ホーム>STAFF BLOG>2014年5月

2014年5月

暑い月末

城です。

暑ついですね~~~!!

今日は午前も午後も車で営業に出かけましたが、車での移動はことのほか、暑かったです。

せっかく出向いても会いたい人には会えず、汗だけかいて帰りました。なかなか上手くいきません。

 

車で見かけましたが、この暑い中地元の小学校や中学校では、運動会をやっていました。

葛飾区だけでしょうか、運動会は秋でなく初夏にやるようになったのですよね~。

わたしも子供たちが小さいときは見に行ったものですが、もう孫の時は行きたくないです。

この暑さでは、とても体力持ちませ~ん。(孫ができるかどうかは別にして)

 

そろそろ夏毛に生えそろったような感じのわが家のニャンズたちも、暑さでダレきっております。 

気がつけば、今日は5月の最終日。

明日からは、いよいよ6月。

暑さもさらにパワーアップ?! 

暑くても、仕事はだれずに、頑張りたいと思います。

 

家の中の処分

城です。

暑いです。

なんでしょう?この暑さ。

まだ5月だと言うのに、当社の温度計は30℃を指ししていました。

おばさんには、暑さは答えるのです。今年初めてのクーラーをつけました。

この分じゃこれから先、いったいどうなるのでしょうか?!

先が思いやられますよーー(≧ヘ≦)。

(宝くじでもあたったら、もうずーっと6月から10月まで、北海道に住むわ。)

 

今日は友人のご両親の家のかたずけの依頼があり、現地へ見積もりについていきました。

ご両親が暮らしていた状態のままの家財道具。

テレビ、ソファ、布団、冷蔵庫、エアコン、椅子、食器棚、食器、電化製品、タンス、洋服、本etc.…。何十年も暮らした家には、知らず知らずのうちに沢山の荷物であふれています。

全てにご両親の思いや思い出があり、血を分けたご子息が処分しようとしても、1つ手に取るだけで思い出してみたり、考えてみたり、なかなかはかどらず、時間と捨て代もかかります。 

 

去年も2軒同じようなことで おうちを拝見したことがあります。

片親もしくはご両親ともに亡くなったり、または親御さんが車いすになって家では暮らせなくなったりして、

生まれ育った家にもう誰も住まなくなった時に、

家を手放すとか、貸家にするとか、その家の処分も考えなければなりませんが、

その前にすることは、家の中のもの、衣類、布団、家具などを整理、処分です。

少子化の時代、これからは、そういう事例がもっともっと増えて行くことでしょう。 

 

 

 

私が思うに、本当に必要なものだけを手元に残し、あとは全てお任せで業者に処分してもらうしかないと思います。 

費用はかかりますが、始めれば早い。2~3日で終わります。 

今日のお宅も、そういうことで必要なものは印をして一つの部屋に固めておき、それ以外は全て処分、ということになりました。

どれにしようかな?!

城です。

有り難い事に、当社のブログを楽しみに見てくださる方、応援してくれる方がいらっしゃいます。

感想を言われたり褒められたりすると、毎日の更新の励みになります。

それで今日も更新しているところでありますが、

今日はそんなブログをいつも見てくれている方から、美味しいどら焼きをいただきました。

茨城の土浦とつくばにお店がある、「志ち乃」さんのどら焼き

ゴルフの帰りに寄られたそうで、わざわざ当社の分まで買ってきていただきました。

 

 

どら焼きで、とても有名なお店だそうです

 

ものすごく沢山の種類のどら焼きがあるようですが、

頂きましたのは、右上から栗、いちご、抹茶生クリーム、

キーウイ、てぼ(白インゲンマメの粒あん)、カスタード。

どれにしようかなぁ……。目移りしちゃう。

ネットで見たら他にもカレー味やクリームチーズ味、季節の果物をはさんだもの、などなどあるようです。 

 

中身は、こんな感じです。 

 

小さく切って、いろんな味を楽しむ作戦(゚∇^*) テヘ♪。

 

まず、皮が美味しい。

もちっとしていて、皮だけでも食べたいくらい。

白あんはあっさりした甘さで果物と一緒に食べると、さわやか~♪♪な甘さが広がります。 

他のどら焼きは、明日また頂こうっと!!

ご馳走様でした!! (^o^)/ 

名前つけ方考

城です。

当社でお世話になっている税理士さんHさんは、まだうら若き女性で、当社とはHさんのお父さんと、

私の父との代からのお付き合いです。(ゴルフ友でもあります)

数年前にイケメンで優しい、しかも税理士さんの旦那様をゲットしゴールイン、7月には第一子が生まれます。 

今日Hさんが決算書を持ってきてくれた時、もうすぐ生まれる赤ちゃんの名前の話になりました。

 

「子供の名前を考えるのに、どういうふうに考えて決めましたか?」

「画数のこととか、考えましたか?」

う~ん、名前を考えるのは、親として一大イベント、難しいですよね~。

いろんな付け方があると思います。

「画数とかも、一回本を見ちゃうと、気になっちゃうのよね~。私の意見としては、あんまり凝った名前、読みにくい名前は付けない方がいいんじゃない?」

「わたしも、パソコンで名前を入力して、一回変換するだけで出てくる方が良いと思うんです。」

「うん、そうよね。」 

 

うちの子供の時は、やはり画数、見てしまいました。最初の子の時って、姓名判断の本、つい買ってしまいがちです。

マイドータもバカボンも、名前の読みは先に決まっていて、その名前に合う漢字を探して、画数を考えてつけました。でも、そういう場合、とってつけたような漢字で当て字風になる場合があるから、難しい所でもあります。そして良い画数だからって、良い運勢になったのか?って聞かれれば……、わかりませんが、名前は親から子へのプレゼントかもしれませんね。

 

当社の渡辺の名前は、すごいですよ。

柴又の帝釈天の住職が名づけてくれたそうです。親の期待度がわかりますね。

匡一(まさかず)さん。さすが、由緒正しい感じ。でも、この匡って字、電話口なんかで教えようとすると、なかなか理解してもらえない漢字です。

 

青野さんの名前も、素晴らしい。清く美しく。青野清美なんて、なんか清々しいかんじです。

青野さんが言うには、おばあさんの一字に美をつけた、ということです。

 

 

 

ちなみに、私の名前は、父が長男が生まれることを切望し、結果的に女のわたしが生まれたもので、

失望して名前を付けないから、母が自分の名前の一字をとって、恭子と名づけたのです。

渡邊とは大違いの名づけ方!! 期待度ゼロ!!

 

でも、数年前に知人が貸してくれた画数の本によると、私の名前の画数は良い画数なのですが、

逆に女ではちょっと良すぎて、運勢的に強すぎてしまうとか。

かさねがさね、女で、悪かったわね~!! (≧ヘ≦) ムゥ って、感じです。

 

 

 

そんな勝手な、私の父の名前は、茂美。末っ子だったので、たぶん適当に付けられたのでしょうが、男なのに茂美。学校で、娘の私が、保護者の欄に梅津 茂美と書くと、クラスの子が、梅津にはお父さんはいないのか?なんて思われたりすることもありました。

母の名前は「恭仁子。」 「くにこ」と呼びます。しかしこの漢字で、「くにこ」と読んでくれる人は、皆無。

以前 郵便局の保険で名前を間違えて証書に記載されたことがあて、そういった場合、保険金が降りるのに、いろいろややこしかったです。 

 


そんなこんなで、名前をつけるアドバイスがあるとしたら、

名前は一生ついてまわるものですから、実用第一。

試験用紙や契約書などに記名するのに書きやすい、パソコンで変換したときすぐに出てくる、電話で名乗った時にすぐ聴き取ってもらえる、男性か女性か判断できる、あまり立派すぎたりしない名前が、理想的なんじゃないか、というのが、わたしの経験的なアドバイスですかね。

それを踏まえて、良い意味の漢字をつけてあげれたら、ベスト、かな。

 

 

 

 

女子アジアカップ初優勝!!

城です。

わたくし、間違えてしまいました。

昨日のブログのなでしこが戦ったのは、ワールドカップではなく、アジアカップの間違えでした。

男子のワールドカップと頭の中でごっちゃになってしまいました。

それに、中継時間も10時からでした。訂正とお詫びを申し上げます。

 

でも、なでしこの皆さん、やってくれましたね。

オーストラリアの大きなお姉ちゃんたちと闘って、

小さなかぼそいなでしこたちが、ベトナムの地でアジアの王者になりました。

カッコイイです!! 

わが家の一番小柄なあきで~す。 (でも、運動神経バツグン、我が家の宮間選手かな?)」


ピッチをはしる姿に勇気をもらえます。

熱い夜

城です。

本日のわたしの夜は、大忙しです。

毎週、日曜日の夜は、

8時から NHK大河ドラマ 「黒田官兵衛」(今日は山場です)

9時からは、NHKBS 韓国ドラマ「馬医」(いつものパターンの韓流時代劇ですけど、やっぱり見ちゃうの)

11時からは、またNHKに戻って、最近始まった英国ドラマ 「ダウントンアビー 華麗なる英国貴族の館」

(貴族の館の中の暮らし、使用人の暮らしの対比が、おもしろい)

会社から戻って、ご飯食べて、3本見るのは結構忙しく、お風呂に入るのも大変なのよ~。

「あんたも、好きよね~。」

 

でも、今夜はさらに、なでしこジャパン女子サッカーワールドカップの、決勝戦があるじゃないですか…!!

計画としては、ドラマは録画してワールドカップを見ることにしていますが…、中継は9時からとなっているけど、いつものパターンから行くと、始まるのは相当遅い時間からになると予想しているわけです。

今夜は熱い夜になりそうです。

なでしこよ~、日の丸背負って、頑張ってくれ~!!(こういう時だけ愛国心ありです)

ハッチーのハチミツ

城です。

今日も良いお天気です。

今日は、以前ブログでご紹介した、ハチの専門家 ハッチ―小川さんが、ハチミツを持ってきてくれました。

野田の、アカシアの、蜜だそうです。

 

手モデルは、母です。(ふとっ)

大きな瓶にいっぱい。これだけの蜜を集めるのは、ミツバチさんも大変です。

さっそく味見をしてみました(゚∇^*)。

市販のハチミツとは違い、サラッとしています。ハチミツ独特のクセが少なく、

口の中でハチミツの味が無くなるころにお花が香りが広がりました。


パンに塗ったり、ヨーグルトに入れたり、楽しみたいと思います。 

 

ハッチ―小川さん、ご馳走様です。

松坂 ドリームオーシャン 伊勢

城です。

昨日の旅行話し、明日に続く、といかにもまだ事件がありそうな感じで終わりましたが、

その後は順調に(順調が良いのです。)工程を消化し、

伊勢に移動、外宮、内宮に参拝することができました。

最後の日、3日目の水曜日は、午前中小雨の中内宮に参拝しましたが、

遷宮したばかりの正宮殿は、無垢のヒノキが雨で濡れて金色に輝いているように見え、

桧の香りも漂い、とても創玄な感じがしました。

 

そして、3日目の最後の食事、お昼ご飯が、松坂のDreamオーシャンという、田んぼの中にドライブインのようにでーんと構える松坂牛の専門店でした。

牛肉小売店と、食べ放題のバイキング方式の焼き肉店(こちらは松坂牛ではなく、国産牛と唄ってありました)と、同じ店内で松坂牛を注文して食べれるところとお座敷、という構成のお店で、

松坂牛を扱うお店ですが、高級な感じは無く、わりとガチャガチャした感じの、気取らないお店です。

わたしたち一行は、食べ放題ではわりに合わない年齢なのでしょう、御座敷の団体席で、松坂牛のしゃぶしゃぶを堪能させて頂きました。

牛を生産から全てを直営なので、普通の松坂牛に比べれば、ずーっとお手頃な価格です。

されど松坂牛、やっぱしインパクトは、旅行中の食事の中で一番でございました。 

 

こちら、1人前のお肉、美味しゅうございました。

 

ガイドさんが言うには、ある程度の大きさになるまでは、但馬など松坂ではない地で育てた牛を、松坂に連れてきて、ビールを飲ませたり、お酒で体をマッサージをさせたりと、至れり尽くせり育てると、霜降りになってきて松坂牛になるのだそうなのです。

美味しいお肉とビールをいただいた私のお腹の肉も、お陰様でそうとう松坂化したような気がした次第です。

 

伊勢神宮に参拝される方は、是非このお店に寄った方が良いと思いました。 

バイキングだと2,200円!! 松坂牛のしゃぶしゃぶでも、4,500円から。驚きの安さ。

食事の後は、別棟のお肉屋さんでお買い物。

ガラスケースに入った松坂牛以外に、冷凍で袋詰めにされた、ホルモンとかレバーとかタンとか生ハムとか、また、トレーに入った松坂牛のコマ肉とか切落としとか、随分お得なものがありました。

わたしは、味付けホルモンを買いました(名称は和牛の味付けホルモン)が、後日食べたら、脂が超ウマ~でした。

ホームページを見ると通販もできるようなので、また食べたいから注文したい衝動に駆られますが、

これ以上松坂化してしまうと、せっかく痩せたのが台無しになってしまうので、躊躇しているところです。

 

そんなわけで、旅行のご報告を、美味しいもので閉めさせていただきます。

亀信さん、お世話様でした。

事件発生

城です。

19日から21日まで、亀有信用金庫の国内旅行に、初めて参加してきました。

(亀信さんとは、何十年の付き合いですが私は初めて。両親が参加したことはあったけれど) 

行き先は京都・伊勢。

京都も伊勢も見どころは多いのですが、それぞれのポイントを、大急ぎで駆け抜けていく、そんな旅行でした。

旅行の参加者は大体が60、70オーバーのご夫婦方で、妙れいな年ごろの(ヾ(- -;))女4人のわたくしたちは、落ち着いた雰囲気の中で、女子会風にキャピキャピとお騒がせでした。

 

新幹線で京都に着いたのが午前11:00過ぎ

 

東寺に。

有名な国宝不動明王帝釈天

見ごたえがあって良かったのですが、 

京都市の観光はそれでおしまい!!

 

次は観光バスで移動し

宇治市へ。

平等院を見学

平等院って、世界遺産になっていたんですね。 

世界遺産とそうでないのと、、

わたし的にはどちらでも良いのですが、 

観光客の入りは違うのですかね。

屋根に金色の鳳凰が、胸を張っていました。 

その後、また観光バスで移動。

滋賀県の石山寺(紫式部が源氏物語の構想を練った寺だそうで)

 

琵琶湖のほとりにあるホテルに宿泊。 

添乗員さんもガイドさんも、亀信さんから世話係の行員さんもついてきてくれて、いたれりつくせりで、工程どおりに問題なく進んだのは良かったのですが、

 

 

翌日の朝、事件は起こりました!!

わたしたち一行が宿泊したのは、10階。

温泉大浴場は4階でした。

友人と二人、出発前にもう一度温泉に入ろうと、6時ころから大浴場に。

お風呂から上がって、更衣室で着替えていた時です。

突然、避難ベルが鳴りだし、「6階で火災が発生しました。直ちに避難してください。」と、 

館内放送が!! Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

これは、大変だ!!。

私はすでに浴衣に着替え終えたところでしたが、浴室から何人もびっくりして上がってきて、皆慌てています。

廊下に出た人が、大きな声で「エレベーターが止まっている!!」と、どなっているのが聞こえます。

 

その後、非常階段の扉が開かない!!、という声まで!!

こんな時には、すぐホテルの人が来てくれても良いのにと思いましたが、従業員は来ない。

しかし、火災は6階で大浴場は4階だから、そんなに慌てなくても大丈夫なはず、と思い、

とりあえず、化粧水と乳液を。(洗顔後のノーメークはしょうがないとしても、お肌がつっぱったまま避難するのは絶対イヤ)ここは落ち着かないと。

そのうち「非常階段の扉、開いたよ~!!という声が聞こえたので、少しホッとしました。

 

全ての荷物は10階にあるけれど、取りに行くと危険だろうから、と、スリッパに浴衣姿でロビーまで非常階段を下りて行ったのです。

4階からの階段でも結構長い階段で、お年寄りなどは気の毒にフウフウしながら降りていましたよ。 

煙も臭いもないので、誤報じゃないのかとも思われましたが、

皆、韓国の事故のこともあるから、とりあえず避難した方が良い、ということで、ゾロゾロと降りて行ったのです。

わたしたちは4階からでしたが、10階に残っていた友人たちは、浴衣でまだベッドの中だったのが、

ビックリして飛び起きて、大急ぎで洋服に着替えて、やはり非常階段の扉が開かないので焦っていたら、となりの部屋の男性が開けてくれて、ひたすら降りて来たそうです。(女子供でもすぐ開けられる扉でないと困るわ)

その後ロビーで、しばらく待機していたら、火災報知機の原因はイタズラ、とわかったのです。

全く、悪質ないたずらです。(≧ヘ≦)

ホテルが、防犯カメラで犯人を確定できたので、警察に通報するとのことでした。 

 

そんな大事件があったのですが、なんとか無事に収まり、忘れられない思い出となったわけでございます。

明日に続く。 

 

 

 

 

早すぎる早撮り(>_<)

こんにちは、青野です。

今日から社長は2泊3日の出張に出かけています。

社長の不在は心細いのですが、無事営業できるよう頑張ります。(^_^;)

 

 

さて、我が家には18歳の娘がいますが、昨年あたりから

振袖のダイレクトメールが届くようになりました。

成人式は再来年です。

何かの間違いかと思っていたら、お友達に当たり前との指摘をうけ、

びっくりしました。

なんでも、成人式当日に着付け・髪のセット等集中するので、

とにかく早いもの勝ちみたいなものらしいのです。

昨日も電話で、展示会・仮着付けの案内がありました。

早撮りもできるし、仮のセットもできますとの事。

いまどきは、レンタルといっても30万以上は当たり前みたいで

びっくりしました。

そんな高額なもの、簡単には決められません。

ましてや、そんな先の話・・・。

 

ぼやぼやしてたら、お気に入りのものはなくなるのかも

しれませんが、まだまだ現実味にかける母です(>_<)

 

いろいろなものが加速している時代です。

 

 

 

 

ページ上部へ