ホーム>STAFF BLOG>2013年3月

2013年3月

城です。

今日も寒いです。

 

今日は3月の最後の日です。

 

 

 

春3月、賃貸物件が結構動きました。

 

家を買われて、賃貸を出て行かれるご家族、家を売って賃貸に住むご夫婦、

自宅建て替えのための間、仮住まいの家に引っ越しをする家族、

貸家が老朽化のため立ち退きで引っ越しする家族、

地方から就職のため引っ越してくる方、転職のため引っ越しをする方、

ご病気で実家に戻る方、

事業拡大で2店舗目を出す会社…、等々。

 

梅津不動産もいろいろな皆さんの節目に立ち会わせていただきました。 

ご縁のあった方、残念ながらご縁がつながらなかった方も、皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

さくらの歌は、たくさんありますが、中でも私の好きな

『いくたびの櫻』聞いてみてください。

さよなら さんがつ

最近、フットワーク軽い城です。

 

なんですかね~、

今日はまた、びっくりするほど寒くなりました(≧ヘ≦)

 

皆さん、風邪ひかないでくださいよ。

寒いおかげで、桜はまだまだ持ってますね~。

 

写真は、もちろん水元公園です。

散歩するときは、冬用の上着でどうぞ。

公園の猫ちゃんは、毛皮来ているから、

寒くないようで、ノンビリ花見中。

3月も、あと1日で終わりです。

 

 

皆さんは、どんな3月でしたか?

卒業や別れのあった方もいらっしゃるでしょう。

私にとっては、偏官で羊刃がついた恐ろしげな月でした。

でも、負けてはいられないと、頑張っていろいろやってみましたが、

もちろんツイていなかったわけで…(T_T)。

早く来い来い、4~が~つ!!

頭上注意

城です。

昨日は、またまた茨城(笠間)方面出張しまして…、

それで高速道路から景色を眺めて気が付いたのですが、まだ茨城の桜は満開ではないです。

満開は、あと1週間くらい先じゃないかというような感じです。

柏・三郷あたりまでは満開でした。

水元も、まだ桜さん頑張っていますので、今朝少し早起きして、水元公園の写真をとってきました。

 

水元公園の中央広場は、それは広ーい広ーい草っぱらですが、その一番北側に、かたまって並んでいる桜の木。

この木の下は、良いお花見スポットだと私は思っています。 

ここの桜の木の下に座って、どこまでも緑が続く広場を見渡せば、のんびり ・ スッキリ するでしょう。

飼っている犬なんかも、一緒に、何ていうのもいいですね。 

 

でも、気を付けてくだされ。

この桜の木には、鳥(ひよどり?)が、花の蜜を吸うため、

たくさんピーピーと鳴きながら、飛び交っています。

だから、ノンビリするなぁっと、上を向いて大あくびした瞬間に、

フンが口の中に…、なんてこともあり得ます。

右の写真をクリックして拡大してもらうと、

枝の間に、鳥が飛んでいるのが写ってます。

こちらもクリックして頂けると、

二羽、枝に停まっております。

 

他にも、ただ今カラスが巣作り真っ最中でして、

活動がいつも以上に活発です。

鳥の鳴き声を注意して聞いていると、ウグイスやひばり、などいろいろな鳥の鳴き声もいたしますが、

水元公園を歩く際には、くれぐれも上空には注意してください( ̄ー ̄?)。

置かれた場所は・・・。

こんにちは、青野です。

本日は社長が出張中にて、出番となりました。

最近めずらしく本を読みました。

ベストセラーにもなっている「置かれた場所で咲きなさい」という本で、

著者はシスターであり、学園理事長の渡辺和子さんです。

解釈は人それぞれだと思いますが、

自分が置かれた場所がどんな場所でも、

考え方を変えて、前向きにという事なんだと思います。

本当につらいときには救われる本かもしれません。

私としては特に、98%は人を信じて、2%は許す気持ちでと

書かれていた事が印象に残りました。

どんな人間でも間違ったり、傷つけたりするのだから、

2%は心にゆとりをもって許す事だそうです。

ついつい、友達でも嘘をつかれると腹が立ちますが、

2%許す気持ちがあれば、怒りが少しはおさまります。

50%もうそをつかれたら、そのときは許せる自信はありませんが・・・(>_<)

当然わたしも2%以上多々間違い、傷つけもするのですが、

その2%によって友達が許してくれいるのでしょう。

心広き友達に感謝!(^_^;)

 

 

 

 

ねがわくは…

城です。

今日は私の好きな桜の和歌を、ご紹介します。

 

 

ねがわくは花の下(もと)にて春死なん そのきさらぎの もち月のころ     西行

 

 

平安時代末期の乱世に活躍した西行さん。

NHK大河ドラマ『平清盛』では、藤木直人が演じ、良い男でしかも色男で描かれていた西行さん。

 

約900年も前の歌なのに、強く心に響きます。

如月の月は2月ですが、陰暦だと桜の咲くころで、もち月は満月

叶うものなら、満月の夜の、満開の桜の木の下で、死にたい…、とは…。

2つの完璧な美しいものに囲まれて、刹那的だけど、なんだか満足して死ねそう。

一説によると、西行は本当に望みどおりに、桜の咲く満月の日に亡くなった、ということです。

 

私も、願わくば…。

 

卒業式に…

城です。

 

今日は葛飾区の小学校の卒業式の日です。

当社の渡辺と青野は共に小学6年生のお嬢さんがいて(学校は違いますが)、名前も同じ、かなこちゃん。

というわけで、二人とも保護者として卒業式に出席しているため、ただ今私と母で店番中。

 

 

昨日はバカボンと大喧嘩しました。

全く、一人で大きくなったみたいな、生意気な口のきき方に、無性に腹が立ちます。

親が手助けしなければ何一つ、一人前にできないくせに!!

感謝のひとかけらも、口にしないどころか、人をババアあつかい。

 

親ほど、割に合わないものは無いです。

 

今朝は、バカボンの洗濯物だけ避けて、洗濯してきました。

もう、二度と洗濯してやらない。

 

犬や猫なら、ごはんを食べさせてあげれば、なついて裏切らないけど、

皆さん、子供にお金をかけても、何の意味もありませんよ。

と、卒業式の日に思う、城でした。

 

春のハードスケジュール

今朝から目の下が腫れている、城です。

昨日、葛飾区から江戸川を、三郷、吉川、とさかのぼる川沿いの土手を走ると、

左には桜が、 

 

土手側には、菜の花が一面に咲いていますした。

菜の花は特に、相当な長い距離で咲きみだれています。

 

川の向こうの千葉側も、同じように菜の花で黄色く染まってます。

 

昨日は午後2時ころまでは、暖かく、風もなく…、

 

最高のゴルフ日和でした(゚∇^*) テヘ♪

 

で、一日は終わらず…、

3時には会社に戻って、仕事に戻る。

お客様と高砂の新築現場を見に行ったりと働き、

そして夜7時ころには、

水元公園でさらっと夜桜見物。(だって、散る前には見ないと)

 

その後、近所の出羽へ…。(やっぱり花見したらお酒はいかないと)

さくら肉と、貝のお造り…、

こちらも「春」の二品。

 

 

今朝、鏡に向かったら目の下が、Σ(゚д゚;) ヌオォ!?クマ?いや、なんだか腫れている?!状態に。

疲れた体を、さくら肉で補ったと思っていたけど、

ちょっとハードスケジュール、過ぎたかしら…。

というわけで、私の顔がくずれているのは、あっという間に桜が咲いたのが、いけないのです。

ひこうき雲

城です。

今日の午後2時半ころ、売地の現場を見に行った時、

道路の向こう側の歩道に、大きな望遠レンズを三脚にセットしたおじさんが、空を眺めているのです。

カメラの方向を見ても、あるのは空だけ。

思わず、「何を撮っているのですか?」と、聞いてみました。

その方が狙っていたものは、昼の月と、飛行機が重なる瞬間、だそうです。

言われてみれば、昼ですが月がうっすらと出ています。

その方角を、時々飛行機が飛ぶのも見えます。

この辺は、成田を発着する飛行機が良く飛ぶのは知っていましたが、

月と、飛行機が重なる瞬間が、シャッターチャンスになるとは、知りませんでした。

でも、そんな偶然は、めったになく、ただ、ひたすらそのタイミングが来るのを待っているそうです。

ちょうど、飛行機雲を出しながら飛んでいく飛行機があったので、

飛行機雲が出るのと、出ない飛行機があるけど、あれは何故でしょうねぇ…、とつぶやいたら、

高度8,000M以上の上空を飛ぶと、飛行機雲が出るそうです。寒い空気で、息が白くなるようなことらしいです。

でも、成田を離発着する飛行機は、この辺をそんなに高く飛ぶことばない。

だいたいは、アメリカから飛んでくる韓国の飛行機が、日本上空を通過しているのが、多い。

もしくは、大阪方面へ向かう飛行機だ。

と、教えてくれました。

その方の望遠レンズだと、飛行機の色やマークまで見えるらしいのです。

なんか、勉強になりましたぁ。

これから、飛行機雲を見るたびに、絶対思い出します。

その方、野鳥や富士山なども撮るらしく、いろいろと詳しくて、話が弾んでしまいました。

皆さん、人の話は聞いてみるものですねぇ。

彼岸のさくら

最近、水玉だったり、ヒョウ柄だったり、車に模様がついてる、城です。

昨日は暖かなお彼岸の中日でした。

そして当社の定休日である水曜日と、国民の休日が重なる、貴重な日でした。

で隊長と、松戸へ出かけてみました。

用事はあっという間に済んだので、たまには…、と伊勢丹へ寄ってみる。

日頃の食材は近くのスーパー「ライフ」が定番の私たち夫婦ですが、たまには…美味しいものでも見てみよう…、と地下へまっしぐら。

 

春の装いの洋菓子、和菓子、御惣菜…、お彼岸のおはぎ類、と目にも賑やか、春色のお菓子やご馳走が並び、どこもお客でにぎわっています。

 

試食をさせてくれるのですが、特に特設コーナーは、試食の量も多くて、これも食べてください、あれも食べてください、と出してくれ…、食べ終えるのに苦労したり…、

こんな豪華なの、試食して良いんですか?と、思ったりしながら、思ってないふりして食べたり…。

たまに行くデパ地下は、楽しいところです♪♪

 

でも、皆さん真剣な顔して試食して、たいてい試食すると、買うのですねぇ。伊勢丹のお客は良いお客だ。

お店もそれだけ自信があるから、どんどん食べさせてくれるのでしょう。

かく言うわたしたちも、お彼岸のお使い物のお菓子を買った以外に(これは予定していたもの)、

試食して美味しかった宇都宮餃子と、生マグロが美味しかったお寿司と、珈琲豆を、思わず買ってしまいました。

松戸の帰りに、水元公園桜堤を通る。

桜は5分咲き。

 

 

でも、急に咲き出したからか、花見の客はいません。

今度の週末は、桜も、花見客も、満開でしょうね。

 

 

そして、母の家で仏壇に手を合わせた後、お昼にお寿司を頂いたわけでございます。

帝釈天の寅焼き

どうしておやつを食べるのですか?そこにおやつがあるからです、の城です。

 

今日はまた、春を通り越して、初夏の陽気でございましたね。

わたくし、午前中は汗をかきかき、外でお庭の外構工事についての打ち合わせをしておりましたが、

首の後ろが、日差しでヒリヒリと、熱かったです。

 

 

今日、またまた届きましたよ。どら焼き!! ちょっと変わった名前で、塩どら焼き!!

 

塩どら焼きって、どんなのかと思ったら、

あっさりしたクリームと小豆が混じってて、

ちょっと塩味が効いた甘さで、美味し~い。

 

ネーミングがおもしろい、

「フーテンの寅焼き」

 

 

 

持ってきてくださった方が、

「柴又のい志ゐさんって、有名だよ」、って教わって、思わずネットで調べてみました。

 

柴又帝釈天の参道にある「い志ゐ」は、アド街ックに出てから、かなりの人気店になったようです。

食べログを見ると、美味しそうな写真がイッパイ!!

米米ロールというロールケーキが一番人気らしく、

それ以外にも、申(サル)まんじゅうというものや、ネーミングも面白い。

 

今まで知らなかったとは、損した気分。

今度、米米ロールを柴又に買いにゆこうっと、思った、本日でございました。

ページ上部へ