ホーム>STAFF BLOG>2014年7月

2014年7月

名称 決定!!

城です。

以前から時々ご紹介している、新しく賃貸住宅を建てるはなしです。

その新しい賃貸住宅の、建物の名前を決めるのが中々難しい、とアップしましたが、

その件で、貸主のSさんが火曜日の日に、ネーミング辞典とメモ帳を持ってやってきました。

ははぁ、今日決めようと思っているのね…。

 

 

ネーミング辞典というのは、初めてみましたが、1つの日本語に対して、英語・フランス語・イタリア語、スペイン語、ドイツ語、ギリシャ語、ロシア語、ラテン語まで載っており、

頭に浮かんだ日本語を探してみると、

太陽ですと、

英語/サン、ドイツ語/ゾンネ、フランス語/ソレイユ、イタリア語/ソーレ、スペイン語/ソル、ラテン語/ソール……

、と出てくるわけです。


日本語で良い言葉で、外国語にしても良い響きのものは、もう相当あちこちで使われている言葉ばかり。

それ、〇丁目にあるし~。みたいな感じです。

何しろ、今この時点であなたの居るところの回りにも、賃貸住宅はたくさんあると思います。

そしてそのオーナーさんがその建物に付ける名前と言うのは、だいたい同じような事を考えて付けるわけで、だから同じような名前が多くなります。

他とかぶらず、響きが良く覚えやすく、日本語の言葉としても良い意味で…、なんて考えるともう、わけわからなくなってくるのです。

そよ風、日当たり、幸せ、楽しい、栄える……、いろんな言葉を辞書で引いてみました。

ちなみに、日本語だったらどうだろう?って考えたのですが、日本語だと介護施設の名前風か、旅館風になってしまいます。

 

そして、とうとう決定しました!!

『グランアーブル』

 

(このパースより実物は良いはずです。屋根が洋瓦でこんな平たくないから。)


フランス語で、グランが大きい、アーブルが木、二つを合わせて、「大きい木」、の意味です。

Sさんの名前に木がついてること、以前の名前が新栄コーポだったことで栄えるの意味が決め手になりました。

それに、その名前をネットで検索してみると、あまり使われていないようで、でも1件か2件か春日部とか遠い地でマンション名になっているのがありました。同じこと考えている人、いるのですね。それとも、オーナーが大木さんとか?

考えてみれば、木はどんどん大きく成長していくし、

大きな木の回りには、鳥や動物や人が集まるし、

大きな木は、日当たりなどその場所の環境が良いから育つのだろうし、

木陰があれば憩いの場になるし…、

と今まで調べた言葉の集大成にもなりえるのでないか、と後付けで、考えました(゚∇^*) ♪

 

大きな実をつける木に、なって欲しい♪♪グランアーブル♪♪であります。

甲午(きのえうま)の思い

城です。

今日は陰陽五行四柱推命の話です。

生まれた日がどんな日かによって、その人がどんな人かがわかります。

生まれた年や生まれた月より、生まれた日がイチバン影響します。

私の生まれた日は、甲午(きのえうま)の日。

だから私は甲午の性質の人間です。

陰陽五行(木・火・土・金・水)の中で、「木」の性質の中の甲(きのえ)は陽の『木』 樹木です。

午は「真夏」の意味。正午の午あは、「うま」と書くように太陽がイチバン上にあり盛んな時を表すのです。

だから、わたしは真夏の樹木みたいな人間 といえます。

太陽に当たるように枝をどんどん伸ばし、葉を茂らせようとしています。

土や土の隠れている金の五行と違って、わかりやすい性格で、わりと自分本位と言えるかもしれません。

少しでも成長しよう前向きとも言えます。

 

でも、最近気がつきました。

成長して伸びていった枝に 小鳥が休んだり巣を作ったり、

木陰で誰かが雨宿りしたり 休憩できたり、どうせならそんな誰かの役に立つ、憩いをあたえる夏の樹木になりたいな、と。

 

それから同じ樹木でも、あんまり大木にはならないで、上にもどんどん伸びるのではなくて、

柳の木みたいにほっそりユラユラ、下に垂らして脱力な感じの、

でもしっかり自分で立っている、そんな樹木でいよう、と。(笑)

 

あなたも、自分の生まれた日が知りたかったら、お調べしますよ(゚∇^*) ♪

 

夏日

最近ジュース太りの城です。

今日の暑さはハンパないです。

車に愛情の無いわたしですが、ここしばらく自分の車が汚れているのが気になって、

今日エエイやってしまえ、と会社の前の道路で、長靴とホース、麦わら帽子で車洗いしてしまいました。

洗い終わって、水を拭きとろうとおもったら、全部乾いていました。

暑いから、瞬間的に乾くのですね。

大汗かいたけど、車もすっきりきれいになったし、気持ちよかったです。

だから夕方、夕立が来たって、別にいいのです。

むしろ、来て欲しい夕立さん。

 

 

友人が送ってくれました。

岡山の『清水の白桃』

 

こんなにきれいな桃、初めてみました。


 

とっても上品な香りがします。

食べごろを見はからって冷やして食べるそうです。

タイミングを逃さないように、ちょっとドキドキです。

 

夏には夏の食べ物食べて、汗をかく、それが良いのでしょうね。

 

燃やさないゴミの中に

城です。

「あぁ、今日も朝から暑いな~っ!!」

と思いながら、目を半分だけ開けた感じで(だってまぶしいから)ベランダで洗濯物を干していました。

我が家の目の前の道路の、向こう側の電信柱が、この辺のゴミ集積所なのですが、

いかに外に出ないで洗濯物を干すか苦心しているなかで、

なんかいつもと違う何かを感じ、

半分だけ開けていた目を、大きく見開いてゴミの集積所を擬視してみると、

「あれは、ゴミで捨ててはいかんだろう!!」、というものが二つきちんと並んで置いてあるではないですか!!

「パパ、あんな物が置いてあるよ。どう思う?、ねぇ、どうする?」

「そんなに言うなら拾ってくればいいだろう。」

「パパ、拾ってきなよ。」 「なんで俺が拾うんだよ、自分で拾えよ。」

ということで、隊長が動いてくれないので、自ら拾ってきたのが、こちらの「火鉢」でございます。


さっそく万年青の鉢を入れてみましたが、

ベランダから見えた 上からの図は、こんな感じでした。

 


小ぶりの火鉢がふたつ。

裏底を見てみたら、

なんと、というか、やっぱり、というか、

我が家のお向かいのお宅のお名前が。

それも先代かその前の代か、のお名前がかいてありました。

二つとも何かのお祝いの記念品のようで、「贈」の字があり、

〇〇記念となっているのですが、その〇〇が昔の字で行書のだいぶくずした字なので解読不能。

昭和7年、と書いてあるのは読み取れました。

昔からここに住んでいる一族だから、物置には昔のものがいろいろ入っているのでしょう。


この図柄を見ると、きっとおめでたい事の記念だったのでしょうね。

富士山と松。

 


そして、裏側には鶴が2羽ですよ。

でも、今どき火鉢なんて、使わないから。

あっても邪魔といえば、邪魔なわけで。

 

しかし、お向かいのうちで捨てたものを、そのまま拾って使っていたら、

どう思うかなぁ…。

あとで、「いただきました、」って言ってこないといけないかな。

でも、こんなに素敵なもの、ゴミとして割ってしまったらもったいないですからね。

お向かいさんも、わざと見えるところに並べておいたのかもしれません。どなたか、欲しい方はどうぞ、って感じで。

 

かくして、燃やさないゴミに置いてあったふたつの火鉢は、

我が家で鉢カバーとしてよみがえりました。

 

あっ、玄関の中にも、拾ってきたものが座ってる……。(笑)

けっこう、誰も見向きもしないものの中に、良いものって転がってるのかも。(じぇじぇじぇ3兄弟とか)

 

みなさんも、これからは道路に落ちているもの、

気を付けて見た方がよいですよ。

 

とにかく、今度の燃やさないゴミの日も要注意で、ゲットだわ。 

食神の月

城です。

今月は、わたしにとって食神の月です。(伊勢流陰陽五行四柱推命)

食神の時とは、飲食に縁があり、人との交流が多い月で、楽しい月なのです。

まさしく、今月はそんな月だと実感しているわたくしです。

いつも以上に飲み会のお誘いが多く、やっぱりねぇ、と感心しながら、せっせと参加しているのです。

 

ということで、昨日も行ってまいりました。「飲み会」

懇意にしている建売業者さんが水元に建てた新築を、

やはり昔からおつきあいのある会社の社員さんに、

仲介させてもらったのですが、

その売主の業者のNさんと、買主kさん家族と、そして私と、の会でした。

 

Kさん夫婦は、今までは、仕事の都合上旦那さんが単身赴任のかたちで、奥さんとお子さんが和歌山に住んでいましたから、契約して家が完成しお引越しをするまで、いろいろ大変なことも多かったのですが。

Kさんが新しい家に引っ越してきてから早4か月。

家族3人で暮らせるようになり、

Kさんのお子さんは新しい学校で、お友達もたくさんできたそうだし、

Kさんご夫妻も、新しい家に満足して住んでいただいてくれている様子をお聞きし、安心しました。

それに、「こうやって家を持つことができたのも、良い縁に恵まれたからです」

と言っていただき、ホント嬉しい限りでした。

不動産業、クレームはいっぱい聞きますが、なかなかそんな言葉は聞けません。

 

それに、家を買ってくれたお客様と親しなり、

お酒も一緒の飲む売主業者ののNさんも、すごいなと思います。

自分の会社の建てた家に仕事に、自信があるからできることだと思います。

 

そんな両者を結びつけて、Kさん家族の幸せのほんの少しでもお手伝いができただけで、私も嬉しいのに、

飲み会にまで参加させてもらって、

不動産業をしていて、ホントに大事な事を、確認させてもらいました。

NさんにもKさんにも、感謝です。

 

これからも、人と人との縁を大事にして、お客さんの笑顔を第一にやっていけば、

そこからまた新たな仕事を生み出せるのかもしれません。

夏の計画


城です。

そろそろ梅雨もあけそうだなぁ、と思えば、

気がついてみれば7月も後半にさしかかっているのですね…(汗)。

 

ということで、今年の8月のお盆休みの日程を決めさせていただきました。

8月12日火曜日から17日日曜日まで の6日間を、休業することとしましたので、

皆様よろしくお願いいたします。

 

お盆休み、去年のように家族で旅行に行くつもりでいたのですが、

8月後半に甥の結婚式があり大分に夫婦で行くことになっているから、

今年のお盆休みは大人しく自宅にいる予定です。


お庭に咲いた、夏の花、グラジオラスをいただきました。

 

 

でも、できれば近場のゴルフ場で早朝ゴルフ アーリーバードでも行けたらな…、と思っています。

1日くらい、また築地に行って食べ歩きも良いかな…、とか、

そうだ、何年か前に行ったきりの、谷中のひみつのかき氷を食べにも行ってみたい、とか……?!

 

それじゃ、ちっとも大人しくしていないことになりますね(笑)。

 

そんなこと考えながら、暑い日々をもう少し頑張って働きましょう。

 

上野でデート?

城です。

先日、「えびす会の暑気払い」 に参加した様子をブログに載せましたが、

その時に86歳で現役の税理士さん、お元気なO先生とカラオケで勝負したり、

若さの秘訣を教わったことを紹介しました。

そのOさんが、私のブログをご覧になり、

つたない文章ですがご自分のことがブログにだしたことを、喜んでくださって、

先生の仕事場の事務所があり、お住まいも近くだという、

上野に招待してくださいました。

夕方千代田線の湯島の一番後ろの出口で、待ち合わせをしたのですが、

改札の外で待っていた先生と、まるでデートのようでもあり、親子の再会のようでもあります。


地下鉄の出口の階段を上る時、

先生は手すりにつかまってゆっくりながらしっかりした足取りでのぼっていきます。

外に出るとすぐ先生の事務所のビル、そして税務署もあり、税理士の仕事をするのに大変好立地な場所なのだな、と感心。

そして、税務署の前は上野公園の不忍の池。仕事以外でも好立地です。

そこで食事をする前に、少し散策を。

不忍池は、ちょうど蓮の花が盛りを迎えていました。

先生はこれを、見せてくれたかったのかもしれません。

夕方なので、花は開いてはいませんでしたが、沢山の大きな蕾がみごと。

 

人間の背の高さくらいに伸びて、葉もものすごく大きい。

先生によると、今年は特別大きく育ったらしいです。

水元公園にも蓮は咲きますが、

不忍池の方が池全体を覆うように大規模に咲いていますし、

蓮池の周りの風景に、ビルや弁天堂、精養軒などが見え、
下町情緒と都会を混ぜた感じの趣が、また水元とは全然違います。

 


ボート池と蓮池の境の道を通ると、一か所だけ、やけに人が集まっているベンチがありました。

何だろうと、足をとめると、そこにはたくさんのスズメがいて、

人に餌をもらっているのです。


O先生もパンを用意していて、

それを手に乗せると、スズメが何羽も手のひらに乗ってきます。

ビックリ!! スズメも人に慣れるのですね。可愛かった。

 

 

上野公園の側には旧岩崎邸庭園があったり、公園内には下町風俗資料館や音楽堂があることも今回発見。

上野には動物園か美術館ぐらいしか訪れたことが無かったけど、

改めてゆっくり見に来てもいい所だと再確認しました。

 

弁天堂でお参りをしたあと、

もう1人、0先生のお知り合いの女性と落ち合い、

3人でお食事を。

池之端にある、伊豆栄という、はとバスも停まる有名な鰻屋さんで、美味しいものをご馳走していただきました。

先生が顧問をしている鰻屋さんだということです。

 

その後、またまた先生の行きつけのスナックで、カラオケ勝負をしたことは、言うまでもありません。

カラオケ採点では、なんと90点超えも果たし、楽しいひと時でした。

86歳の先生も、90点超え。なんてお元気な!!

 


盆踊り

城です。

せっかくの7月の連休なのに、カラッと晴れず、はっきりしない天気が続きます。

そして夜になると雨が……。


この時期、連休に合わせて、近くの各町会では、

盆踊り大会が行われますが、

こんな天気で、

どこもあまり人が集まらないようです。

 

ざあ~っと来られたら大変ですものね。

写真は、偏照院横の白ゆり広場です。

 


それでも、浴衣を着て集まってくる子供たち。

夏の楽しみのひとつ、屋台で遊んだり食べたり。

これやらないと、夏が来た気がしないものね。

 


 

昨日は足立区の花火大会があったようで、千代田線で浴衣を着た女性がちらほら見かけました。

浴衣で花火見物、夏ですねぇ。

あさっての火曜日は、葛飾柴又で花火大会。

昨年は途中で大雨が降って、中止になったので、

浴衣を着る方々のためにも、今年の花火大会は、降らない事をいのりましょう。

 

 

なやみどころ

城です。

7月の連休、皆様いかがお過ごしでしょうか?

当社は休まず営業中です。

 

以前ブログでお話しましたが、

当社で管理させてもらっていた集合住宅が建て直しの運びになり、古い建物の解体がとうとう来週から始まります。

9月には建築が着工されまして、そして募集もそろそろ準備の段階に。

今まで間取りや外観や内装や、いろんな事を施主であり大家さんであるSさんに

不動産屋の立場からの意見として私も協力しながら、

進めてきましたが、

貸主さんが最後に決めなければならないことが、あります。

それは、その集合住宅に名称をつけることです。

これが、簡単なようで大変難しいことだと、知りました。

以前の名前は、新栄コーポ。

これでは、ちょっと新しく建てる集合住宅にふさわしくありません。

やはり日本語の名前は、昭和ぽいというか、カタカナの名前を考えないといけない。

で、英語はもちろん、フランス語やイタリア語スペイン語などで、良さそうな言葉のリストを建築会社の営業さんからもらったのですが、

やはり、そこは皆同じことを考えるわけで、

これが良いか?!と思った名称は、もうすでにこの地域のどこかの建物についているわけです。

人の名前名前なら、恭子という人間が水元に5人いようが10人いようが、それはあまり支障がないし、姓が佐藤とか田中さんが何人いても普通の事ですが、
建物の名称は住所の一部になるので、同じ名称はなるべく避けないと、募集するのに紛らわしいことになるし、郵便物などが間違う恐れもあるし、ということなのです。

ちなみに、「グランドソレイユ」という名を、貸主さんが最初に選んだのです。ひまわりという意味だそうですが、

その名前はすでに水元小学校のそばの建物についていたのです。

プレジール=楽しみ、プリマヴェラ=春、なんて言うのもすでに水元にあります。

 

で、わたしも昨日は一日真剣に、建物名を考えていたのですが、

もし、自分のアパートだったら、どんな名前にするか?

事務の青野さんは、「簡単な名前にしてください。ヴ とか ッ とか ィ とかつくと、打ちにくいから、と。」

それもそうです。

それから長い名前も、住所録に入りきらなくなります。

セレーノ、が青野さんのおすすめ。 晴れた、のどかなという意味のイタリア語

「ヴェルデ」とは、わたしのおすすめ。緑色というイタリア語

「オランジェ」は、オレンジのフランス語 この二つは単純で覚えやすいと思うけどな。

それから、ディスパレードの妻たちという、BSでやっていたアメリカのドラマの舞台、ウィステリア通りというのがありますが、

「ウィステリア」は藤の花という意味、これもちょっと良い感じだな。

どちらにしても、私がオーナーではありませんので、ヒントになるような言葉を表にしてまた、大家さんにお届けしようと思います。

わたしの願い

城です。

 

隣の家の台所から、塩素系の臭いが流れてきて 自分の部屋に臭いが充満して体調が悪くなった、とか

ゴミの集積場に、飲みかけのペットボトルが何本も、

おまけに未開封のワインや焼酎、アウトドアの椅子までが捨ててある、とか、

インターホンのピンポンの音がすると怖い、とか

暑い日に暑くなるような苦情が、次々に舞い込んできます。

 

東京に住む人、日本に住む人、いえ地球に住む人の基本ルール、

ゴミは分別して、決められた曜日の決められた時間に出しましょう。

それができない人は、 地球に住む権利はないですよ~!!

 

それから、あまり小さいことにくよくよするのはやめましょう。

楽しいこと、夢中になることを見つけましょう。

それが、わたしのお願いです。

 

以上 城でした。 

 

 

 

ページ上部へ