

から揚げだけ でも、売っています。一袋330円

 

天むすの方は、えび天につゆが浸みて天丼みたいな味です。195円

二つともおにぎりのご飯は茶飯になっています。

もちろん、普通の白いご飯のおにぎりも、たらことか鮭とか昆布とか、おいてますよ。

のりまきやおいなりさんもあります。

 

週に1度は、伊勢屋DAY。

みんなの注文を集めて、代表が買いに行くっていうのが 最近の梅津不動産のブームです。

 

お昼が待ち遠しい 城でした(゚∇^*) テヘ♪。

40年ぶりの再会

城です。

昨日は、私の中学校のときのプチ同窓会というか、同級会?が金町でありました。

地元 西水元 飯塚橋の横で 老舗の花屋さんの後をついでいる大山君(同級生だから君でいきます)が中心で、

もともとは大山君が卒業した5組の会ということだったようですが、

会を重ねるうちに、もうこの際何組でも良いから集まっちゃえば?、といった感じで連絡が取れた人たちで集まる感じで、

今回は私もお声がかかって初参加したのです。

 

送れてきた人も数えると、全部で18人。

 

ご近所に住んでいても仕事が忙しい人は全然合わないし、神奈川県や埼玉県、茨城県在住の人もいたし、相当久しぶりすぎてその変貌ぶりに 超驚いたり、懐かしかったり…。

中学生の時の面影しか頭にない人が、50代の顔で目の前に現れれば……お互いw|;゚ロ゚|w となります。

 

「私の事、だれだかわかる?」「梅津さん。わかるよ。面影あるし。」

「あの時の事覚えてる?」「何部に入ってたっけ?」なんて感じで さすが同級生すぐ懐かしい話で盛り上がれます。

 

大山君が用意してくれた当時の卒業アルバムを、どれどれ?と見てみると、なんとそれは、白黒の写真。

もう、40年も昔のアルバムなのです……(涙)

白黒だし、集合写真一人づつの顔小さいし、会場は飲み屋仕様で照明暗いし、老眼だし、

誰がだれだか、全然顔がわからないアルバム…。(笑)

 

2016626145332.jpg

 

40年前の少年少女も、いろんなこと乗り越えて今では良いおっちゃんとおばちゃんになりました。

40年前は、こんな時代がくるとは 想像できなかった。

1976年 スマホもどころかそもそも携帯電話なんて無かったし、デジカメもインターネットも無かった。

音楽はレコードをステレオで聞いて、テレビはVTRも出始めのころだし、ツタヤもカラオケボックスも無かったし、テレビゲームの類も無かった。

 

ちなみに卒業した年 1976年 ちまたの事をネットで調べると 車はスカイライン(ケンメリ)とかセリカが流行っていて、映画は百恵ちゃんと三浦友和主演の絶唱やJAWS、エクソシスト。

ジャンボ宝くじの一等は1千万円。木綿のハンカチーフがヒット、レコード大賞は 都はるみの「北の宿から」

相当 昔だわ!!

 

大山君、楽しい会に誘ってくれてありがとう。

次は もっと沢山の人に声かけて もっと賑やかにやりましょう。

新しいコンビニ

城です。

 

新しいセブンイレブンが、東水元5丁目に今日オープンしました。

東水元って、水元や西水元南水元にっ比べて 意外にお店が無くって、しかも以前はあったセブンがだいぶ前に閉めてしまったこともあり 

あったらいいなぁ、と思っていたから嬉しいニュースです。

場所は 金町駅発戸ヶ崎操車場前方面のバス便で、そよかぜ園のバス停で降りて道路を渡ったところです。(元スズキ自動車)

そこは私がいつもバスを降りる停留所。

 

201662410374.jpg

 

他にもコンビニはあるけれど、私の出勤途中(出勤時間 車で5分以内…ヾ(- -;))に寄れるので、動線に無駄がなくなり便利になりました。

このくらいの距離でこそ、本当にコンビニと言えるのだ。

朝、さっそく寄って本日のお昼ご飯を買ってみました。

オープン当日だからお弁当類、パン、おにぎり、デザート類が30円引き。

これはお得じゃん?

 

2016624103727.jpg

 

ちなみに、この「さっぱりうめ納豆巻き」は、最近のマイブームです。(゚∇^*) テヘ♪

 

中でもデザート30円引きの棚は、私にはものすごく魅力的で (だってシュークリームもあんみつもみ~んな30円引きシールが…!!)、

しばらくデザート棚の前で誘惑と闘っていましたが、本日は自分の理性が欲望に打ち勝ち デザートは買わずに帰ってくることができました。

でも、同じセブンでも置いているところと置いてないところがある、セブンのしろくまアイスもおいてあることはチェックしたし、

新しいセブンさん、行きがけのお昼ご飯か、帰りがけの衝動的なスイーツ買いで お世話になるとおもいます。

レジでお金を払おうと思って、お財布が無い!! なんてこともあり得る アホな客ですがよろしく…。

 

 

 

夏風邪注意報

城です。

 

最近、身の回りに風邪っ引きが多いんです。

一番最初に引いたのは、うちの営業の成川の奥さん。

「うちのが風邪引いて うつされてしまいました。」と咳き込む成川。

しばらく喉の痛みと咳で辛そうでしたが、マスクをして 休むまでいかずに乗り越えてくれましたが、

奥さんの方は39℃台まで熱があがり1週間ほど休んでいるとか。

 

そのうち、事務の荻野が咳をしているから、どうしたの?と聞いたら

旦那さんが風邪を引いて熱を出し、今日は仕事休んで寝ているのです、と。

それが、荻野にも少しうつったようで、咳をしていたのです。

 

今日あるお客様の家を訪問した時も、「いやぁ、風邪引いてしまって。夜に咳が止まらなくて苦しくて大変だったよ。」と、病み上がりのさえない顔でした。

 

ということで、今 喉痛と咳を伴う風邪が流行っているそうです。

蒸し暑いような、肌寒いような、ビミョーな天気が続いているせいですかねぇ。

下手をすると、肺炎になる場合もあるようですので、くれぐれご注意ください。

 

予防策は 手洗いうがい、そして栄養のバランスと、休息ですかね。

どういうわけか、私と母は 今のところ 無事です。

栄養良すぎか?楽しすぎか?

 

201662317319.JPG畑で(人様の)採れた、真っ赤に熟れた ミニトマト

とりとめもなく 6月

城です。

 

なんだか、暑い6月です。

いつもの6月は、ここまで暑かっただろうか…?

と思い、昨年のブログの6月を見て見ました。

去年の6月の梅津不動産のブログには、暑いという言葉はありませんでした。

ということは、やはり今年の6月は暑いのです。

 

梅津不動産のブログ、自慢じゃないけどものすごいストックですから、ブログ左の下のほうにある月別アーカイブをみれば、

何年前の何月、クリックすればパッとだしてみることができます。

去年の6月のわたしの書いたブログによると、

梅津不動産ではアパートの住人失踪事件、管理物件の泥棒事件、などがあり、入社したばかりの成川が、梅津不動産の忙しさに驚き疲れ気味。

個人的なことでは おやつ評論家としてテレビ出演のオファーがあり(笑)、東京湾クルーズにいき、立石のんべい横丁で飲み歩いて二日酔いになったり、

そして梅雨のせいでダルいということでキューピーコーワゴールド購入していました。

 

その前の年の6月を見てみると、まだ自宅のグリーンカーテンの育成に夢を見て努力(今はもうあきらめた)、お中元を選ぶのに頭をいため、

菖蒲祭りでクサヤで日本酒飲んで、天気がはっきりしないから洗濯物がこまるとぼやいていました。

 

季節がめぐり 毎年だいたい同じような事考えたりやったりして、 でも 毎年どこかちょっとづつ違っているのです。

確実に齢は取っているし、そして最近体重も また増加の傾向。

 

いつも通りだけど、ちょっと暑くて雨不足の6月も あと10日で終わり、本格的な夏が やってきます。

夏を迎える前に、戸ヶ崎の根本で「うなぎ」でも食べて、元気つけたいなぁ…。

 

城でした。

 

ビルよりランチ?

城です。

あっついですね~。昨日から当社もエアコンと扇風機が稼働中です。

 

先日は、ひょんなことから わたくしT建設さんのバス見学会に行ってきました。

 

東京駅から用意された観光バスに乗って、出来上がった三田近辺のビル、箕輪近辺の建築中のビル、本社ショールームでの説明、そして その合間にランチ♪♪

 

いいえ~!!

けっしてランチに釣られて 参加したわけでは ございませんの。(*/∇\*) キャ

 

でも、なんでも参加してみるものですね。勉強になりました~。

鉄筋コンクリートの建物、いわゆるビルっていうものを、どうやって作るのか、なんとなくはわかっているつもりでしたが、

改めて 鉄筋の組み方、それによって強度が変わること、コンクリートの強度、基礎、杭、などを実際に見て 説明を聞くことで、よ~く理解できました。

まっ、私がビルを建てることは たぶん生涯にわたってないとは思いますが、仕事の面では大いに役にたちます。

 

2016618124744.jpg

 

工事中のビルの見学ではエレベーター無しです。

ヘルメットと手袋着用で、8階まで登るのは大汗かいてふーふーしてしまいましたが、そこから1階づつ降りながら見学しました。

足場が組まれてシートで囲まれて一部外壁がない外廊下を通ったりすると、高いところだから、ちょっと怖くてビビったりしながら…。

8階はコンクリートのむきだしの壁、

次の階に降りると、その壁に泡のような断熱材が吹きつけられていて、

その下の階にいくと、そこに今度はボードが貼ってあり、だんだん部屋ができていくところが良くわかりました。

一つ一つの過程を、それぞれの職人が入ってもくもくとやり、それを束ねて事故の無いように、計画通り施工されているかと監督する建築会社さん。

 

駐車場代を払いにきたり、家を買ってくれたり、当社のお客様は建築関係の職人さんが多いのですが、

なるほど、例えば鉄筋工というのはこういう仕事なのか、あの人は こういうところでこういう仕事していたのかぁ、と改めて感心しました。

だって、危険で、冷暖房 エレベーター無し ヘルメット着用 さぞかし夏は暑いだろうし、大変なお仕事です。

 

2016618124725.jpgこちらは、完成後のモデルルーム

 

ということで、T建設さん、いろいろと勉強になりました。 ありがとうございました。(お土産までいただいて恐縮です。)

 

どなたか、私も建築中のビル見てみたい と言うかたがおりましたら、わたしまでご一報を。

美味しいランチのためなら、もう一回いってみても良い 城でした。ヾ(- -;)

音楽の夜

城です。

 

先日の金曜の夜、久しぶりにコンサートに行ってきました。

葛飾区のシンフォニーヒルズ モーツァルトホールに 私がかねてから一度 生で聞いてみたかった、平原綾香さんが来たからです。

201661318165.jpg

平原綾香さんの歌唱力は やはり素晴らしかったです。

数々のヒット曲や持ち歌以外にも ジャズ、オペラと何でもこなせる 歌唱力  揺らぎのあるような 歌声にうっとりです。

この才能は 努力ももちろんあるのでしょうが、持って生まれたものなのでしょうねぇ。

羨ましい……。

 

それにしても、最近はCDが売れない時代なせいなのか、平原綾香本人の新しいCDとグッズ紹介コーナーがあり、

その間は写真を撮っても良いということで、そしてその写真をSNSで拡散してください、との呼びかけがありました。

そういう時代なのですねぇ。

 

葛飾という地域になじみがないらしく、なんで葛飾なのにモーツァルトホールなんて名前なの?なんて話していた平原綾香さんでしたが、

コンサート終了近くになると、葛飾区民の暖かい応援や拍手の雰囲気が 伝わったらしく、

ベートーベンの曲のカバーはあるけど今度はモーツァルトの曲もカバーして 来年もまた来るよ~、かつしか~!! と叫んでくれていましたっけ。

葛飾区にだって、立派なホールと 芸術を楽しめる心が あるのですよ、もちろん。

 

2016613181626.jpg

 

コンサートといっても、始めから終わりまで立って ノリノリで聞くのにはついていけませんが、

でもたまには、芸術にも触れたいな

と思う 城でした。

 

2016613181646.jpg

マイブーム

城です。

最近のマイブームご紹介します。

「こんにゃく畑」です。

2016612183926.jpg

これは、何しろ低カロリーでお腹をキレイにするし、歯ごたえというか食感好きだし、美味しい。

と、私のお気に入り。

同じようなこんにゃく使ったデザートあるけど、これがイチバン美味しいと思う(個人的見解)にです。

悪い癖で毎日夕食の後に、必ず食べたくなる甘いもの(私の場合)。

それを、こんにゃく畑オンリーにして、カロリー摂取量を減らすのに役立てているのです。

写真はブドウですが、本当はグレープフルーツ味がイチバン好き(でもなかなか売ってない)

 

そして、ちょっと前のマイブームは、こちらのセットです。

201661218396.jpg

こちらも、カロリー摂取を減らすため、また塩分摂取も抑えられると 朝ごはんを オールブランに変えてみたのです。

そして、そこにチアシードをかけて、もちろん牛乳もかけて食べます。

コーンフレークの類の中でオールブランが気に入って、一時は 朝食以外にも、お菓子を食べるように ポリポリ食べていました。

チアシードは、胡麻よりも小さい南米原産の種で、水分を含むと膨らみ周りの液体がトロッとカエルの卵のようになります。

これが便秘にいいし、オメガ3脂肪酸が入っているらしいです。

 

最近は 健康志向のマイブームです。(そういうお年頃ですねぇ)

昭和の家

城です。

 

先日内見した家は、「売地(古屋あり)」で売り出されている物件です。

それは、建物はありますが古いですから、価格はつきませんので、あくまでも売地です、という物件。

建物は壊してもいいし、もし もし リフォームとかして住むのでしたら それはご自由にどうぞ、という物件です。

 

お客様が、建物をリフォームして住めるかしら…、ということで一緒に見にいってきました。

懐かしい家でした。

昭和50年代前半の家で、

壁についていたクーラーが 昔見た記憶がある かなりの年代物。

エアコンじゃなくて、まだクーラーです。(買った時は高かったはず)

2016610155610.JPG

掃除機も置いてありましたが、昔見覚えがあるタイプ。

2016610155629.JPG

 

そして窓枠が アルミサッシではなく木製で、鍵は金物の取っ手を時計回りに回転させて閉めるやつ。

 

鍵を回して窓を開けると、土手から吹く風が南北にある窓を抜け、良い空気が満ちています。

この家がず~っとあり続けられるのは 日当たりが良くて 風通しが良かったからだなぁ…、と思いました。

 

開けた窓を閉めるのに 小さな取っ手の鍵を回すと、なんだか子供のころの感触がよみがえって、妙になつかしかったです。

昔は、み~んな木製でしたものねぇ。

2016610155654.JPG

タイムスリップしたような、おじいちゃんの家に遊びにきたような、そんな家でした。

でも、住むようにするにはリフォームにだいぶかかりそうな…、やはりそこは 古屋 と呼ばれてしまう 家でした。

ページ上部へ