ホーム>STAFF BLOG>2011年9月

2011年9月

母は泣けてくる…

城です。

今日は忙しいです。月末ですので…。

明日から土日で銀行も休みだから、本日の3時までにと、あせって動いている、

森下と渡邊、そして私は留守番中…。

さて、いよいよバカボンも2学期が始まって、大学に通いだしました。昨日のバカボンとの会話。

「しっかり勉強してよ。今度こそ、ちゃんと単位を取って、実習にいけるんでしょうね?」

「実習にいけるかどうか、それは、教師の先生が、どれだけ頑張って俺を指導するか、によるよ。」

だって。

小話でした~。で、笑っている場合ではないのだ~~~!!!

息子よ~、お前が頑張れ~~~!!! Cry

頼む~~~ Cry

屋根裏の猫

城です。

我が家は2階が、LDKです。

夕飯の用意をしていたり、テーブルで食事をしていたりすると、

何か視線を感じる時があります。

その視線の主は、チビです。

我が家の「おやじ猫チビ」が、ロフトからこちらを、

私たちを見下ろして、いるのです。

 

ロフトは、チビとバカボンの部屋です。

もとい、バカボンとチビの部屋です。

毎日毎晩、チビがスタタタタッと

このはしごを駆け上がり、駆け下ってくらしています。

バカボンには一応、1階に個室もあり、そこは勉強机と箪笥がありますが、

その部屋の机でバカボンが勉強をしたのは、小学生から今までで、

両手の指で数えると、指が余ります…。(だからといって、他の机で勉強したこともありません。)

1階の部屋は物置と化し、

このロフトに置いたベッドで、チビと一緒に暮らしているわけです。

猫は、高い位置にいる方が優位だと聞いています。

だから、高い所が好きだし、安心なのでしょう。

 

私たちを、上から目線で見下ろしています。

この目つき…。

この家のボスのつもりで見ているのか…。

バカボンが動くと、目が追っています。

 

おいらの相棒、早く上がって来い!!

って感じかな…?

「ここは、おいらと相棒のスイートルームだい。」

スリ・スリ・スリッ…。

眠れない夜は…

昨日、万葉集の秋の七草の歌を、ブログに載せてから、

学生のころ古典の授業は大嫌いだったけど、

万葉集だけは興味があったことを思い出しました。

昨夜、なんだか頭にいろんなことが浮かんできて眠れなくなり、どうしたら眠れるかと思い、

携帯電話のネットで、万葉集の歌を見ていたら、いつの間にか寝つきました。

見ていたのは、万葉集の中でも防人の歌です。

遠い遠い地に、防人に行かされた人たちの、大事な家族、妻や子や両親を置いていく寂しさ悲しさ、

見送る人の切なさつらさが、 切々と歌われています。

昔の人も、今の人も同じなんだなぁ、なんて思いつつ…。

水鳥の立ちの急ぎに父母に物言はず来にて今ぞ悔しき

防人に行かされる人は、関東地域の人たちが主で、

異国から大和の国を守るため、九州まで派遣されたわけで。

奈良時代の九州は、今よりずっとずっと遠い国だったろうなぁ。

(今なら飛行機か新幹線で半日で着いちゃうけどね~)

舟で途中まで行って、後はお金のある人は馬を使ったけれど、

それ以外の人は歩いて九州まで行ったんですって。

任期は3年間でも、その3年ではもなかなか返してはもらえず、

任期中の費用も帰りの旅費も自分で用意しなければならなくて、

しかも、働き手が防人に行かされている間も、残された家族は、税は払わなければならなかったそうで。

結局九州から関東まで帰って来られる人はわずかだったとか。

(病気や、飢えや、怪我や、盗賊だっていたことでしょう。)

行く人も、見送る人も、どんなに辛かったでしょう…。 可愛そうすぎる…。

なんて考えているうちに眠れたわけです。

眠れない人は、一度試してみてください。

秋の七草

秋の花粉症で、鼻がとまらない、城です。

(ほんと、ブタクサってやつは…!!ブタクサのバカヤロー!! Frown

水元公園のさくら堤に、彼岸花が咲き始めました。

こうやって見てみると、地面からいきなりニョキニョキ生えてくる、

葉っぱも無いし、変わった植物です。

つくしのような、わらびのようなはえ方…。 

これから花茎がでてくる根元を見たら、

大きな球根から、生えてくるのがわかりました。

小さいコブが集まって一つの塊りになっていて、

コブの一個一個から、

茎がでて花が咲くようです。

大きなかさぶたのようで、気持ちわるい~。

彼岸花とフジバカマが混じって咲いている場所があります。

「さくら堤 自然植生保存地」といって、

準絶滅危惧種とされているフジバカマが自生している場所です。

 

万葉集で山上憶良の和歌に出てくる秋の七草のひとつです(掲示板にそう書いてありました)。

とても、貴重な花です。

が、はっきりいって地味な花。

 

フジバカマをアップでとっても、やっぱり地味…。

でも、小さな虫がびっしり花に停まっていたから、

(それを全部揺さぶって飛ばしてから写真を撮りました)

蜜は、相当美味しいのかもしれない…。

さわやかな秋の日

 連休も営業中の梅津不動産、毎日出勤の城です。

このさわやかな秋晴れの中、

皆様どちらにお出かけ、何をしてお過ごしなのでしょうか?  

今日は、ちょっと梅津不動産に行って家でも一軒買ってみよう、とか、

時間があるから、新しい部屋でも借りてみよっとか、

思ってくれたら嬉しいな。

思わない?

思って…。

 

不動産屋って、そういう感覚じゃぁ、来れないところですかね、やっぱり。

 

皆さん、不動産屋は怖いところじゃないから(うちの場合は)、お気軽に、気楽に来てくださいね♪。

昨日渡邊がお客様の家にいった帰りに買った、柴又の入山せんべい、堅~いせんべいありますよ。

秋の宝物

城です。

人工衛星、落ちてきてませんか?

こちらは今のところ無事です。

 

 

ところで、我が家には、地蔵様が時々やってくるんですよ。

地蔵様は、玄関のドアに、スーパーの袋ぶら下げて、黙って帰っていきます。

中には茄子とかきゅうりとか、ミョウガとか柚子とか、季節のものが入っています。

 

我が家のすぐ近所のおばあさんが、ボランティアでアルミ缶を集めていまして、

うちの隊長は毎日2~3本、空き缶をうみだし(?)ますから、

じゃぁ、うちのもどうぞ、と協力して持って行っていっていたら、

元々地元の農家の方ですから、大きなお屋敷に畑もあるので、

作物や庭のものが食べきれないほどできると、おすそ分けを黙って玄関に置いて行ってくれるのです。

それを、隊長が、「お地蔵さんが置いて行ってくれた~。」、と言っているわけです。

昔話しの「笠地蔵」で、雪の日の笠のお礼に、夜中にお地蔵さんが宝物を持ってきて置いて行ってくれるお話し、あれに引っ掛けて。

たいした事もしていないのに、うれしい贈り物です。

災難続きの今日この頃

城です。連休初日の今日は、肌寒い曇り空。

こんな日は紫外線や汗をかく心配がないので、徒歩で出社することにしました。

出社途中にお線香の香り、遍照院というお寺があります。

今日はお彼岸の中日なので、お花とお線香をあげる人たちでにぎわっています。

わたしも、ちょっと寄り道。

苔がはえている、古い六地蔵さんに、

お花とお菓子と、お線香が手向けられていました。

ここに併設されている、遍照院幼稚園の、私は第一回卒業生…!!

紺色の園服を着てベレー帽をかぶり、このお地蔵さんの横を歩いたものです。(とっても可愛かったの)

そして、立派な本堂が今、

なんと、更地に…!!

3月11日の大地震の影響で、本堂が傾いたために

建て直すそうです。

1か月前に見た時は、こんな感じで、

解体の真っ最中でした。

このお寺は、大変古く、平安時代からあるそうです。

以前にブログに載せた、遍照院の昔話しをご覧ください。

このお寺の宝さがしのい言い伝えがあります。

今回、新しい本堂を建てる時に、穴をほるだろうから、

宝物が出てきたりして…!!

台風一過

城です。いやぁ、昨日の台風はすごかったですね~。

皆さん、被害はなかったでしょうか…?

この辺は、水も出ず、停電も無かったのですが、何しろもの凄い風!!

今日出社すると、倉庫の屋根が吹っ飛んだ、とか、トタンがはがれた、など電話が入り、渡邊はカメラ持って朝から大忙し。

駐車場側に立っている、依然修繕してもらった掲示板が

強風であおられて傾きました。

でも、すぐ直してもらいました。

 

我が家は、西側の道路幅が10m以上あるし、南側の道路の向かいはは「チビ」が屋根で昼寝する平屋の家と庭だし、斜め向こうは大型駐車場の十字路なので、

西から南から、南西から、風が体当たりしてくるような感じで、

2階にいると、揺れる揺れる。

朝気が付いたけど、ベランダの屋根の透明な板が、枠から2枚外れていました。

 

 

昨日は私だけ出社したのですが、午後1時ころには、会社を閉めて家にもどっていました。

ニュースでは、電車が止まり、家に帰れず足止めになった人たちが駅にあふれていて、皆さん気の毒でしたが、

いつもは飛び回っていて、いつ戻るかわからないマイドータは、何故かこの日は朝から家におり(悪運が強いやつ。3月11日もそうだった。)、バカボンも朝から一日何もせずにゴロゴロしていたし。

隊長は、風雨が激しくなった午後6時ころ車で家にもどり、そこから家周り、グリーンカーテンが動かないようにとか、植木鉢などをしまったりやりだして、家に入ってきたら、あらまぁ、上から下までビッチョビッチョ。

さすが、隊長!!

晩御飯は作ったからね。

今日もゴーヤレシピ

ゴーヤとニンジンをマヨネーズであえてコクを出してから、

かき揚げ風に…。

はい、カロリー倍増です。(ネットにレシピが載ってたのです)

今回のはお肉が入って無いので、バカボンには不評でした。 

台風にご用心

城です。

台風の水曜日。

私は定休日にもかかわらず、物件のご案内を終え、ただ今事務所に一人。

最近、仕事サボって遊び歩いてる社長ですので、たまには社員に休んでもらって、私の出番。

出社した甲斐があり、お申込みいただきました~~~!!。

今日は、比肩の日。しかも羊刃がついてるので、こんな日は、仕事しなきゃ。

 

本日のお客様は、旅行関係の社長さんでしたが、

当社のホームページを見たついでにブログを見てくださって、

19日のブログを読み、

「一緒にクラブにいってあげないといけないかしら、と、思いましたよ~。」なんておっしゃって(笑)。

「良いセンスのホームページですね。」と、お褒めの言葉もいただきました。

毎日ブログ更新、これからも頑張ろうっと。

さて、これから少し、友人の娘さんの命式をだして四柱推命して帰ります。

Kポップダンス

社長であり、母である、城です。

昨日悩んでいましたが、Clubなるところ、へ娘のダンス発表会のために、一人、行ってまいりました。

行ってみたら、地下にある、暗くて狭い会場で、段上には、レコードを回すDJ(?)の席がありましたが、

私の様に娘の晴れ姿(?)を見ようとする、母や父らしき人たちも、ちらほらとおり、

ダンスの発表会なので、前列の人たちは床に座り込んでいたり、壁のそばには椅子やソファもあり、座っている人もいました。

会場に入ってすぐ、娘が私を見つけてそばにやってきましたが、

「ビデオは撮ってくれる人頼んだから、撮らなくてもいいよ。」だって。

じゃぁ、私、何のためにきたの?

で、ダンスなんですが、

Kポップが大好きな人たちが、Kポップアーティストになりきり踊る、というものでした。

少女時代とかカラとか、ビッグバンとかザ・ビーストとかの曲に合わせて、踊りをコピーしてすっかり本人になりきって(?)踊る、というものです。

Kポップの踊りって、スゴイ激しいでしょ。

だから、見ている人も、踊っている人も、みんなノリノリで、しかも歌を口ずさみながら踊ってました。

みんな、韓国語がわかるのかなぁ。

韓流大好きっ子、韓流にあこがれている若い子のパワー。

すごいんだなぁ。

余談ですが、帰りの山手線の新大久保駅からは、たくさんのおばさま達が、電車に乗り込んできてました。

新大久保で、韓流を思いっきり満喫しての帰りなのでしょう。

若者から、おば様たちまで、韓流は今や大きな大きなマーケット。

韓流とダンスを組み合わせた教室を考えた人は、できる!!

話しはもどりますが、ちょっと大学の文化祭風のこの発表会。

ビッグバンとか男の子のグループの真似をして踊るのも、ほとんど女の子なので、

ちょっと宝塚風っていうか、サングラスとかかけて…。

情熱は伝わるけど…。

で、私はデジカメの動画で、なんとか娘のグループの撮影に成功しましたが、

動画から写真に素早く切り替える事ができず、このような結果の写真になってしまいました。

踊り終わって退場する、片足写っていない子がマイドータです。

毎晩遅くまで練習して、12時過ぎに帰ってきたのは、このためだったのか…。

3曲踊ったのですが、皆、違う衣装揃えて…。

あんた、人生楽しんでるね~。本当、自由に生きてる。

さすが、十二運「長生」だし、食神もってるし。

ということで、マイドータに最後までいると、会場から出るのにすごい混むから、

もう出た方が良いよ、と促され、主催者のダンスの先生が挨拶しているところで、

早々にClubをあとにしたのでした。

社長やるのもつらいけど、母やるのも結構つらいのです。

ページ上部へ