ホーム>STAFF BLOG>2013年11月

2013年11月

賃貸不動産経営管理士

城です。

わたしは、「賃貸不動産経営管理士」の資格を持っています。(とっても長い名称なもので、自分の資格だけど、正確に言えなかったりする。)

どんな資格かと言いますと、賃借人に安全、快適、便利な環境を提供し、貸主へより収益を上げることができるように、設備、建物などのハード部分と、契約、トラブルなどソフト部分、両面から、貸主への適切な助言とコンサルをする仕事の資格、ということになります。

もちろん、資格が無くても管理業全般をやることはできますが、そういう資格があるということで会社の質を上げることができるので、資格ができたばかりの時に取りました。

その資格の5年目の更新の時期が来まして、

ものすご~い、分厚いテキストとDVDが届きました。

それを見て、お勉強して、レポートを書いて提出して、初めて更新になります。

 

だけど、この分厚さ………。ページを開く意欲がわかず、かれこれもう1ヵ月以上、私の机の上に置きっぱなしになっていたのです。

が、先日、当社のきっちり番長 青野が、「社長、そろそろやらないと、期限間に合わないんじゃないですか?」

その一言で、わたくしも重い腰をあげ…、まずはDVDをパソコンに入れて………、

しか~し、せっかちで結果をすぐ出したい十二運「死」のわたくしは、集中力だけは自信あり!!

1日で、内容を把握して、レポート書き終えました。(手抜きはしてません。してませんよ~。)

そして、5年前と変わりがないか、会社名、住所氏名等を記入し、証明写真を撮ってきて貼り付けて、送り返します。

 (わざとぼかしております。)

しかし、5年前の私の写真と、現在の私の写真を見比べると………。

あぁ…ホウレイセンと目の下のシワが……。

5年前の私は、確かに若かった(今に比べて)。あれから、だいぶ苦労している顔だわ~。

(しかし、残った写真はどうすればいいんだろ…、といつも思って捨てられずに引き出しの下~のほうに)

火の用心

城です。

先日夕方の6時ころ、もうあたりは暗くなったころ、事務所の電話がなりました。

当社の管理しているマンションの住人の若いお母さんからで、

「子供がおもちゃを投げて遊んでいて、誤って天井の火災報知器にぶつけてしまい、今、火災報知機のベルがマンション中、鳴りっぱなしなんです…!!」

慌てて渡辺が出かけていきました。

 

報知器の操作盤は、階段の2階の踊り場にあるのですが、止め方が解らず、そこに貼ってあった会社の電話番号に電話して止め方を教わりながら、なんとかベルが鳴るのを止めたそうです。

その間に、住人の一人が本当の火事だと思い(思ってもらった方が間違いないのですが)、消防署に通報し、

電話はしたけどどこから煙が出ているのか状況を知ろうと、携帯電話を持って外廊下に出てきていました。

で、渡辺に誤報だと聞いて、代わりに消防に事情を説明してくれ、と電話を渡されたそうです。

電話で、子供の間違いだったと話したのですが、「もう出動しています。」

ということで、ほどなく消防車が到着。

その後火災報知機の会社の方も到着。

けっこう大ごとになってしまいました。

当事者のおもちゃをぶつけたボク、大きな音が鳴り響くは、消防車が来て、消防隊が部屋に来るわで、

大喜び!!、大興奮!! 若いお母さんだけは、頭を何度も下げて誤っていたそうです。

 

ということで、恐ろしい火事ではないということで、ベルもとまり、一件落着となったのですが、火災探知機のカバーが壊れたという事、探知機の会社の人が修理に来たということで、1万円ちょっとの費用が、当事者のお母さん負担となってしまいました。

暮れを前にして、大掛かりな避難訓練のようなことになってしまいました。

しかし、火災報知機がちゃんとなるのは確認できましたが、その音を聞いて反応した住人は一人だけで、後は誰も出てこなかったそうです。中には部屋にいた人もいたと思うのだけど……。大丈夫かな?

 

消防車が帰る時、ボクは「バイバ~イ!!、また来てね~!!」と元気に手を振っていたそうですが、色んな意味でもう二度と来ることが無いのを、願います。

 

 

こたつと猫

 

城です。

 

11月の最後の日曜日、我が家ではこたつを出しました。 

 

初めてこたつを見るニャンズは、興味深々で回りをうろうろしていましたが、、 

女の子2匹は、いつのまにかこたつの中に入ってまったりとくつろいでいます。

しか~し、ヒロシ、別名ストーブ君は、興味はあっても中に入る勇気が出ません。

こたつの中を真剣にのぞく、ストーブ君

もしかして、ワナではなかろうか?と用心しているのか、

中を探ってはみますが、入ってはいかないのです。

 

一度、こたつの中を覗き入りたそうにしているようだからと、

隊長が、ストーブを後ろからこたつへ入れようと持ち上げたら、

「ふぎゃっ!!」と飛び上がって隊長を引っ掻き、逃げ去っていきました。

 

 

何か思案中…?

そこまで、恐いのか?!

って感じですが、

 

もしかしたら、この前こたつを出していた時には居た、おやじ猫「ちび」のにおいが、どこかに残っているのかもしれません。

血圧と予防注射と宝くじ

おはようございます、城です。

年の初めのころから、ず~っと、行こう行こうと思っていた健康診断。

もう今年もそろそろ終わり近ずいた今日、やっと本日午前中に、会社をぬけて近くの病院へ行ってきました。

聴力とか心電図とか視力とか検査して、レントゲン、採血、尿検査など、そして血圧問診と続きます。

問診では、先生が椅子に座ったとたんに、「城という人名前の人、僕の知り合いにも、いたんだよ。あなた九州の人じゃない?」

「主人が大分です。」

「そうでしょ。その人も九州の人だったから。美人だったんだよ。」と、昔の知り合いの城さんに思い入れがある様子で、城という人は九州に多いとか、城談義が始まりました。

その後、城という芸能人とその出身地について看護師さんも交えて、私の血圧を測りながら花を咲かせているのです。

私は血圧測っているときに、話はしない方が良いだろうと、黙っていたのですが。

測った血圧はいつもより高め。「あぁ、こんな話したせいかなぁ…、」と先生。

 

 

健診後、せっかく病院に来たのだから、この際聞いてみようと、インフルエンザの予防注射今日できるか聞いてみたら、最初は予約が無いと無理です、と断られたのですが、一人キャンセルが出たから、と受けることができました。ラッキーでした(そこは)。

 

ラッキーついでに、帰り道、宝くじを買って帰りました。

 

 

 

 

消費税アップ前のこの時

城です。

ここのところ、毎日お天気が良くていいですね。

勤労感謝の日の本日、わたくしは、まじめに机の前にて、勤労中であります。

日頃お疲れの勤労者の皆様、2日間の連休でゆっくりお休みくださいませ。

 

しかし、最近こっそり密かにけっこうまとまった額のものを買ったり、まとまったお金を使う方、増えているみたいですよ~。

昨日、お向かいのKさんも新しいブルーレイのDVDレコーダーを買ったって言っていたし、

長年おつきあいが続いていた従妹夫婦が、結婚式と披露宴をあげたり、

いつかは買うつもりだったからと、家を買っちゃった人もいるし。

 

 

 

うちの隊長も、来年の結婚記念日(5月)は節目だから、その時に何か買ってやろうかと思っていたけど、

消費税が上がってしまうので、前倒しで今買ってやる、とか言ってゴルフのアイアンセットを、自分の分とわたしの分を買ったのです。

今あげた人たちに共通して言えることは、普段はお金を使わない人たちな訳ですよ。

まとまった額になればなるほど、消費税の額も大きくなるわけで、当然といえば当然かもしれません。

普段もったいない精神でいきていらっしゃる方が、お金を使う時、が今、なのですね~。

 

でも、半年くらい前倒しの結婚記念日のプレゼント…、というのも、なんだか嬉しいような悲しいような…?

どちらにしても、頂けたのだから、文句はございませんが。

 

皆さんも、いつか買おうとか、やろうとか思っていたことは、今がその時かもしれませんよ。

私もこの際消費税前に……、何しようかな? 買いたいもの、やりたいこと、ありすぎて……。

 

もし、「ええい!! この際、新居に引越ししよう」、と思っている方は、当社がお手伝いいたしますので、お忘れなく!!

良い夫婦?

城です。

今日は11月22日、いい夫婦の日、と、朝からテレビやラジオでご親切に教えてくれます。

 

だから何ナノ?って開き直って聞いてみたいような?

今日は良い夫婦の日だから、と夫婦差し向かいで夕食にワインなんて飲んで、

プレゼントし合っている夫婦がいたら、

たぶん、それはきっと、ふだん良い夫婦じゃないから!!

……と思うわたくしは、ひねくれていますか?

母の日にもちょっと似たような気持ちになる、素直じゃないわたくしです。

 

 

しかし、夫婦というのはお互いの立場に立って思いやることが大切なわけです。

いつも家に居て楽をしていると思っていた妻が、突然入院などしたときに、

夫が代わりに家の事一切をやってみて、

家事や子育てがこんなに大変なものだったと、初めて認識した…というのは、時々聞く話です。

そうです。

家にいる主婦は何の評価も報酬もなく、家事や育児や介護をするのが当然のことで、それを24時間365日続けるのですから。

それは、家族、夫婦の感謝の気持ちや愛がなければ続けられないのです。

 

でも今どきって、少しは夫の立場になって考えてあげた方がいいんじゃない?って思えるくらい、妻が強い場合もありますよね。

夫が毎日頑張っているのに、不満ばかり言って感謝が無く、自分は贅沢して夫のお小遣いは微々たるもの…、

なんて可愛そうなケースもあるようなので、奥様がたも、どうか旦那様の日々の努力に感謝してあげて

ください。

家族の生活、教育、進路、レジャー、老後、全てが自分の肩にのしかかって、会社では営業成績を厳しく言われ、リストラにならないように心配し、どこにも弱音は吐けず、飲みに行くにも妻に遠慮しながら…。

うつになってしまう人が大変多いと聞きます。

夫も、けっこう辛いのですよね。

 

という訳で、お互いあまり我慢しないで、真面目にやらない。

適当に、楽~に、生きたらいいのじゃないかな?っと。

そんな所ジョージ風に適当に適度に良い夫婦が、良い夫婦かも。

 

 

懇親会

城です。

火曜日は全日不動産協会の、東京城東第一支部の法定研修会でお勉強してきました。

その後、夕方からは懇親会が始まり、つまりパーティというか忘年会のような会があり、参加してきました。

城東第一支部は、足立区と葛飾区が地域となっていまして、参加するのは町の不動産屋の社長さん方です。

私は、今まで研修会しか参加しなかったのですが、人とのつながりが大事だし顔を広げるチャンスだと思い、

去年あたりから懇親会にも参加するようになりました。

お料理やお酒が出るのですが、知っている方が誰もいない中、名刺交換をしても話も盛り上がらなかったり、最初はポツンとしていました。

ある時、役員さんが気を聞かせてくれて、女性の社長さんの席をまとめてくれました。

女性同士自己紹介から盛り上がり、不思議な連帯感の輪ができ、また会えるかな?と楽しみな会になりました。

今年は、その女性社長の会社のひとつと仕事もできたので、やっぱり顔を広げネットワークを広げることは、大事だなぁ、と実感しました。

昨日新しく会社を立ち上げた女性社長さんが、また一人テーブルに加わり、総勢5人となりました。

女性社長が並んだテーブルは、他のテーブルの会員さんが、このテーブルは華やかでいいなぁ、と言ってくれるし、ブッフェ形式のお料理も遠慮なく取りに行って食べれるし、良い感じであります。

 

ビンゴ大会もあって、メロン、あたりました。

女性全員何かしらあたりました。

一番良いのは、タラバガニだったので、わたしは中吉、かな。

食の見解

おはようございます、城です(*^-^)。

 

今朝の渡辺の話ですが、

「火曜日の夕飯に奥さんが作ったポテトサラダが、次の日の朝も出て、夕飯にも出たから、

もう誰も食べないんだな、と思って捨てたんです。」

「そうしたら、奥さんが「なんで捨てるの?!、私が食べたのに…!!」と、怒ったんです。」

と、言うのです。

私と青野で、「それは捨てるのが、間違ってるよ~。」「一生懸命作っているのに」「まだ食べれるのにもったいない!」「だいたい残ったのなら、渡辺さんが最後食べちゃえばいいじゃない。」とブーイングの嵐。

渡辺の特技は、すぐに捨てる、あっさり捨てる、です。食べ物に限らず、何でもいつまでも取っておく、ということはしません。会社でもいらないものは、どんどん捨ててくれ、何でもとっておきたい方の私にはいい刺激です。

それにしても、渡辺家は食が細いようです。

そして、食に執着が少ない家のようです。

カレーを作っても、家族6人居るのに、残って冷凍するとか言ってます。

 

青野家は、カレールー1.5箱分を一気に作って、わざと余らせて冷凍するそうです。

これは家事を省く工夫でしょうね。

 

うちは、カレーを冷凍したことはありません。

冷凍するほど残ったことが無いからです。

次の日も持たせようと、沢山お鍋に作っても、朝にはだいたいなくなります。

 

 

私がカレーを作る場合、ジャガイモなど野菜とお肉でその時あるものを入れて、水をいれ、

丁度いい感じのとろみと味になるまで、ルーを入れる、というだけで、

最初からひと箱半とか、ひと箱とか、決まっていないで作るアバウトさです。

だから、我が家には、いくつかのカレールーが何箱か用意されているのであります。

 

それ以外にも、たまには常備菜や煮込みを作っておけば、2日くらいもつかな?

と大目に作っておいても、たいてい朝ご飯のころには、無くなってしまうのです。

夜中に、もう一食食べるバカボンがいるのが、大きい原因だと思われますが…。

これじゃ、常備菜じゃないだろう!!、と嬉しいような、悲しいような…。

 

うちは食に執着心が人一倍ある、言い方を変えれば食い意地が張ってる家なのです。

超天然です^^;

今日の社長は不動産の研修会に出席のため、

また、ブログ担当をしています青野です。

営業の渡邊さんは忙しいといって、

避けています(>_<)

 

さて我が家には二人の娘がいます。

この二人、性格がまったくちがいます。

上の娘は、小さいころから超がつくおませさん。

高3となった今は、考え方も大人になり、良い愚痴の相手

となり、助けてももらってます(^_^;)

 

ところが、下の娘は超天然(-_-)

中1ですが、おしゃれにあまり興味もなく、

へたをすると鏡も見ない。

平気ではだかになっちゃうし・・・(>_<)

超天然な発言&行動をします。

 

ある日の事。

翌日に部活を休む事情があった時、

「明日部活がないんだけど、休むっていつ言えばいい?」

えっ?

ないなら言う必要がなんじゃないの?

「あっ、そうか」

(T_T)

これは序の口。

いつか、書き留めて出版したい(^_^;)

天然アイドル、タレントには決して負けません!

 

おかげでいつも笑わせてもらってます Laughing

同じに育てたつもりですが、

やはり個性が勝つようです(^.^)

 

将来少し不安がありますが、

最後は愛嬌で乗り切ってほしいと願う母です。

 

 

年末に向けて

城です。

11月も中旬を過ぎようとして、そろそろ、やらなければならないこと…。

お歳暮の送り先の確認および品物を選ぶ。

年賀状の枚数確認とデザインを選ぶ。

この暮れの2大巨頭を、本日から少しずつ初めて見ました。

けっこう、大仕事で、肩が凝ります「(´へ`;ウーム。

 

 

そして、もっと大仕事、わが家の大掃除。

これは、どうしよう…。

プロに頼んでしまおうかぁ……!!

 

当社の賃貸マンション等の退室後、室内の掃除を頼んでいる会社 ピーアンドアールさんを、

私の忙しい友人やお客様の要望で、紹介したのです。

個人宅へ換気扇やお風呂やトイレや窓を、ピーアンドアールの社長自ら掃除してくれるのですが、

一度頼んだ人は、大抵リピーターになりますね。

「すっごいきれいになったのよ~、丁寧にやってくれるわ~。」と喜びの声で、

今年も、「また頼んで~」、と電話がかかってきました。

やっぱり、プロがやると、違います。

 

年末に向かって他にやらなければならないことは…?

まだまだ、ありますよね~。

忘れや漏れが無いようにしないと。

この先、せわしなさは、加速していくばかりでしょうから、

風邪にもインフルエンザにもかからないように、そして交通事故にも気をつけて、落ち着いてまいりましょ。 

ページ上部へ