ホーム>STAFF BLOG>2013年12月

2013年12月

身旺の偏財

城です。

 

もう今年もあと僅かになった年末の昨夜、女性一人で不動産業をやられているNさんと、2人で会食の機会をもちました。

わたしと2~3歳くらいしか違わない方ですが、外見も中身もとても可愛らしい美人さんで、

ほわぁんとした印象なのだけど、でも仕事はどんどん決めてしまう、といった感じの方です。

個人的にもとっても興味があったし、それに最近恋人ができたといこともあって、Nさんの命式を見させてもらって、鑑定したことも話しながらの、会食です。

正確にいえば、会食といっても、以前から時々ご紹介している水元にある居酒屋の「味とら」さんで、飲みながら、と言ったかたち…。

 

だけど、伊勢流四柱推命陰陽五行の命式は本当に、その人をとらえていると、確信しました。

Nさんとは、そんなに何度もお会いしているわけでもないのに、とても親しみやすいと感じていたら、

どうりで同一空亡の間柄で、十二運や通変星に共通点がたくさんあることがわかったのです。

でも私たちには大きな差があります。

私にはない「偏財」が、Nさんには強く輝いています。(私には財はあっても正財)

Nさんは、偏財の人。華やぎ、可愛げ、商売の星です。

しかも、身旺の人。

そして、今月から新しい大運がが始まり、とっても良い運気の10年が始まるのです。

恋人は、Nさんの必要な調候用神を持っている人で、一緒にいれば運気が上がります。

つまり、Nさんはこれからどんどん仕事をしてゆき、収益アップで大成功間違い無し!!、ということです。

 

あぁ、これからはNさんにどこまでもついて行こうっと?!(わたしの方が年上だけど…)

 

それにしても、聞かせてくれたNさんの半生の波乱万丈さに、さすが身旺のおんなだ!!とうなずきながらも驚きながら聞いているうちに、しぜんとお酒がすすんでしまいまして、

なんだか総合すると、焼酎のボトル1本くらいは飲んでいたようです。(私にしては、相当飲んでいたんですね~、知らないうちに…。)

けさ、味とらの大将が当社にきたついでに、そう教えてくれました。

どうりで、朝、なんかお酒が残っているような気がしたんだ……。

 

そんな感じの、面白い一夜をすごした次第でございます。

 

さて、当社は本日で一通りの業務は終了ですが、土日を挟んで、30日月曜日は午前中営業いたします。

明日あさっては、1年間たまりにたまった、自宅の掃除を、集中してやる、という予定ですが、どうなることやら…。

では、30日まで、ごきげんよう(^o^)/。

カウントダウン

城です。

今年もあとわずか、カウントダウンが始まった感で、なんだか落ち着かない気分です。

そんな今日は朝から、来客に来客に来客が重なりました。

みなさん、一年の最後にわたしの顔が見たいのかな?

あっ、用事があっただけ?

 

どちらにしても、

来年も、よろしくということで……皆様のお顔が見れて良かったです。

 

でも、明日も当社は営業いたします。

明日もたぶん、バタバタするとは思いますが、私に会おうという方がいらっしゃいましたら、

まだ間に合いますので、どうぞお早めに……?! (^o^)/

 

クリスマスに向けて

城です。

クリスマスイブの本日、みな様いかがお過ごしでしょうか?

連休明けの平日、銀行も混んでいましたが、当社も平日平常通りの営業はあと3日ということで、せわしなくしてます。

 

さて、ある日突然、何の前触れもなく引っ越しをして出て行ったマイドータ。

あれから何度か帰ってきてはいるのですが、

そのマイドータの誕生日が、なんと明日。クリスマスの日。

なんとな~く悪い予感がして「クリスマスに帰ってこないよね。」、と念のための確認をしたら、24日の夜中に帰る、という知らせ。

これは、どう考えたら良いのでしょう。

まず、クリスマスや誕生日を一緒に祝う彼氏はいなさそうだ。これは間違いない。

次に考えられるのは、クリスマスや誕生日を祝ってくれる友達はいるはずだが、きっとクリスマスはマイドータ以外の大事な先約があるのだろう。それとも、家族を優先したか?そんな訳はない。

あぁそうか、お祝いにお小遣いでもせしめようというこんたんか?

ということは、誕生日を祝ってもらいたいのだろうか?

 

だけど、ある日突然家を出て行くような、自分に用がある時だけしか連絡とらない、自分勝手し放題の二十歳をとうに過ぎた娘の誕生日を、

なんだぁ帰ってくるなら~♪と、ご馳走つくってケーキ買って祝ってやるほど、私は甘い母ではないのだ。

 

母は怒っているんだ、ず~っと!!!

プンプン!!ヾ(▼ヘ▼;)

ってな感じが、わたしのクリスマスでございます。

 

みな様は、どうか良いクリスマスをお過ごしくださいませ。

 

 

フィルムのカメラ

城です。

当社には、特に2階には、4年前に亡くなった父が集めていた瀬戸物、絵、掛け軸、本、道具などがたくさんあります。

未だにどうしたものか、置いてあるわけです。

昨日のさんとう菜のおじさんが、今日はその2階を掃除してくれて、父の残したもののほこりも取ってくれたのですが、

父が使っていたフィルム式のカメラも、他のものとまぎれて3つくらい眠っていました。

その中では1番新しいものを、おじさんが使ってみたいから欲しいというのです。

 

 

「使えるかわからないよ。」といいましたが、「シャッターは降りるから、使えるからどうかやってみる。」というので、持って行ってもらうことに。

 

 

カメラと言えば、手のひらサイズのデジカメ。

写真を撮ると言えば、スマホで…。

いつの間にかそんな時代になってしまいましたが、

 

この古いカメラで写したら、どんな写真が撮れるかな?

 

 

柚子湯とさんとう菜

城です。

今日は、冬至、夜が1年のなかで一番長~い日です。

ということは、明日から少しずつ世の中明るくなってくる、ということです。

冬の寒さは、これからが本番だけど、確実に春も近づいているということですから、そう考えれば元気が出ます。

 

ところで、さんとう菜(三東菜でクリックするとでてきます。)をご存知ですか?

私も数年前まで知らなかったのですが、さんとう菜は白菜のもっと立派なやつ、というと一番わかりやすい表現で、
1枚の葉の厚みがあり、甘さも強く、球も大きい。
http://www.city.koshigaya.saitama.jp/kanko/tokusan/santousai.html

白菜づけのように漬物にして食べるのですが、白菜漬けよりも、ず~っと美味しいのです。

この時期だけ限定で売られていて、一かぶ800円以上する高級品です。

昔はこのあたりの地域では、どこも正月に食べれるように今頃一斉に漬けるので、たくさん作られて出荷されたそうです。

今でも、三郷や水元の農家では作られていて、スーパーでは出回らないけど、八百屋さんでは注文で売られていることが多いです。

で、今年はそのさんとう菜を、三郷に住んでいる親戚のおじさんが一樽(ひとたるですよ!!!)漬けて持ってきてくれました。

嬉しい~~~(^o^)/。

私も、何度か白菜漬には挑戦しているのですが、どうもうまくいった事がないので、これは嬉しい。

そのおじさんのご近所の農家さんが、さんとう菜を作っているということで、安く手に入ったそうです。

そのおじさんは、とうに定年を迎え、その後は当社が管理しているマンションの清掃をしてくれているのですが、

じっとしているのが嫌いで、畑を借りて農作物を作ったり、その野菜で漬物を作ったり、料理を作ったり、

人の家のお庭の世話から、掃除まで、じっとしていることが嫌いで、こまごまとまめにいつも動いています。

皆のためになることが、嬉しいみたいです。

今日は、当社のガラスを一生懸命磨いてくれました。

 

大きな大きな蕪は天王寺かぶ。これを食べると株が上がる?

おに柚子は観賞用で、魔除けになるとか。

手前がゆずです。

 

柚子をいただきましたので、今夜は柚子湯に入って厄をはらい、この冬を元気に過ごしたいと思います。

3連休初日

城です。

クリスマス前の3連休の1日目。皆様いかがお過ごしですか?

当社は、普段通り営業しております。

 

街中を車で移動していると、今日はいつもの休日より車が多いです。

みなさんクリスマスに向けて、年末に向けて、買い物もいろいろありそうだし、楽しい集まりもあるようです。

運送の車は年末までに運ばなければならないもの、職人さんの車は年内に終わらせなければならないものが、たくさんありそうです。

そういうわたしも、こんな久しぶりに晴れた暖かい天気の本日は、家の大掃除をしたいところですが、梅津不動産は営業中ですから出来ません。

週に1回しか休みがないって、ホントつまりません。 連休がウラヤマシイ。

 

 

私たちが、動くモップであちこち掃除してあげてるニャン。

(それが困るんだけど…。)

 

お家を探されている方、売りたい方、借りたい方、貸したい方、その他もろもろご相談のある方、

特に用事は無いけどお時間のある方、是非寄ってくださいね。

今なら頂きものの甘いものが、たっくさんありますよ♪♪

今日は、会社の机の整理でもしながら、お待ちしています。

12月の蟹

城です。

いやぁ、今日は寒いです~~~(≧ヘ≦)!!!

昼ごろは晴れるかと思ったら、また大荒れになり、三郷に出かけていた渡辺は、ヒョウが降ってきたと言っています。

寒いせいか、私は肩がこってしようがありません。

梅津不動産のガラスも、真っ白にくもりました。

こうなるのは、ガスストーブを使っているせいかもしれませんが、それだけ外気と室内の気温差がある、ってことですね。

 

ガラスが白くなると言えば、冬は車のフロントガラスも白くくもってこまりますね。

いまだに迷うのですが、フロントガラスがくもった時、冷たい風をあてたらいいの?暖かい風をあてたらいいの?

 

さて、そろそろお歳暮の季節も終わりに近づきました。

この間当社の青野宅に、お歳暮で新潟から、高級松葉ガニが2匹届いたそうです。

雄と雌でタマゴが入っているやつだそうで。(青野さんのご主人は、偉いんですね~)

しか~し、当社の青野はか弱いというか生き物が苦手で、魚が さばけない。

魚だけかと思いきや、カニの甲羅を外してバラバラにすることさえ、グロで恐ろしくてできない、というのです。(お嬢さまですね~。)

 

で、ご主人にカニをバラバラにしてほしいと頼んだところ、「俺はいやだ」、と言われ、

「わたし できないんだから、やってよ。」「俺はやらない。」

「じゃあ、どうするのよ、食べれないじゃないの。捨てるの?」

「できないのなら、捨てればいいだろ。」と、 

ご主人がカニをばらさないのか、ばらせないのか、知りませんが、ケンカになってしまったそう。(見てたわけじゃありません…)

青野は、気持ち悪いのを我慢しながら2匹分のあしははずしたのですが、いくらチャレンジしても、どうしても甲羅を外すことができない。

 

で、なんと、結局、その2匹分の松葉カニの甲羅を、ゴミ箱に捨ててしまったそうですΣ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

カニの甲羅の中には、かにみそが入っているんですよ~~~!!!

卵も入っているんですよ~~~。身だって入っていると思うのです~~~。

あぁあぁあ!!!、もったいない。(≧ヘ≦)

 

脚の方は、きちんと食べたそうですが、なんと恐ろしい事をしたのでしょう。

 

ゴミ箱に捨てた後、長女が帰ってきて、私がやってあげるのに、と言ってくれたそうですが、

その時はすでにゴミにまみれていたので、結局食べられなかったそうです。

 

ということなので、蟹を人様に送る時は、送る人を選んで送るようにしましょう。

ちなみに、我が家は蟹でもエビでも魚でも、なんでもさばきますので、遠慮なく送っていただいて結構です。

 

 

 

こんな日にピッタリの唄があります。

 

 http://youtu.be/CnbtmlNS5VE

ユーミンの「12月の雨」

 

ユーミンは、足がきれいだ。

 

では、明日は晴れることを祈って、本日はさようなら。

 

 

忘年会

城です。

昨日の定休日に、梅津不動産の忘年会をやりました。

場所は、葛美中学のそばにある「甲州」。毎年こちらにお世話になります。

今年一年お世話になった皆さん全員は招待できませんが、当社のスタッフ、税理士さん、司法書士さん、同業者さん、大家さん、そしてゴルフのお師匠(?)&マイドータなどなどで、楽しい時間を過ごしました。

会社というものは、だいたいが男社会ですから、女性は少数派みたいな感じになるケースが多いと思いますが、

当社の忘年会は、写真を見て頂くとお気づきと思いますが、女性が多い!! (嬉しいな)

たぶん興味がおありかと思い女性だけ紹介します。

写真の中で一番左側でにこやかに笑う女性は不動産会社の社長さん(今年一緒に仕事しました)。その次が私で、私の横のマイクを持っている女性は顧問税理士さん。その隣は整骨院オーナーで私の飲み友達、そして母と青野。写真を撮ったのがマイドータ。

女性7名、男性は6名でした。

今年から甲州さん、お料理も美味しいしカラオケも入ったので、なかなか賑やかな会になりました。

 

ちなみに、左から2番目の黄色いシャツは渡邊です。

全身緑色の私服の時もありましたが、昨日の私服は黄色の濃淡でのコーディネートでした。( ̄Д ̄;)

ポストに投函のまえに

城です。

今日は青野が年賀状のあて名印刷をしていました。

1年にいっぺんの作業なので、印刷が軌道にのるまで、葉書のむきやプリンターの調節でパソコンとプリンターとコピーの複合機の間をいったりきたり。悪戦苦闘。

以前建売をしていた時家を買ってくれたお客様や、仲介をさせてもらった人から、大家さん、業者さん、

30年近く営業しているので枚数が300枚を超え、だんだん送り主の訳がわからなくなってきます。

 

印刷したあて名を、チェックするのが私。

「この人、誰だっけ?」、

「あれ?同じ人2枚ある」

「この人引っ越したはず」、

「この人死んじゃっていないわ…」

などなど…。

(お名前を見て、大体の人のお顔が浮かびましたので、まだ私のボケもまだ大丈夫だと思います。)

 

ということで、青野は残業となりました。

 

年賀状をポストに投かんしたら、正月はすぐそこですね。

猫 ひろし君 この頃

城です。

 

何をしたのか、しないのかわからないうちに……、今日も一日があっという間に過ぎちゃいました。

 

さて、我が家のじぇじぇじぇ3兄弟の子ニャンズたちですが、

もう子ニャンズは卒業し、今はほぼ大人の大きさになりました。

 

 

唯一の男の子、猫 ひろし君は、

中でも飛びぬけて大きくなりまして、ただ今約5キロあります。

 

性格はいたって単純明快で、わかりやすい。

そして、こいつは犬か?と思えるほど人懐こい。

私が帰宅して玄関の扉を開けると、2階から階段を勢い良い降りてきて、お出迎えしてくれます。

そして、「会いたかった会いたかったよ~」と言うかのように、

一歩あるくたびに、足に体をこすりつけてくるので、転びそうになるほどです。

 

写真は、キッチンに立つ隊長が、いつ、おやつのカニかまぼこ(ペット用)をくれるかと

期待の目で、カウンターのオーブントースターに陣取ってじっと見張っている図です。

 

猫 ひろし君の得意技は、前足踏みふみ。

私か隊長の布団の中に入ってきて、わき腹あたりをふみふみ、ごろごろして、お母さん猫を思い出してか、毎晩甘えます。

布団の中に入ることも、前足ふみふみも、同じ兄弟でも、ゆいとあきはしません。

保護したとき、ひろしがイチバンやせっぽっちだったから、

兄弟猫の競争に負けて、母猫からお乳をたっぷり飲めなかったからかもしれませんし、

ただ単に男はいつまでたっても、母親が忘れられないものなのか…。

 

 

だけど、体の大きさにものを言わせて、女子ニャンズを脅かすように、

じゃれているのだろうけど、取っ組み合いが、どう見ても一方的に優位で、

いじめているかのような時もあるので、

そんなときは、猫ひろしを「こらっ、やめなさい!!」と叱りますけど、

「男ってやつは、こうだからだめなのよ」、と隊長も一緒に怒られたりしています。

 

 

 

ページ上部へ