ホーム>STAFF BLOG>2011年5月

2011年5月

配偶者の星

陰陽五行学四柱推命を勉強中の城です。(鑑定もやってます。)

陰陽五行では「命式」というものをだして、それで色々と、性格やら運勢やらを見てゆくのですが、

命式は、人それぞれ違います。お医者さんでいう、カルテみたいなものかな?

その命式の中には配偶者の場所があります。

その場所にどんな星があるか、で、その人がどんな夫、妻を授かるかが表われています。

男性の場合、妻の座に妻の星「正財」、女性は夫の座に夫の星「正官」があれば、

それは良い妻、立派な夫に恵まれる、ということなのです。

良い妻、良い夫に恵まれても、それで幸せ、ということにはならず、

その配偶者と自分の関係が、妻にやられる運命とか、夫をだめにする運命とか、そんなことも見てとれます。

デビ夫人は、命式に立派な夫が出ていましたが、夫によって迷惑をこうむることにもなっていました。

元宮崎県知事東国原さんも、立派な妻を得る命式でしたが、その妻を運命的に剋することになっています。

だから、妻であるかとうかずこは嫌気がさしたのでしょうね。

立派な配偶者の星を持っている夫や妻が、あなたの配偶者であれば、あなたはお墨付きの立派な夫、妻ともいえますね。

でも、そんな立派な配偶者を持つ命式の持ち主は、そうはいません。

実際の現実を見ても、そうですしね。

わたしが勉強している本を見てみると、

「意地っ張りで、扱いにくく、頑固な妻」、とか、

「遊び好きで、子どもっぽい夫」、とか、

「外面は良いが、家では気難しく野心家の夫」とか。

がっかりするような夫と妻が、たくさん出てくる…。

ちなみに、私自身の命式の配偶者の星は、どんな事が書いてあると思います?

お麩

ルーツは東北の、城です。

父は宮城、母や山形、ちょうどその県境、山を登ると宮城の七ヶ宿町、山を下ると山形の高畠というところです。

(日本列島の真ん中なので、今回の地震では大きな影響はありませんでした。) 

ですから、私が子供の時から食べつけた東北の味が、私の味。

言葉も、少し東北なまりが入っちゃってます。

 

去年の夏ころのブログで、山形地方で食べられている「だし」、と冷たいご飯に冷たい水をかけて食べる「水かけご飯」ことについて、ご紹介しました。

最近はテレビで県民ショーというのがあって、そういう食べ方があるんだと、と皆に紹介されるから助かります。

 

で、お味噌汁なんですが、

私は時々、実家で定番だった、お麩の味噌汁が無性に食べたくなります。

山形名産、板麩

お麩にもいろいろあるみたいですが、これは焼き麩です。

これが宮城だと油で揚げた、油麩、になるようです。

 

 

このお麩、買ったことはありません。

母の実家が酒屋で、お酒以外に食料品も売っているものですから、

田舎から何か送ってもらうと、隙間に必ずこの麩が入っているのです。

台所の乾物を入れておくところに必ずある、「板麩」です。

このお麩を柔らかく戻して、一口大にし、玉ねぎと一緒にお味噌汁の具にします。

お麩からも、良いだしがでます。

今年の2月に親せきのお葬式で山形に行った時に、初めてのお麩料理を体験しました。

お麩に卵と小麦粉をつけて揚げ、それを甘辛いたれでからめる、という料理。

一見、から揚げのようですが、お麩なのです。美味しかった。

その揚げたものを、かつ丼のようにしてお麩丼というが、県民ショーで紹介されたようです。

母の日常

城です。

父が亡くなって1年半くらい経ちました。

良く皆さんに、「お母さんはお元気ですか?」と聞かれます。

 

一般的に、妻を亡くした夫は、身の回りの世話をしてくれる人も無く、ガックリ来ることが多いですが、

夫を亡くした妻は、もう誰の世話もしなくてよく、自分の好きに時間が使えるようになって、

今までよりイキイキしてきた、なんて話聞きます。

 

うちの母はどうでしょう?

毎日、仏壇におかずとご飯を並べたお膳を供えます。

一人で食べるだけだと、あまり料理をしなくなりますが、

母は仏壇の供える品数を考えて、いろいろと作りますから、私の家のおかずより品数が多いくらいです。

で、近くに住む私の家に、煮物や漬物のおこぼれが回ってきて助かります…。

 

お友達に誘われて、亀有までバスで体操に通うようにもなりました。

太っていて足が痛いこともあり、父が生きている間は、皆父の送り迎えで、バスなんてもう何十年も乗ったことのない人でしたが…。

今では週に3回も亀有まで行っています。

父が病気になる前に習っていた民謡も、昔の仲間の誘われ、週に1回か2回は練習に行くようになりました。

地デジ対策

まだ5月だというのに、梅雨入りした関東地方。

それにしても、あと2日で5月が終わるとは…。

この分ではウカウカしているうちに、すぐ正月が来てしまいそうです。

 

 

ところで7月11日でアナログテレビが終了し、地デジテレビしか見られなくなります。

当社でも、数年前から準備はしているのですが、

管理しているマンション、アパート、貸家に、地デジ対策の漏れが無いか、最終チェックする段階に入りました。

で、いつも地デジのアンテナなどいろいろと頼んでいる、近所のイソムラ電気さんに、

ふと、聞いてみたのです。

「私の家のDVDは、地デジになっても録画できる、のかな?」

(6~7年前にテレビと一緒にイソムラさんで買ったから)

そうしたら、地デジ対応になっていないDVDの可能性が…。

(録画がアナログでしかできなかったのは、操作が悪いせいではなかったのか?

だいたいその状態でずっとできるはずだけどできないだけだ、と我慢していたわけで)

ガーン、我が家はとっくに地デジ対策完了だと思っていたのに、ツメが甘かったな…。

 

 

 

我が家は、ホント、機械オンチ家族。

隊長は土鍋でご飯が炊けても、電化製品には全く弱い。

と言う私は、隊長よりもっと弱い。

今の時代、アウトドアより電化製品に強い方がダンゼン便利、生きやすい。

 

 

我が家の臨時補正予算をねん出しなければならない状況か…。

この間、バカボンの学費払ったばっかりなのになぁ Cry

 

機械オンチな城でした。

カラス~♪何故鳴くの~♪

 

城です。

昨日の朝、目を覚ますと、

ずいぶん近くから、変なカラスの鳴き声がするのです。

「フゥン・ガァ~!!フゥン・ガァ~!!」

間抜けな鳴き声のカラスがいるなぁ、と思いつつ、ベランダに洗濯物を干しにでたら…

道路の反対側に立つ電信柱のそばの電線にカラス、

そして電信柱に、見慣れないものがついてます。

「ムムム…??」

 カラスめ~、巣を作ってるんだぁ Surprised

 

(この電信柱のしたはゴミ収集場所だし Frown

 

「こらっ、シッシッ!!」

と、言ったら飛んで行ってしまいましたが、

そんな事であきらめるわけもなく、

今朝もまだそばでウロウロ飛んでいるのを見ました。

 

私の声のせいでもないでしょうが、カラスも安全な場所かどうか迷っているのか、

巣の建築は昨日より進んでいないようです。

が、ベランダの目の前にカラスの巣があるのは、

どう考えても好ましい事ではありません。

カラスの子が孵ったら、攻撃される危険も…。

阻止しなければ…。

といってもあんな高いところに登るわけにもいかないので、

東京電力に電話したら、今日中に撤去してくれるって。

巣の材料の針金ハンガーが電線と感電して、停電になることがあるそうで。

カラスよ、私の目の前で巣を作るなんて、場所を見誤ったと思い、あきらめてくれたまえ。

火事騒ぎ

何があっても驚かない(?)城です。

昨日は定休日でしたが、私は会社で友人たちに頼まれた占いの鑑定書をつくっていたんです。

すると「ウ~ウ~、ウ~ウ~、ピーポーピーポー」とけたたましいサイレンが鳴り響き、なかなか鳴り止まないどころか、どんどん大きくなります。

いやな胸騒ぎがして、道路に出てみると、消防車が次から次へと走って行き、これはただ事ではないという雰囲気。

「火事が発生しました」と、遠くのほうで聞こえた、と近所の人がいます。

消防車が走ってゆく方向を見ると、うちで管理しているマンションの方じゃないかしら?

なんだか心配になって、自転車で現場はどこかとあとを追ってゆくと、

消防車だのが集まっている先は、ナントうちが管理しているマンションだ?!

「えぇ~!!ウソでしょう?! どこどこ、どの部屋?」

敷地の周りには何台もの消防車、はしご車まで、そして救急車、パトカー。

野次馬もぞくぞく集まってきているけど、敷地の中には入らずに見ている。

私は一人、消防隊員やら警察官やらが集まっている場所に向かう。

煙も炎も見えないが、どうしたんだろう?

ジェットコースターの日

女優肌ファンデは届いたけど、女優肌にはなれなかった城 Cry です。

 

今日は私にとって比肩の日、それも羊刃がついてます。(陰陽五行学)

比肩の日は決着、ケジメ、契約などがある日、勝負の日でもあります。

羊刃は、作用が強烈に出る、二倍くらいに大ごとになる、という意味です。

という事で、この二つが合いまった本日、大変な忙しさで、

まるでジェットコースターに乗っているような状況でございました。

忙しい割に、利益はありませんでしたが…。

でも、心配していたことが、うまく運びそうで少しほっとしたのでした。

 

ただ今午後7時半、残務処理して帰りましょ。

不思議な夢

城です。

夢って不思議だなって、つくづく思うのです。

初夢とか、正夢(まさゆめ)、予知夢、なんて言葉があるくらい、夢に昔から不思議な力があるんじゃないかと思います。

金運の夢、見たことありますか?

良く言われるのが、大便の夢、汚い夢ですが、これは金運です。

きっぱり言い切れるのは、実証済みだからです。

母が夢の中に大きな大便が出てきた年、大きな仕事が舞い込んだこと、ありました。

 

 

 

どうも夢の中と現実は、逆になるみたいです。

私はある年の始めの一番最初に見た夢は、

会社でいつも仕事を頼んでいる業者の社長が夢の中で王様の仕事を頼まれるのですが、

王様の注文を間違えてしまい、罰としてギロチンで首を斬られる、

という恐ろしいものでした。

なんて縁起のわるい夢を見たのだろう、今年はいったいどんな年になるのだろう、と思ったものです。

しかしその年は、いつもの年よりずっと仕事は好調で、

しかも首を斬られた社長の仕事が、今までにないくらいたくさん舞い込んできた年となりました。

首を斬られるのは、良いみたい(夢ではね。)ですよ。

氷の夢も、金運らしいけど、それはまだ見たことはない。

グリーンカーテン計画 その2

城です。昨日のグリーンカーテンの続きです。 

こんな小さな(15センチくらい)苗が、

グリーンカーテンになるのか…?

ちょっと不安ですが…。

 

頑張れ、

頑張って育ってくれ!! 

こちらは、花屋のお兄さんに薦められた、マンデビラというお花。

これが一番葉っぱとして活き活きして、はびこりそうな勢い。

ということで、植えるところまではできました。

次は、カーテン状になるように、ネットを広げなきゃいけません。

長さ3mあるネットを、どうやって西側の外壁に設置するか…。

それが難問です…。

私の力ではどうにも…。

隊長は、面倒くさがってあんまりやる気が無い。

一番暑がりなくせに…。 

グリーンカーテン計画 その1

消費電力15%削減に向けて、日夜思案中の城です。

私の自宅は南と西が道路でして、夏は、西日が当たって大変暑い!!

午後は、エアコンをつけても全然暑い。    

で、グリーンカーテン作戦です。

家の西側にグリーンカーテンをつくれば、西日を遮り、きっと効果があるはずだ。

 

自宅の西側は私の車の駐車場ですが、

自宅から会社へ歩いても、10分かからないのですから、

車は会社へ停めておいて、歩いて通うことにし、

グリーンカーテンのコンテナを置こうと決心したのです。

どうです?この省エネにかける意気込み!!?

(最初から歩いてたら太らないのにって、思った?)

 写真に写っている人は、通りすがりの方。

で、三郷のファーマーズへ行ってきました。

ここは、花屋専門の大型店だから、

いろんな種類の花、苗、木、ガーデニンググッズが揃ってます。

 

「ピカソ」という名の花?

とか大人のブラック?名前がコーヒーみたいな花とか…

目があっち行ったりこっち行ったりしてしまう。

 

 

 

隊長は、とっくに野菜の花の苗のところで物色中。

ページ上部へ