ホーム>STAFF BLOG>2015年7月

2015年7月

そそうの気持ち

城です。

気がつけば、今日は7月の最後の日となりました。

皆さん、喜んでください。

あと1ヵ月我慢すれば、秋 

きますから…。

ここは、ぐぐっと我慢して、ぎゅぎゅっと目をつぶって、まるで8月なんて気が付かないかのように、なんとか1ヵ月過ごしてみましょう。

 

な~んて、気が付かないで過ごすわけには、いきませんかねぇ、8月。

 

 

そんな暑くてダル重な今日この頃に、もっと憂鬱な出来事が重なります。

体調がすぐれず、下痢や嘔吐を繰り返していた、我が家のじぇじぇじぇ3兄弟のニャンズですが、

このところ、私と隊長の布団、洗濯もの、などにわざと(わざとしか思えない)フンをしたりゲロったりするのです。

こんな事は、今までなかったのに!!

 

もう、ふん害ならぬ 憤慨です!!

 

ネットで原因を調べてみました。

すると、出てくる出てくる、いろんな人が飼い猫の粗相で悩んでいることがあるようです。

なんでも、飼い主に不満があったり、わかってもらいたいことがあると、そういう行動にでることがあると、書かれていました。

 

それで、犯人は誰だか特定できませんが、1匹づつに言って聞かせたのです。

「「吐いたり下痢したり、あちこち汚して!! 病院代もかかるから、もう水元公園に捨ててくるぞ!!」、って言ったのは冗談。冗談だからね。」

「捨てたりしないから。最後までちゃ~んと面倒みるから。もう、あんたが大好きなんだから。」

と、言って聞かせたのです。

 

それから、何故か粗そう しなくなりました。

私の言葉が、通じたようです……?

糖尿病一歩手前?!

城です。

 

昨日ご心配をかけた 猫 ヒロシ。

その後吐き気は止まったようで、1度も吐きません。

そのかわり、猫トイレに下痢便があるようになりました。

昨日採血した検査結果ですが、

「すい臓の値と中性脂肪の数値が高く、このまま行ったら糖尿病になりますよ。」とのこと。

「今の体重より、痩せないとだめです。」

え~!! 太っているとは思っていたけど、糖尿病手前とは…。

今までも食べさせているキャットフードは、ダイエット用のものだし…。

ダイエット用でも、いっぱい食べれば同じなのか…?!。

そもそも、そんなにたくさん与えていたわけ?

おやつをあげすぎだったのかな?(猫用のかまぼこみたいなもの)

どちらにしても、しばらく薬を飲んで様子を見ることと、もっとカロリーの少なく繊維質の多いキャットフードを教わって、それを与えることになりました。

 

一番食い意地が張っていて、食べものをもらえる気配だけで、真っ先に飛んでくるヒロシ。

他の猫のご飯まで取って食べる。

だけど、それ以外は極力動かない。

 

ネコと飼い主は似るのでしょうか…?(・_・;) (わたしも気を付けようっと)

 

「ヒロシは、倉庫にご飯をいれた捕獲器しかけた時、一番先に入ってしまって、その後大騒ぎしていたからなぁ。」

「兄弟のおっぱい争奪戦に負けて一番ひもじかったのかもしれない。それで、食い意地が張っているのかなぁ。」

「だけど、すい臓が悪くなったせいで吐いたり下痢したりしていたのかしらねぇ。」

と、隊長とヒロシをつれて自宅に戻ると、猫トイレに下痢便がしてある……。

あれ?具合が悪いのはヒロシじゃないのだろうか……?!( ̄ロ ̄lll)

 

2015728112635.jpg

ぼく、2回も注射されてるのですけど?

 

とにもかくにも、ヒロシに薬を飲ませながら、様子をみるしかありません。

こうなったら、トイレに刑事みたいにはっているしかないかも。

ご機嫌ななめヒロシ君

城でございます。

 

城家のニャンズの中で、ひときわ大きく白い、1匹だけの雄のヒロシ君。

でも、いつも脳天気で単純なわかりやすいヤツ。

ほんとうだったら、城家のネコ社会の頂点に立ち、群れを統率したらどうなの?ってなものですが、そんな気配は全くなし。

そんなヒロシが今朝は、私と隊長の布団にゲロしまくり。

それも静かにいつの間にかしているから、たちが悪い。

この数日の間、食べれば吐き、食べたら吐き、を繰り返していて、何度シーツを洗ったことか。

いつもの、えづいて毛玉を吐くのとは違うのです。

ということで、今朝一番近い戸ヶ崎の獣医さんに連れて行きました。

血液検査と 取りあえずの吐き気止めなどの注射をして、帰ってきました。

買主の布団や服の上に吐くのは、買主さんに具合が悪いと知らせたいからですよ、と獣医さんが言っていました。(ほんとかな?)

 

昼に見に行ったら、あれからは吐いていないよう。

暑いのがいけないかとリビングのエアコンをかけっぱなしで出かけたのに、

涼しくなっているところには誰もいなくて、

雨戸をしめ切ってある娘の部屋の、机の下の暗い隙間で、丸くなっているヒロシ発見。

「ヒロシっ」と呼ぶと、小さく「にゃ」と返事してました。

ただでさえ気分が悪い所を、小さなカゴに押し込められて、大きな音がする車に乗せられて、知らない人間に 嫌な臭いつけられて、

「ぼくはもう、ショックでショックで…。ほっておいてよ。」と、言いたそうな目です…。

 

それでも、体重は6.6キロ(いつもだったら7キロはある)。

昨日、ネコおもちゃでじゃらしたら、いつもほどではなかったけど、飛びかかる元気はあったから、

食べたものを全部吐いているわけではないと思われ…。

後2~3日食べられなくても、大丈夫ではあるかと…。

 

ということで、城家の猫社会のボスは、今のところ不在であります。

暑いから...

城です。

西水元産のスイカ、それも特大スイカ、いただきました。

重さは、10キロ越えと思われ、梅津不動産の事務所のまな板が見えないほどです。

この暑さのお陰で、スイカさんも育ってしまったのでしょうか…!!

これは、食べでがあります。ご馳走様でした。

 

2015726142943.jpg

 

暑さのせいといえば、我が家のニャンズのうち、どうも一匹体調が悪いのがいるのです。

食事するたびに、後で吐いた後が見つかるのです。毎食に、です。

3匹いるから特定できないのですが、怪しいのはヒロシじゃないかと思われます。

見ていて、いつもほど元気がない感じなのです。

以前も熱中症になって医者に注射してもらったことあったヒロシ(ヒロシだけね)だけど、あの時の様子とは今回はちがう…。

ここ2~3日様子を見ているのですが未だおさまらないので、明日あたり病院へ連れて行かないといけないかなぁ。

2015726143010.jpg

世話がやけるぞ、ヒロシ。

男の子は、弱いです。

考「ど根性ガエル」

城です。

7月もあと1週間を切り、日本の夏はもうもうもうもう、暑いのでございます。(牛ではありませんが)

 

最近始まったTVドラマの話しです。

私が小学生のころのアニメだった「ど根性ガエル」が実写版で始まりました。

主人公のひろしが、大人になった設定で始まったドラマです。(初回放送半分くらい見ただけですが)

 

調べてみるとあの原作漫画は1970年代に発表されたもので、今から40年以上前の話しなのです。

私も子供のころ好きなアニメで良くテレビで見てました。

 

考えてみれば、転んだ拍子にシャツにカエルが貼りついてしまい、そのカエルが人間のヒロシと話をしたり、助けてくれるという奇想天外な話しわけで。

でもあの当時、私の家の周りや道ばたにも、カエルやザリガニやその他いろいろな生き物がウロウロしていましたから、

転んだ拍子にカエルつぶしちゃった、なんてことも考えられないこともなく?、

車に引かれてペッちゃんこになったカエルの死骸、なんていうのも、普通に見かけましたし、

だからあのアニメの設定もあまり違和感なく見られわけです。

 

今回実写版のドラマの視聴率は低迷しているようです。

そもそも、今どきの若者は、「カエル?カエルがシャツに張り付く?キモ~イ。というか意味わからない。」

まずそこから、ドラマに入りこめないのではないでしょうか?

 

アニメでは主役のヒロシは小学生だったのですが、実写版ドラマではそのひろしが成長し、30歳に。

そして他の登場人物もそれなりに大人になっている、という設定。

ヒロシ役は松山ケンジで現在ニート、京子ちゃんはバツイチで実家に戻ったばかりの設定で、前田敦子が、

何とも現代にありがちな自然な設定になっていました。

 

その他お馴染みの登場人物、すし屋の梅さん、良子先生、ゴリライモ、その他の登場人物も、それなりになるほど、こうなったか…、という感じで違和感なし。

 

ですが一人だけ、えっ?と違和感のある人が。

 

それは、ヒロシのお母さん。薬師丸ひろ子

ヒロシのお母さんだけは、アニメの世界の時よりずっと若返っているのです。

 

 

アニメのヒロシのお母さんは、丸いメガネをかけて、白い割烹着を着て、頭髪は後ろにひっつめ髪で、口の周りのホウレイ線がハッキリ描かれている。

あの当時は、それが小学生のお母さん像として普通だったのですが、

今となっては、30歳の子供を持つ母親だって、そんな恰好はしないし、そんな風に表現もされない。

 

何が言いたいかと言いますと、あのアニメのころと現代との時間の経過は40年くらいは経っているわけですが、

日本の世の中で一番変わったのは、「女性」かもしれない。

現代の女性は、昔と違い若く、齢をとらない、そして強くなりました。

主婦であろうと母であろうと、オシャレや趣味を楽しみ、ランチやショッピングや遊びにゆく時代なのです。

 

それから、今ではもう誰も、「根性」って言葉、使わなくなりました。

 

そして、あのアニメの中では、お父さんが居ないヒロシの家は貧乏でしたが、

今はお父さんの年齢でもおかしくないヒロシが、働かなくてグダグダ…。

 

それは日本が豊かになった、ということでしょうか、貧しくなった、ということでしょうか?

 

 

暑中お見舞い申し上げます

城です。

 

ぎっくり背中も、ずいぶん良くなりました。

 

いつの間にか子供たちは夏休みに入り、21日には柴又の花火大会も終わり、

夏 真っ盛りです。

 

暑い日が続いて、当社はお陰様で差し入れのアイスと水ようかんで冷蔵庫が一杯です。

 

太り過ぎないように気をつけないと…、またぎっくり背中にならないように。

 

 

 

ぎっくり背中と桃

城です。

「ぎっくり背中」って言葉、あるんですね。

自分で2日前のブログに書いておいて何ですが、

ネットの検索で「ぎっくり」まで打つと、ぎっくり腰 ぎっくり腰 治しかた などと並んで上位に、「ぎっくり背中」って、ちゃんとでてきました。

ぎっくり背中は、結構みなさんなっている人多いらしいのです。

 

2日前、わたくし「ぎっくり背中」かもしれません、っ笑い話しみたいにかいてましたが、

その日の夜には笑えないくらい痛くなり、寝ていても寝返りもうてないように…。

 

で、2日ほど会社を休んでいました。

休んでいても、じっとしてるしかないから、TVで撮りためた海外ドラマを見るか、スマホゲームするくらいで、目がとっても疲れました。

膏薬を貼っているところはかゆくなるし…。

 

本日7月20日の午後より、出社。

背筋をピンとしていないと、痛いので、やたら姿勢よくしております。

 

201572015950.jpg

1月にお仕事をしたお客様の桃園(山梨県笛吹市)から、それはそれは立派な桃が届きました。

社員一同で、3キロ、4キロ、5キロ、それぞれ注文したのです。

採ったばかりだからか、まだ実は硬目です。

それがまた嬉しいな。

 

 

切ったら桃太郎が出てきそうなくらい、立派で、完熟するまで待っての収穫だから赤い実。

早く家に帰って、むいてみたいです。

2015720151015.jpg

ぎっくり背中で食欲も落ち気味でしたが、

この桃でちょっと元気になってきました。

 

姿勢の良い 城 でした。

ぎっくり背中

城です。

いやぁ、まいりました。

背中が、ぎっくり腰です。

 

昨夜、隊長(夫)が仕事で帰ってこなかったので、朝のゴミ当番と猫トイレ当番を私がやったのです。(いつもは隊長が当番なのでぇ)

その作業でかがんだ時に、背中がピキッというか、ぎしっというか、実際音がしたわけではないけれど、変な痛みが走ったわけです。

 

その後、違和感があるもののなんとか大丈夫だったのですが、お昼近くになったころからだんだん辛くなってきまして…。

 

早速、いつものさくら堤接骨院に行って、「背中が~~~!!」と訴えました。

「クーラーかけっぱなしじゃないの?」

と先生の一言。

そうです、昨夜エアコンと扇風機、かけっぱなしで寝てました~!!

しかも、TVもつけっ放しで。

だって、蒸し暑かったのですものね~。

イギリスのゴルフ中継見たまま、寝てました。

 

 

でも、なんで腰じゃなくて背中にきたのだろう。

肩甲骨の下あたりから左右の筋肉が痛いのです。

台風が来る前の暑っつい日に、フラフラになりながらゴルフしたのもいけなかったかもしれません。

皆さん、エアコンのかけっぱなしで寝るのは、ほんと良くないですよ~!!

暑い日に、無理して屋外にいるのも良くないですよ~!!

私のようにならないように、お気を付けください。

 

ということで、しばらく 日に焼けた顔で、動きがぎこちないわたしですが、ご了承ください。

 

 

キャバレーってどんなとこ?

城です。

先月は、駐車場を始め、契約が目白押しで忙しい忙しいとブログに書きましたが、

仕事が沢山できてありがたいのを、贅沢にも忙しいなんてこぼしたバチがあたったのか、

今月は、キャンセル、キャンセルまたキャンセル。

トラブル、トラブル、またトラブル…。と

もう、疲れるやら腹がたつやらの事が、どんどん押し寄せて……(。>0<。)ビェェン。

うちに帰って、「くっそ~!! バカッタレー!! ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!」と、はしたなく一人ごとで罵ったり罵らなかったり…。

 

そんなうさを晴らすため、というわけではありませんが、

誘われたもので先日、人生初めての、キャ キャ キャバレー  に行ってきました!!

 

キャバレーというと、今どきまだあるの?

なんて思うかたもいると思いますが、あるのですよねぇ。健在なのですよね~。

私が連れて行ってもらったのは、赤羽 ハリウッド。

JR赤羽駅より徒歩数分のところです。

そこのホステスさんの一人とお仕事の関係がある人がいて、その事で一度お店に顔を出したいということでそのおつきあいの形で、

そういうお店に慣れている方をリーダーにして、

5人のグループ(女性2名男性3名)での訪問でした。

 

昔みのもんたも良く来ていたというお店です。

お店の外だけでなく、広~い店内にもネオンがチカチカ光っておりました。

テーブル席の中央に少し広いスペースがあり、その上座に生バンドさんが、あまり主張しない程度に、演奏をし続けており、

そして時々、これも全然主張しない程度に女性歌手さんが歌を唄ったりしています。

その日はホステスさんは、平日の早めの時間、しかも雨の日だったせいか、私たち1人に1人ずつついてくれまして、

皆さん、素敵なお衣裳で髪も立て巻ロールだったりきれいにセットされていました。

でも、目を見張ったのは、私の横に最初ついてくれたホステスさん。

超ミニスカートのワンピースにショートカットの〇ミさんは、どう見ても私と同じくらいかもしかしたらそれ以上くらいの年代で、

とても落ち着きがあるというか、安定感があるというか、親近感がもてる……。

失礼とは思いましたが、ホステスさんの年齢制限とかはどんな感じなのですか?と聞いてしまいました。

とっても感じの良い〇ミさんがおっしゃるには、

赤羽のキャバレーの常連さんは、何十年も通い続けている方も多いので、そういう古いお客さんは馴染みのホステスさんを指名してくれるそうなのです。

だから、けっこう指名料で稼ぐのよ~!! なんておっしゃって笑っていました。

なるほど、〇ミさんだったら男性のどんな話でも良く聞いてくれそう。(病気とか奥さんのこととか子供や孫のこととか…)

その後ほどなく、「〇ミさん、何番テーブル~」とご指名入りまして、さっそく常連さんのテーブルに。 

その後も、「何番テーブル〇ミさん」と放送が聞こえるので、なるほど~売れっ子なんだぁ、と思い知りました。

トイレに行った帰りに、〇ミさんが中折れ帽をかぶった年配のダンディな方と2人で親密そうにテーブルで話をしているのを見かけたし。

おそるべし、〇ミさん。

 

かと思えば、わが娘よりも若いぴっちぴちの方や、30代、40代、ととっても幅広い年齢層のホステスさんがいらっしゃり、

どんどん席に来てくれて、そして指名が入ってまた入れ替わる、って感じなのです。

お店としては、そうやって入れ替わるホステスさんの中で、お気に入りを見つけてね、という感じなのでしょうねぇ。

「どうして、キャバクラじゃなくてキャバレーで働いているの?」と若めのホステスに聞いてみたら、

ここはとっても働きやすいそうです。(ノルマなどのしばりがなく、ママさんもいなくて。)

一緒に行った男性陣は、な~んか鼻の下が伸びてる感じでしたね~。

私的にはお気に入りは、だんぜん〇ミさんだけど(笑)

 

201571118955.jpg

1日に2回、日替わりでショーが行われるというこで、その日によって演歌歌手が来たり、ものまねがあったりするそうです。

そういうところが、キャバレーの醍醐味なのでしょうね。

その点キャバクラより、お得なのじゃないのでしょうか?

 

その日は、「エロいダンスがありますよ」、とホステスさんがおっしゃるので、どんなにエロいの?と、ワクワク?! 待っていたら、

それはそれはスレンダーなお身体の女性が、普通のレオタードよりちょっとだけ露出多め(ハイレグ?)の姿で、

フラフープを持って踊る、というものでした。

エロいかどうかは、見る人次第かもしれません。

 

とにもかくにも、そんな感じで私のキャバレー初体験でございました。

 

2015711181015.jpg

帰りに店内入り口にあったマリリンモンローのお人形の前で、記念撮影。

もちろん記念撮影なんてしているの、私たちだけでした。

 

キャバレーに向かう前にも、大勢を整える(?)ために軽く一軒。

その後、キャバレー初体験の反省会と称してまた一軒。

 

いくつになっても、冒険。城でした。

にぎらないおにぎり おにぎらず

城です。

今朝は、なでしこの試合を見ながらの朝食でした。

なでしこ、ここまで良く頑張りました。

偉いぞ~!!

 

さて

わたしの今日の朝食をご紹介しま~す。

 

20157611475.jpg

この写真を見て、不格好なおにぎりだなぁ、と思った方!!

これは『おにぎり』ではございませんよ~。

今話題の、『おにぎらず』です!!

ワールドカップのなでしこ 見ながら作りました。

 

201576114728.jpg

 

真ん中を切ってみると、こ~んな感じ。

にぎらなくて作れるおにぎり、だから「おにぎらず」

作り方はとっても簡単でした。

四角い海苔の真ん中にご飯を乗せて、具を入れ、またご飯を乗せ、海苔の四角を折って包み、

裏返してしばらく海苔が馴染むのを数分待つだけ。(最初と最後に塩をぱらぱら)

クックパッドなどの写真を見ると、もっと具が一直線になって美しいけど、

私のは具がちょっと「へ」の字気味になってしまったで、そこら辺は少し工夫していかないといけません。

 

 

中に入れる具は、ハム、チーズ、ツナ、から揚げ、卵焼き、焼肉、ちくわ、キンピラごぼう、ヒジキの煮物、青しそ、アボガト、それこそ、昨日のおかずの残り物などなんでも有り だそうで。

わたしは、今朝 冷蔵庫にあったもので、梅干しと薄切りキュウリのみ。 おばさんには、このあっさりの具の方が良いのです。

食べてみたら、おにぎりと海苔巻の中間って感じの味で、キュウリがパリパリ、美味しかった~!!

気に入ったので、もう毎朝作りたい感じです。

 

おにぎりを握ると、手が汚れるけど、おにぎらずは、手は汚れない。でも、半分に切るのに包丁がご飯で汚れます。(半分に切らないでも、食べれるけど)

お弁当にする場合は、ラップの上に海苔でやれば、全然手を触れないで、作れるようです。

海苔が1枚使われるのが、不経済の場合は、縦に半分でやるやり方も、クックパッドにありましたが、それでも十分きれいでした。

 

今度、明太子とか、納豆で作ってみようかな?と、思っています。

 

 

 

ページ上部へ