ホーム>STAFF BLOG>2013年2月

2013年2月

もうすぐ春

花粉予防にマスク着用中の城です。

 

 

流行に乗ったと思った渡邊は、結局流行に乗れず、本日生還してきました。

高熱出たけど、インフルエンザじゃないんだって。

まぁ、不幸中の幸いですけどね「(´へ`; 。

 

 

 

さて2月の最後の日、ゴキブリに強く頼りがいのある青野は、

幸田小学校の6年生の娘さんの卒業を祝い会で、今日は早く帰りました。

そう、そろそろ卒業シーズンなのですねぇ。

 

卒業を祝う会は、体育館で、お母さんと子どもたち、先生が同じテーブルを囲んで、お菓子やジュースなどを食べて歓談。

ステージでは、子供の出し物、お母さんの出し物、先生の出し物、などがあると思います。

わたくしも2回経験がありますが…、確かそんな感じでした。

 

委員になった保護者は、暖房器具やらテーブルやらお菓子などの準備やらしなければならないから、大変なのですよ~。

お母さんの出し物も、一クラス単位で、何をやるか相談して…。

マイドータの時の母親のだしものは、無難にコーラス。

バカボンの時は、お笑いで当時はやったイラストを描いて、「悲しいとき~、……。」を真似して、

小学校6年間を表現した…のをやったような気がします。

 

差し入れのおやつ、桜のケーキ♪♪

 

当社の渡辺も青野も小学6年生の娘さんがいて、しかも同じ名前、という偶然!!

それでこの春は卒業式、入学式と忙しいようです。

ちなみに葛飾区は3月25日が卒業式だそうです。

春はそこまできています。

 

 

息の根

城です。

特別な日の次の日は、ただ忙しく過ぎました…。

そして、そんな忙しい日に、でっかいゴキブリが、私の机の下で死にかかっているのです。

何故に死にかかっているのか、わかりません。

久しぶりに見かけたアヤツは、ひっくり返ってまだジタバタしているのです。

相当迫力あります。

精神的に私より強い(?)青野さんが、強力ゴキスプレーをかけたら、ピタッと動きが止まりました。

 

 

とどめは刺せたようなので、これをかたずけないといけない。

でも、青野さんは、来店されたお客様との対応。

私は立ったまま待っていてもしょうがないので、紙を両手でもち、なんとか恐る恐る持ち上げて、

お客が帰ったところで、青野さんにパス!!

 

 

見かけによらず、柔な心の持ち主の社長、城でした(゚∇^*) ♪

 

特別な日

眉間のしわが深くなってきた、城です。

今日は実はわたくしの誕生日です。

でも、朝からずうっと、今日はクレーム処理です…(´_`。)グスン

渡辺は昨日から引き続き休みなので、変わってくれる人もいませんから。

(いつもは、変ってもらってる?ヾ(- -;))

あぁ、気が滅入る( ̄_ ̄|||)

白髪がまた増えた…。 

 

もう半世紀以上生きてしまった私です。

人はだれでも生きていれば1年に一回、平等に歳をとるものです。

年月を経れば、だんだん全てが古くなってきます。

人間の体も、脳みそも、それなりにあちこち傷んでくるもので…。

でも、そんなことは自然のことですから、わたくし全然かまいません。

私も自然の一部です…。

 

 

 

しか~し、長く生きれば良い事もいっぱいあります。

大事なものや経験はどんどん増えてきます。

今まで気が付かなかった事に気づいたり、新しい知識を知り、利口になったり、

若いうちは全て自分の力だと思うことが間違いだと知ったり、感謝することを覚えたり…。

外見は古くなっても、中身は、努力すれば豊かになれるとも思います。

まだまだ未体験なことがたくさんありますから、

どんどん新しい事に挑戦し、学び、いろんな事を経験していきたいと思ってます。

もう歳だから…、は私の人生には禁句!!

チャレンジ精神で、中身だけは、中身だけでも、成長していきたい。

そんなこと、ちょっと改めて考えたりする、やはり特別な日、誕生日です。

 

 

 

心はいつもフレッシュ、城でした(゚∇^*) テヘ♪

流行に乗った男

城です。

今朝10時ころ出社したら、渡辺が大きなマスクをしています。

どうしたの?と聞いたら、

昨日の夜はちょっと風邪気味かな?という感じで就寝し、朝になったら熱が39℃Σ(゚д゚;) もあったというのです!!

体中が痛くて、頭がぼうっとしているとか…。

でも9時半に来客予定だったので、出社していたというのですヾ(- -;)。

 

 

話を聞けば、典型的なインフルエンザ…。

早々に帰宅してもらいました。

 

 

 

早く回復するのを祈るばかりです(もう、月末なんだからさぁ…)。

 

 

 

野鳥写真家Sさん撮影 ミソサザエ 

 

2週間まえには、我が家のバカボンがインフルエンザにかかり、仕事を1週間くらい休みました。

家族の者は誰もうつらなかったので助かったけど、今度はどうだろう?

 

 

インフルエンザは、まだまだ流行中。

でも、この流行には乗りたくない!! 

 

 

疲労、寝不足で体力が落ちた時が危ないでしょうから、体調管理には、皆様くれぐれも気を付けましょう。

私も遊び過ぎに注意しようっと。

制服のスカート丈

こんにちは、青野です。

きょうのブログの代打となりました。

さて、我が家の娘は高2なんですが、すっかりギャル化しています(T_T)

スカートは超ミニ化し、目元は黒くなんだか悲しい限りです。

寒いし、下着が見えちゃうからなんとかしなさい! といっても

聞く耳もたず、「いいのっ!」の返事があるだけ。まったくあきれます。

でもさすがに寒いらしく、ある日、

「どうして、女子の制服にズボン(パンツ)はないのか」と。

そういえばそうですよね。

下着が見えるとか、長さがどうのというならば、

なぜ、ズボンを作らないのか・・・。

やっぱり、かわいらしさがないとかで、高校の不人気になるんでしょうか?

でも、昔は必ずスカートだった看護師さんも今やズボンが当たり前。

いつか制服のスカートがなくなる日がくるのでしょうか。

私の時代は良かった。かれこれ金八先生のころ、

スカートは長いのが当たり前。

生足をだす事もなく、寒い冬はジャージをはいてもわからない。

いい時代でした。ああ、なつかしい・・・。

 

たかはた果樹園

城です。

私の母は山形県の高畠市出身です。

高畠市は宮城県と山形県の境にある置賜盆地にあり、寒暖の差が激しい土地柄のせいか、

果物がとても美味しく、さくらんぼ、洋ナシ、ぶどう、リンゴ、などの果樹園がたくさんあります。

で、我が家には、親戚などから産地直送の果物が送られてくるので、子供のころから果物だけは、美味しいものを食べるころができました。

その点だけは、贅沢に育ったような気がします。

で、その高畠の果物を、同じ高畠市で加工したジャム。

たかはた果樹園のフルーツジャム、これがまた美味しんです(*/∇\*) キャ

当社では、お客様への贈答品として、何十年も取り寄せています。

でも、私はもう15年以上食べていませんでした。

大目にとるのですが、何故かいつも足りなくなるもので、私の口に入らなかったのです…。

 

今回、お年始用として取ったものが、やっとあまったので、ひっさしぶりに食べました。

たかはた果樹園のジャム、美味しかった~♪♪

 

ラベルにフルーツジャム、って書いてありますが、本当にその名はぴったり、フルーツジャムです。

どういう事かと言うと、ジャムを食べているというより、フルーツ食べてる感じです。

今日は、いちごジャムの方を、パンに塗って頂きましたけど、

本当はスプーンですくって一ビン一気に食べたかったぁ。

他のジャムは、あまり甘くないとはいっても、一度に一ビンは無理だけど、

これならあっという間に一ビンいけますヾ(- -;)

たかはた果樹園には、フルーツソースや、ドレッシング、ゼリーやビネガーもあります。

 

 

写真のとおり二瓶しかないので、我慢してちびちび大事に食べることにします。

社長のやる気

今日はラーメン臭くない城です。

大きな声では言えませんが、わたくし今日は夕方5時に出社しました。

5時まで何をフラフラしていたかというと…、いろいろと…?ヾ(- -;)

大会社の大社長でも無いのに、梅津不動産の社長は、いけませんねぇ。

ちょっと、ぐれかかってますかね…?

おかげで、社員一同大忙しだったようです。

でも、忙しくて良かった~\(*^▽^*)ノ !!

社長がいない方が良いのか?

5時からでも出社する社長、やる気はある?! のか、無いのか?!

もちろんありますですm(_ _)m。

悲惨なはなし

石橋は突っ走ってわたる、城です。

 

昨日の石橋のわたり方では、反響があってコメントもいただきました♪♪。

ちなみに家に帰って、隊長の石橋の渡り方も聞いてみたら、

落ちるだろうと疑って、叩いて叩いて、結局石橋は落ちてしまい、ほら、やっぱり落ちた、俺は見抜いていたんだ、そんな手にはだまされないぞ。石橋なんて無くても渡れる、と、飛び越すそうです(笑) 十二運(病)

あなたの渡り方も、良かったら教えてください。

 

さて、粉雪が舞う寒い寒い本日。

私はお昼に外に出るのが嫌で、昨日に引き続き、ストックしていたカップ麺で昼食にすることに。

そのカップ麺は、でか盛りとかいうやつで、普通のよりカップが大きい。

パソコンを見ながら、二日続けては、飽きるなぁ…と思いながら、

カップをつかもうとした瞬間、

私の手が小さいせいか、横からつかもうとした指をカップがすべってすり抜け、横に飛んでひっくり返ってしまいました( ≧Д≦) 、 、 、!!。

まだ2割くらいしか食べていなかった、でか盛りのカップ麺と汁が…、

机の半分とその下の床と、

サンダルに履き替えていたので、机の下に置いてあったブーツと、

着ていたニットのカーディガンに…(T_T)、

ぶちまけられたので、ございます。

どんな悲惨な状況だったか、ご想像ください。

 

その後、ティッシュと雑巾で拭き拭きしていたら、机の引き出しの中やデスクマットの下やらにも、

汁は入り込んでいて…。

ブーツの中にも、入ったし…。

ということで、今日のわたくしは、ちょっとカップラーメン臭くヾ(- -;)

そして、お腹が減っています(T_T)。 

 

梅津不動産もカップラーメン臭が漂っています。

石橋のわたり方

城です。

会社での会話の中で、事務の青野が、自分の臆病さを例えて、

「私は石橋を叩いて、叩いて、叩き割ってしまうほうですから…。」、と。

「もしどうしても渡らなければならないなら、まず命綱を向こう岸に渡してから、渡ります。」と言っておりました。

なるほど~。そういうタイプですか~(*^-^)。十二運は『冠帯』

 

 

ちなみに、私はどうだろう?

いざ、向こう岸に渡りたいと思ったら、石橋にヒビがあるから危ないぞと予測しても、最悪なこと想定しても、

石橋が崩れる前につっ走って渡り切ろうとする、そんなタイプです。Σ(゚д゚;) ヌオォ!? 十二運『死』

 

もう一人の営業社員渡辺は、

石橋が落ちるとか、ヒビがあるんじゃないかとか、一切気にせず、ズンズンずんと、真ん中を笑顔で渡っていく、タイプだと思います「(´へ`;ウーム。 十二運 『帝旺』

 

 

ちなみに母は、石橋の前で、ずうっと渡ったらどうなるだろう?大丈夫かなぁ?と考え込むタイプ、誰かに促されて渡るでしょう。 十二運『胎』

 

 

石橋の渡り方も、人それぞれだし、

石橋自体も、落ちてしまうものもあるし、びくともしないのあるし、どれがベストかは一概には言えない訳ですね(゚∇^*) 。

名言 そのに

城です。

昨日のブログでは、有名な宮沢賢治さんの詩をもじってしまいました。

このあいだは、元サッカー選手バッジョの名言をご紹介しまして…。

わたくし、結構名言好きです。

この数年、良い名言を見つけると、手帳に書き写しています。

落ち込んだり、迷ったりしたときは、それを読み返します。 

 

今日は、その手帳に書かれている言葉の一つ、徳川家康公の東照公遺訓をご紹介します。

長い文章の、好きな部分の抜粋です。

 

 

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし、急ぐべからず。

 

 

 

勝つことばかりを知り、負くることをしらざれば、

                     害その身に至る。

 

 

 

堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。

 

 

良い事言いますね~、徳川家康!! ヾ(- -;)

さすが苦労して最後に天下を取っただけのことあります。

この三つの言葉は、日頃、腹が立つときとか、物事が思うようにならない時などに、けっこう役に立つ、まさしく名言です。

徳川家康だって、険しい人生、我慢して送ってきたんだ!!、ってね(ー_ー)(私はそこまで険しくないだろ?!と、自分でつっこむ)。

 

 

東照公遺訓の他のことば

不自由を常と思えば不足なし

心に望みおこらば、困窮したる時を思い出すべし

及ばざるは 過ぎたるに勝れり

 

こちらの3つは、わたくし的には特に好きというほどではございません…。

けっこう、不自由を我慢できないタイプ?!で、何事も過ぎるほど望んでしまうもので…( ̄ー ̄?).....??

 

ページ上部へ