ホーム>STAFF BLOG>2014年4月

2014年4月

預言カフェ 高田馬場 その2

城です。

そういうわけで、2010年の12月に預言カフェに行った時から1年くらいは、文章におこしたのを何度も見返したりして自分を勇気づけながらいたのですが、時間がたつうちにいつのまにか、すっかり忘れていました。

ところが、去年の暮れに古い手帳を整理していた時、手帳に書き留めていた預言を見つけ、

そういえばあれから今年で3年たったのだ!!、と気が付いたしだいです。

 

それで、一緒に行った友人に聞いてみたのです。「あの時のわたしと、今のわたしは、変ったかしら?」

「う~ん、そうねぇ確かに変った、ような気がするけど……。」

自分で考えてみても、あれから私いろいろ勉強できたのだろうか?変ったのかなぁ?

変わったと言えば変わったのか?いつも一緒にいる人や自分には判断がつかないところかもしれません。

でも、「3年がんばりなさい」の言葉で、いろんなことを乗り越えられたとも言えます。

石の上にも3年というように、おかげで私も少しは成長した、ということにしておきます。

 

そんなことがあり、そうだ!!もう一度行ってみよう!!と、思い立って、

先日またまた、出かけてみたのです、預言カフェ。

以前は、高田馬場の預言カフェは大変混んでいるということで、調布まで出かけて行ったのですが、

今回は高田馬場に行ってみることにしました。

 

高田馬場駅の戸山口改札を出て、線路にそって2分も歩けば到着します。

12時から予約ノートが店の外に置かれ、そこに名前を記入します。

開店は午後2時から。

ですから、12時ころ来た方は、その後どこかで時間をつぶして戻ってくるようです。

私と友人は、1時半ころ到着し名前を記入。名前を書くところに、おおよその待ち時間が書いてあり、

30~40分だということで、お店のエントランスにある椅子に座って、順番が来るのを待っていました。

平日ですが、私たち以外にも10人くらい椅子に座っていましたし、2時を過ぎると、最初の方に名前を書いた人がどんどん戻ってきます。

 

やっと名前を呼ばれた時はもう、3時くらいになっていました。

 

道路側に大きい窓があり明るい店内に、いくつものテーブルがあり、奥の壁にはもちろん十字架が飾ってはありますが、あとはカウンターのある普通のカフェのようです。

コーヒーは750円のブレンドからいろいろな種類のものがあり、

コーヒー代以外は、録音テープもしくはMD欲しい人は別途100円のみ。

珈琲を注文して、待っていると今回は男性の方で(感じの良い60歳くらい?)、小さい椅子持参でテーブルに来てくれます。

「では、どの方から始めますか?」「録音はどれでしますか?」くらいの質問で、

あとは、横に座って録音機に向かって、とうとうと話し始めます。

今回も3人で行ったのですが、全員終わったところで、他のテーブルで待っている人には悪いけど、少しだけ質問してみました。

その人の事を良く知らないから、具体的には言えないけれど、感じたことをすぐ言葉にするようにしている。そうしないと、どうしても自分の心情が混じってしまうから…。たまに、言い終わった後で、何を言ったか覚えていないこともある。

などとおっしゃっていました。

で、肝心のわたしの預言ですが、

3年たったことには特にお言葉は無かったのですが、預言の冒頭でいろんなことを勉強して、吸収してきたことを褒めてくださるくだりがありました。

それから、またいろいろな事を言われたのですが、それについて詳しいことは割愛いたしますが、

 

 

3人とも、満足して帰ってきました。

預言カフェに来るお客様は断然女性が多いのですが、カップルで来たり中には一人でくる男性も。

旅行用トランクを引いている人もいたから、多分地方からかな。

定期的に来る人もいるようです。

 

預言カフェで言われたことを自分でどう受け止めどう取り入れるか、で、来た甲斐がある人と無い人にわかれると思いますが、背中を押してくれることを言ってくれるので、時間がたっぷりあって(笑)勇気をもらいたいときに、珈琲を飲みに行かれると良いかも。

預言カフェ その1

城です。

預言カフェ、というところに、今まで2回ほど、行ったことがあります。

 

友人にとっても良いところ、おもしろい所があるから行ってみよう、と誘われて、あまり乗り気では無かったのですが、興味もあったので、おっかなびっくり出かけたのは2010年の12月。

  

到着したところは、一見明るい喫茶店のようですが、奥の壁に十字架が飾ってあり、日曜日などは集会をするプロテスタントの教会でもあるところです。

テーブルに座ってコーヒーを注文して自分の順番が来るのを待っていると、中年のまったく普通の感じの女性がそばに座り、録音の種類(MDかテープか)を確認してから、名前も悩み事も聞くわけではなく、突然早口で、独特な話し方で語りだします。(預言ができる人は4~5人はいて、でもお客はもっとたくさんいるから順番待ちです。)

預言というのは、先の事を予測するということではなく、神託を告げる、という意味なのです。

 

「神様はあなたのお仕事の件について言いたいようですが、何かご商売をされていますか?」と聞かれ、「はい、会社を経営しています。」と伝えると、女性はやたら早口で語り始めました。

 

私が言われたことは、まとめて言ってみれば、

あなたは商売の事で、自分に自信が持てなかったり悩んだりしているかもしれないけど、あなたは良い意味で商売に向いています。

商売を通して周りの人に良い影響をあたえることができます。

そのためにはビジョンをもちなさい。これから3年間いろんな事を勉強、経験して沢山の引き出しをつくり、土台をつくりなさい。3年後には今とは全く違うあなたになっていますよ。

何があっても心配しないで、解決方法を教えて行きますよ。

と、いうようなことでした。

その前の年に父を亡くして、会社の責任を私の肩にずっしりと感じ、その他いろんな面でちょっと疲れていた時期でもあり、 その言葉に、思いがけなく勇気をもらったことを覚えています。

そして、単純な私は、そうか、では3年間は何があっても負けないぞ!!、と変に?心に誓ったのです。

キリスト教の教会ということで、その後、何か勧誘があるのではないかという心配もあったのですが、それもなく、支払ったのはコーヒー代の1000円だけでした。

一緒に行った友人が言われた言葉なども聞いてみると、基本的に、神様が伝えてくれる言葉は、今までしてきたことを認めてくれて、そしてこれからを応援してくれる、暖かいお言葉を伝えてくれるようです。

 

その後、つらい事や嫌な事などあった時に、録音したのを文章におこしたものを、何度か読み返したこともありました。

 

陰陽五行の勉強をして人の鑑定もするわたしですから、もちろん自分のことも見ていますし、伊勢先生にも見てもらっていろんな勇気をもらってはいたのですが、なかなか自分のことになると、自分の将来や自分を信じるのって難しいものです。

たまたま友人に連れられて行った預言カフェで、そんな預言に出会ったのでした。

GWの計画


城です。

道路の両脇の街路樹の花水樹が咲きだして、

植込みのサツキが咲きだすと、

いよいよ初夏。

わたしもジャケットの下のブラウスが半袖になりました。

 

 

皆さんのゴールデンウィークのご予定は?

楽しい計画があるのかな?



 

当社は、ゴールデンウィークは普段通りに営業しております。

おまけに、今度の定休日の水曜日は30日、月末なのでもちろん営業いたします!!

 

そのかわり、交代で連休を取らせてもらいます。

 

私は、5月の5日6日を休む予定です。

その連休の予定は、もちろん、衣替え

冬物一層!! 今から燃えてます。(ー_ー)!!

そして、連休明けの7日の水曜日は、ゴルフに行こうと思ってま~す♪♪(゚∇^*) ♪

 


 

新築賃貸見学

城です。

昨日の土曜日からゴールデンウィークに入ったのですね。初夏の陽気です。

どこかに出かけたくなってしまうような爽やかな青空で、水元公園はたくさんの人で賑わっています。

が、当社 梅津不動産はGWも休まず営業しております!!

 

さて、先日の良く晴れた1日、私は新築の賃貸物件の見学に行ってきました。


 

賃貸住宅のオーナー様から、老朽化した賃貸物件の建て直しの相談がありました。

賃貸管理、募集、契約などはやっていますが、

新しい賃貸物件に、始めのプラン作成から関わらせていただくのは、わたしにとっては初めてのことです。

お客様のニーズにあった間取り、賃料設定、資金計画、建築…etcと、沢山の課題があります。

オーナーさんがあとで後悔しないように、良~く作戦を立てないと。

と思っているそんな折に、営業に来た日本住宅株式会社。

今まで東北中心に30年営業している賃貸住宅建設の会社で、

数年前から関東圏に進出してきたそうです。

是非当社の現場を見てください!!、とのお言葉に甘え、オーナーさんと、2現場に案内してもらいました。

 

 

賃貸住宅の建設会社は、近頃金町・水元にも沢山営業に来ています。この辺にも沢山の新築物件ができました。

だいたいが、TVで有名タレントさんがCMするような大会社、賃貸料をウン十年も保証するというのが売りの会社のようです。

今回現場を見せてもらった日本住宅さんは、賃料保証もTVのCMもしていません。ある意味そこが、好感もてます。

 

江戸川のテラスハウスと、千葉の貸家を見せて頂きました。

 



賃貸物件のグレードが良いのに驚きました。

新築の建売住宅の販売現場にきたかのような感じです。

寒さが厳しい東北の建設会社なので、建築の仕様が断熱性、遮音性も、東北仕様で優れているそうです。

 

 


 

 

  

オシャレな外観、対面キッチン、ウォークインクローゼット、階段には手すり、玄関も収納たっぷり、グレードの良い水回り、建具、ペアガラス。

今どきの賃貸は、ここまで来たのね~、と感心するばかり。

借りて頂くお客様が、これなら良いわ~、という気持ちになるように、考えられているのですねぇ。

危うく わたしも住みた~い!!、と思ってしまうくらい。

 



今どきの賃貸は、借り手市場です。

賃貸を探すお客様は、

インターネットで外観も室内の写真が見れるし、

賃料から設備から、地域のことから、いくつもの物件を比べて、

より自分に合ったものを探せる時代です。

ですからこれから建てる賃貸住宅は、

貸し手の収益優先で考えた物件は負けてしまうと思います。

借り手の住み心地優先、そして賃料も相場くらいのプランにすれば、

自ずと長く住んでもらえるし、次の入居もスムーズに行くでしょう。


 

でもオーナーサイドから見れば、いくら良い物件にしようと思っても、予算というものがあるわけだし、

もちろん収益が上がらなければ、賃貸経営の意味がありません。

立地条件や土地の大きさなど、もろもろの条件もあります。

 

借りる方が、ここなら借りたい、という賃貸住宅で、なおかつ

これなら建てたい、とオーナーさんが思える賃貸住宅。

盾と矛じゃないけど、結構難題です。

 

しかし、日本住宅さんは、その実現に自信あります!!

とおっしゃっていました。

TVCMや賃料保証などの経費を考えれば、その分お客様のためにいろいろできるのかな?

地域の特性や土地の形にあった、良いプランを提案してくれる約束に。

ということで、新築賃貸物件プロジェクト、まずは第一歩を踏み出したところです。

 

さよなら、油揚げ

城です。

以前何度か、当ブログでご紹介している、自転車で売りに来る豆腐屋さん、南水元の近藤豆腐店さんが、

4月14日で閉店してしまいました。


毎週木曜日になると、後ろに箱を積んだ自転車で「まいどー!!」とやってくる。

当社に豆腐やら油揚げやらガンモドキやら厚揚げやら…、黙っていても当然のように置いていく。

だから、毎日の食卓にはかならず何かしら上がっていた豆腐屋さんの品々は、

完全に日常の一部と化して、別段ありがたさもなくすごしていました。

だから閉店することを、2週間前に告げられたとき、

「えー!! 油揚げ、もう食べれないのー!!」となんだか、すごいショック!!(。>0<。)喪失感です。

 

夫婦二人で力を合わせてやっていた豆腐やさんですが、お子さんはサラリーマンになっていてお店を継ぐ人もいないし、

どちらかが病気になってからお店を閉めるよりは、

夫婦ともに元気なうちに廃業し、少しゆっくりしたり、お二人で旅行にいったりしたいそうです。

そうですよね、何十年も毎日毎日早起きして頑張っていたのですものね。

少し、骨休めしてもばちはあたりませんよ。

 

 

 

それで、最後の日には、油揚げまとめて20枚買いました。

冷凍しました。

わたしの好きな近藤豆腐店の油揚げ。

肉厚で、ほんのりごま油の香りがして。

お料理に使うのはもちろん、

ただ、しょう油つけて食べるだけでも美味しく、

軽くあぶって生姜とかネギとかで食べると、また美味しく……。

スーパーで売っているのとは違うのよね~(T_T)

 


おまけに頂いた、おからは、母が料理してくれました。

これも、もう食べれない。

 

私のように、廃業を惜しんだり慌てたりするお客さんが多かったと聞いています。

閉店の日には、近所の子供さんが、「今まで美味しいお豆腐をありがとう」、と手紙を持ってきてくれたり、

花束を持ってきてくれたりしたそうです。

わたしも最後に顔を出したら、47年間続けてきて幸せだった、と、奥さんが涙ぐんでいました。

 

豆腐屋さん、今まで美味しいものをありがとう。

長い間、お疲れ様です。

どうぞ、これからもお元気で。

 

 

金町 ハイボールの美味しいお店

城です。

わたしの最近のお気に入り、金町の居酒屋さん「大松」さん。

これ以上混むといやなので、あまり人には教えたくないのですが、

ブログを見てくれる人にだけは、そっとお教えします。


京成「金町」駅の小さな踏切を渡ると、細い路地が続いています。

そこは飲み屋街そのものの通りで、ワインバーから沖縄料理から焼き鳥から、モツ焼き屋から建ち並ぶ路地。

その路地をさらに左に曲がって数件目の、全然目立たないお店。

 

表から見たお店の印象だと、一見さんだとちょっと入りにくいような、

大丈夫かな?って感じですが、

実は、BStbsの居酒屋放浪記で紹介されたお店で、

何をかくそう私も、それを見て行ってみたのがきっかけでした。

表の雰囲気と違って、中は小ぎれいに内装されていて、

トイレなども新しくきれいです。(ここ大事なポイント)

ですから、女子にも安心な感じです。

 

一番のお勧めは、お刺身。

毎日築地まで仕入れに行くのだそうで、

新鮮で美味しく、しかも安い。

 

カウンターの中にいる、大将は2代目であたまが…、ひかってる!!から、すぐわかります。

金沢で7~8年修行されたと(TV吉田類情報)いうことで、

料理が上品というか、丁寧と言うか、つまり美味しいんです。

 

写真のだし巻き卵は、塩のみ、砂糖入り、明太子入りとあります。

他に、牛の煮込み、がフランスパンが添えてあって、ビーフシチューのような感じで、うまいです(写真に撮る前に食べてしまった)

 

まぁ、そんな感じで他にも美味しい料理がいろいろとあって、

そのせいで焼酎ハイボールが何倍もいけちゃうお店なのです。

 

7テーブルとカウンター席がありますが、すぐ満席になるから、早めに行った方がよいでしょう。

冠婚葬祭の見学会

城です。

昨日の定休日、私は金町駅徒歩1分にある、セレモニーセンターの見学会に行ってきました。

金町ゲストハウス(クリックすると写真でます)、というところです。

結構いろんな方のお通夜などに行く機会のある私ですが、そこはまだ水元の方々には馴染みがないのか、一度もいった事がなかったのです。

以前は結婚式場で、建物の横にはまた、大きなチャペルもあるのですが、

現在は、チャペルの建物はウエディング、披露宴をあげていた建物は、葬祭に、と別れたようです。

だから、建物の外観、建物内、シャンデリアや装飾など、ゴージャスで明るい。

これなら故人も、親族も、来られた人も、気分がいい(?)ことでしょう。

ここで葬儀を行うのには、互助会に入らなければならないようで、そんな説明をひととおり受けて、精進落とし風のお昼ご飯まで頂いてきてしまいました。

う~ん、わたしの時は、ここでもう一度花嫁になったような気分で、天国へ送ってもらおうかな?

だとしたら、死に装束は、白いふわふわのドレスを着せてもらおうっと♪♪

ピンクのお花をたくさんまわりに飾ってもらって?

あら、そうなると白雪姫みたいじゃない?……ずいぶん歳をとった白雪姫!! (。>0<。)

白髪だから白雪姫?なんて馬鹿な事考え(?)

 

でその後、好奇心旺盛のわたくし、お隣のチャペルも見学させて頂きました。



アール・ベル・アンジェ、という舌をかみそうなお名前がついている、この教会。

じつは金町駅の線路のほんとに、となりにあります。

金町駅のホームから、新郎新婦が、チャペルからでてきてライスシャワーを浴びているのを見たこともあります。

だから、一度中がどんな感じなのか見てみたかったのです。

 

テレビドラマや、CMなどの撮影にも良く使われているそうですよ。

こうやって見ると、どこか軽井沢にでもいるような感じにも見えますものね。


チャペルの中は、天井も高く、ステンドグラスから光があふれていて、明るくて素敵だったです。

パイプオルガンと、ハープがありましたので、それらを演奏したら、きっと響いてきれいな音になるでしょう。

このチャペルの下の階には、パーティールームがあり、

その続きにバーなどもあって、

1日貸切で他のお客はいないそうなので、

結構いい感じなのではないでしょうか?

 

地元の若者が、地元で結婚式っていうのも、素敵ですよね。

 

 

ちなみに、私に20代の娘と息子がいると聞いて、私についていた営業の方は、結構期待感があるようでしたが、

残念ながら、我が家の娘も息子も、まだまだまだまだ。

チャペルの前のゲストハウスでは、母が80代という事で、やっぱり期待が大きいところかもしれませんが、こちらもまだまだまだまだ、な感じです(笑)。

が、いろいろと勉強になりました。お世話様でした。

5年目のHP

城です。

梅津不動産のHPが今のものになってから5年目に入りました。

HPを頼んだ会社の営業さんが、「HPの反響はいかがですか?そろそろリニューアルをしても良い時期ですよ」、

とお電話があり、そうか5年目かぁ…、と気がつきました。

 

またその営業さんがいうには、「梅津不動産のHPは、すごいページ数です。600ページを越えてますよ。

これはスゴイですよ。評価が高くなると思います。たくさん物件を載せているのですか?」とも聞いていました。

うちのHPのページ数が多いのは、載せている物件が多いわけではないです。

たぶんいえ絶対、私のブログが、ほぼ毎日更新されているから、必然的にページ数が増えているのです(笑)。

 

当社はHPにそんなにお金をかけられないしかけていないので、他の会社の立派なHPを拝見するたびに、何だか劣等感のようなものを感じることもありましたが、

最近はちょっと気持ちが違ってきました。

うちの会社を、実際よりも、立派な印象に見せるHPを作っても意味がなく、

等身大の梅津不動産がわかるHPこそ、お客様のためでもあるし、うちのためにもなるHPなのじゃないかな…、と。

 

当社のHPには、物件は沢山は載せていません。でも載っている物件は基本 直物件。

売主様、貸主様から直接依頼されているもの。

だから、事情も良くわかるし交渉しやすいのがメリット。

ネットで物件を探しているお客様も、そこのところが最近はわかってくれるような感じです。

 

それから当社のHPは、いかにも地元ののんびりした不動産屋感があり、それはHPだけでなく会社自体の雰囲気でもありますが、それがまた、しつこく営業されたりしないか?と心配したり、ちょっと怖い不動産屋だったら?みたいなのも払拭されている、

と、最近感じているわけです。

 

などと自分のHPを自画自賛してても始まらないので、何か改善点とかあるか、考えなければ……。

といっても、わたしの知恵ではなかなか難しいことでして、

皆さんも、ご意見ご要望ございましたら、是非お教えください。

 

ひとつ、確実に変えた方が良いだろう、というものはあるのです。

それは、わたくしの写真。

スタッフ紹介に顔写真があるのですが、やっぱり5年前のだと、

今の私とギャップが出てきてしまっている感は、……否めません。

5年前に写真をとってからの私の体重の増加・減の遍歴を思うと、感無量…、

良く頑張ったね、とつい私に言いたくなってしまったりします。ヾ(- -;)そこか?

小花柄クッション

城です。

100円均一のダイソーって、今どきどこにでもありますが、

三郷健和病院へのすぐそばにあるダイソー三郷鷹野店は、もともと家具屋だった2階建ての大きな建物だったところなので、

かなり大規模なお店だと思います。

めったに行くことはないのですが、先日母を健和病院へ送った帰りに、欲しいものがあったので寄りました。

品物がありすぎて、欲しいものを自力で探すのは無理で、皆店員さんに場所を聞きながら買い物しました。


 

100均に行くと、安いからといって、つい余計なものまで買ってしまうというのが、玉にきずですよね~。

で買ってしまったのが、ニャンズのためのクッション3枚。

といっても、ペット用ではなく、椅子の座面用のだから紐がついているやつです。 

ソファの上に並べてあげたら、気難しいゆいちゃんもリラ~ックス。

小さな花柄のクッションに乗ると、悪がきニャンズも妙に可愛らしく映るわ~。

 


ひろしくんは毛づくろいを始めました。


 

「いいかい、買ってあげたのは、わたしだよ。

おかあさんだよ。」

 

「そこのところ、忘れないでよ、あきちゃん。」

 

「まったく、100均のクッションで、恩着せがましいのよ、おばちゃん。」(あきちゃん談) 

  

寒い!!

城です。

 

 

今日は、来客がありお昼ご飯を食べたのが1時過ぎでした。

その後2時ころに、差し入れで大きな今川焼をいただき、

焼き立てだから暖かいうちに食べてよ、ということで

今お腹が一杯で、胸焼けしそうです…。

今の状態を図解しますと、

左の写真のお腹のような状態となっております。

 
 

それにしても、暖かい日が続いて、すっかり油断していたら、

何でしょう!! 今日の寒さは…!!(。>0<。)

 

ハロゲンヒーター、しまわなくて良かったです。


ハロゲンヒーターをつけると、そばにやってくる、ニャンズたち。

 

写真に写っている、白いのは、猫 ひろし君。(猫のくせに、犬みたいに馴れ馴れしいヤツ。)

手前のトラ猫は、天真爛漫のゆいちゃん。

 

もう一匹、三毛のあきちゃんは、おとなしいのですが、気難しくて、

最近わたしになつきません。

隊長にだけ、くっついてきます「(´へ`;ウーム

生まれた時からずっと一緒で、同じ環境の兄弟なのに、性格が三者三様なのです。


猫の性格と言うのは、もしかして柄(三毛、白地、キジトラ、黒猫etc.)により特徴があるのではないか?、

誰か統計をとってみたら面白いかも…、と最近考えたりしてます。

よかったらお宅のねこの柄と性格、教えてください。

 

ということで、みなさん、風邪引かないでね…。

ページ上部へ