ホーム>STAFF BLOG>2010年9月

2010年9月

うろこ雲

城です。

昨日は晴れて気持ちの良い日でした。

我が家では、娘が短期留学のために韓国へに出発する日でしたので、朝からバタバタとせわしなく…。

留学の準備は、この数週間はたから見ると後手後手の準備にしか見えず、毎日ヤキモキとしていたのですが、本人はいたってマイペース。

留学費用を稼ぐために働いていた仕事を10日ほど前に辞め、その後、韓国の大学に直接自分で申し込んだようで、下宿もあちらについてから探すというのだから… Yell 。取り合えず下宿が決るまで泊まるホテルも出発3日前くらいに予約…。

回りの大人は、心配して、あっちへ行って考えられる危険性や注意事項を言って聞かせたりしても、

本人は、自分の行く道には、良いことだけが待っていると信じているのでしょう。

午後3時、、「これから飛行機に乗るから。」と成田空港より電話あり。

午後3時半、自宅のベランダに出て空を見上げると、一面にうろこ雲…

じゃあね!まっ、頑張って来てよ Undecided

バレーボールの道

城です。

昨日のブログご覧になりましたか?

当社の森下所属のバレーチーム「入谷キャッツ」(木更津キャッツは知ってたけど Wink )が準優勝ですって!

素晴しいですね Smile

本気で何かに取り組むって事は凄くいいことだと思います。青春してるな~。

 

 

でも今までが7部で、これから6部に上がり、そこで1から初めて、その上を目指すとは、

サッカーのJリーグより厳しい、ママさんバレーの道ですねぇ!!

主婦を、ママを、見くびってはいけないです。

夜はコートの鬼となって練習するのですから…!!

 

 

 

だけど、いったい何部で構成されているのでしょう?

森下さんが言うには入谷キャッツは結成したばかりということだから、7部から始まるのかな?

 

 

葛飾区はバレーボールが盛んな地域です。(運動神経の切れている私には無縁ですが。)

金町ビーバーズという小学生のチームと、区内の私立高校共栄学園が全国的に有名です。

葛飾出身者の選手には益子直美、大貫美奈子選手がいます。

その昔、亀有には大きな日立の工場がありまして、その日立の社会人バレーボールチームが活動していたということですから、その流れなのかもしれません。

強くて優しいママは、頑張ってバレーの道を進むのだ!! 「入谷キャッツ」!! Smile

7部、準優勝です!バレーボール大会

  
 

森下です。 

土曜日は、家庭婦人秋季バレーボール大会2日目でした。

やりました!念願かなって、我が入谷キャッツ、6部昇格いたしました!

おとといは朝から雨が降っていて、気温20度と、涼しい日でした。

試合には朝8時に出発し、

みんなで車にのりあわせて奥戸の総合スポーツセンターに集合。

外はとっても涼しかったのですが、体育館の中は選手たちの熱気に あふれていました。

 

 

 順調に?勝ち進み、準々決勝では、今大会一番のプレッシャーの かかった試合となりました。

上位2チームが6部に上がれるため、この準々決勝で勝たなければ、

3位になり、昇格することはできません。

ですから、両チームとも相当なプレッシャーがかかっていたのです。

相手チームとは、練習試合も含めて、何度も対戦したチーム。

練習を重ね、力をつけてきている、すばらしいチームで、私たちが

がんばってきたとはいえ、簡単に勝つことはできない、

そんな相手でした。

1セット目、相手チーム優勢の試合になってしまい、せってはいたものの

おとしてしまいました。もう後がありません。2セット目も相手優勢のまま

3点引き離され、負けてしまう?と頭によぎった言葉をふりはらいました。

そこからでした。ねばった私たちの気合いで流れを呼び戻し、

2セット目を奇跡的に勝ち取り、3セット目はその流れのまま、

私たちは勢いづき、勝利を手にしました!

人一倍がんばってきたキャプテン、コーチをしてくださったkさん、

チームのみんなみんなありがとう。ほんとよかったね。 Cry

バレーの楽しいところって、やっぱり人とのつながりが深まるところ。

一緒に泣いたり、笑ったり、そういうの、いくつになってもいいです。 Smile

 

 

運動会のやる気

今日は爽やかな青空で、秋晴れの日曜日でした。

運動会日和の日で、当社の渡辺も、娘さんの運動会でお休み。

今日は、私と母とで営業中。

 

 

 

運動会日和といっても、私は運動会は嫌いでした。

子供のとき、ずうっと運動会が来なければいいなぁと、願いながら学校生活を送っていました。

中でも徒競走が嫌いです。「よ~い、ドン!!」が死ぬほど嫌です。

何しろ走るの遅いですから。運動神経も悪いし。

必然的に、体育も嫌いでした。早生まれなのもあって、誰にも勝てる気しないからやる気もなく。

笛の合図や号令でみんなといっせいに同じ事をさせられ、競争するということは、なるべく避けて生きてゆきたいことです。

小学校低学年で、お腹が痛いとかいって、体育の授業をずる休みして見学したりしました。(悪気は無いの、ただ、体育に出たくなかったの)

青白でおとなしかったから、なんか具合悪そうに見えたらしく、先生をだませたのです。

 

 

 

まだ、勉強のテストの方がいいですよ。

採点されるまで、誰が良い点数で誰が悪い点数かわからないですからね。

 

 

 

学芸会とか、音楽界、そういう芸術系の方が好きだったなぁ。

大人になるっていいですね、もう運動会に出なくてもいいから。

でも中には、大人でも運動会に出て、得意な競技で活躍したい人もいるのでしょうね。

夫婦げんかのあと

城です。

賃貸物件で、この間、居住者がお引越ししたところのお話です。

その家は、若い夫婦で小さな子供が一人いたのですが、夫婦ゲンカがひどくて、夜中に何度かパトカーや救急車が来たほどなんです。

一回は、近所の人が騒ぎを聞いて通報、一回は旦那が怪我をして自分で呼んで…

 

夫婦喧嘩はしょうがないです。

どこの家でもあります。

でも、お願いですから、パトカーや救急車が来るほどのは止めてください。

それはもう、犬も食わないレベルじゃなくて、「事件」ですから!!

 

結局、ご夫婦は離婚して別々に出て行きました。

出て行った後の部屋には、壁にたくさんの穴が空いていて、下駄箱や流しの扉にも凹みが…

この修理費、払ってよ~ Frown !!

 

しっかし、壁をげんこつでなぐったら相当痛いはずなんだけどな~?

 

私はただ、お子さんの幸せを願うばかりです。

 

秋の夜長

城です。

秋の気配どころか、冬の気配で風邪引きそうな、昨日、今日。

近頃の天気はなんでこんなに極端なんでしょう?

 

夕方暗くなるのも早くて、秋の夜長、テレビ番組を見れば、

何でしょう!?

スペシャルづくし、特番づくし…!!

どうして、どこのテレビ局も一緒なの?どこの番組も出演者は変わりばえしないし、長くやればスペシャルってものでも無いと思うんです。

 

 

とか文句を言いながらも、テレビを見て大笑いして、笑う合間に何か食べて飲んでいる私は、(堅あげポテトの新しく出た海苔味は、チョー美味しい!!)

秋の夜長を満喫している… ?

ちなみに、昨夜はキングオブコントを見ました。

「ピース」の妖怪2人が原宿を歩くコントの哀愁の漂う笑いが、私の笑いのツボにはまりました。 

でも、笑う事は健康にいいんですから… Laughing

秋の気配

城です。昨日の定休日は、夏日でした。

刺すような日差しでしたが、湿度は無いので、暑いながらもどこか秋の風情が…

私は夏の間ずっとサボっていた(やる気がしないでしょ、暑くて)掃除を、タオルでハチマキして気合を入れて、

汗をかきかき、床の雑巾掛けまでやっちゃいました。

油断していると、お金はいつの間に消えますが、、ほこりと脂肪は、どんどん溜まるんですよね。

 

 

夕方、夕飯の買物に出たら、なんとも郷愁を誘う声が聞こえてきます。

「いし~やき~いも~、やきいも~」

小さなトラックの荷台にのった煙突から白い煙があがり、かまどからは赤い炎が見えます。

くぅ~、秋です。

あの声を聞くと、一気に秋のもの悲しさが…

 

海外を一人旅なんかしていて、夕方知らない街を歩いているとします。

不意に、あの石焼き芋の売り声とか、豆腐屋さんのラッパの音とかが聞こえたら、絶対泣けてくると思うんです。 

とか考えているのは、私だけ?

 

念のため言っておきますが、焼き芋は買っていません。

千の風の中に?

城です。

去年の11月に私の父が亡くなってから、早いものでそろそろ一周忌の準備をしなければならない時期になりました。

私の父は宮城県から東京に出てきた末っ子で、跡取りでなかったので、私自身仏事に参加した経験があまりなく、父が亡くなって改めて、人が亡くなると、葬儀を初め、四十九日、彼岸、新盆、彼岸、一周忌… などいろいろとやらなければならない事が多いことを、 実感します。

 

この夏、お盆でお墓にお迎えに行きながら、考えるのです。

亡くなった人は、常日頃いったい何処にいるのでしょう?

あの世?お墓?それとも千の風に?

お墓にいて、彼岸やお盆にだけ帰って来るとしたら、仏壇に毎日拝むのがどういうことになるのか?

お彼岸や、お盆に、仏様は本当に行ったり来たりしているのだろうか?

お坊さんにお経を読んでもらっておとうばを建てると、亡くなった人は嬉しい?成仏できる?

じゃぁ、法要をしてもらえない人はどうなっちゃうのだろう?

考え出すと、いろいろと疑問がわいてきます。

亡くなった人と話が出来たら、いろいろ聞けていいんですけど。

 

 

 

 

 

でも昨日、彼岸の入りにお寺に行きますと、たくさんの人が、家族連れ立って、

お墓にお花をたむけ、手を合わせている姿がありました。

 

 

 

ご先祖様を大事に思う気持ちは、日本の良い文化ですね。

一時でもその人を思い出し、手を合わせてもらえば、ご先祖様も満足するはずです。

歓送迎・誕生祝会

城です。

昨夜は、6月に退社した青野さんの送別会と、6月に入社した森下さんの歓迎会と、

私の母の誕生日会をいっぺんに 開くという、一挙両得というか、一挙三得みたいな会を開きました。

この発想が、エコでしょ?それとも節約上手?

 

いわば主役が3人いるわけですが、そのうち2人がお酒を飲まないので、

それならば食べることをメインにと思い、場所は、前にもブログでご紹介した、水元の隠れ家風なレストラン、「洋風料理 NAKAMURA(ナカムラ)」 です。

夜は完全予約制なんですよ~。

  

わが社は全員で4人、退社した1名、そこに娘と夫も加わりまして総勢7人のパーティでした。

 

コース料理で私が選んだ魚料理は、白身の魚で確かカサゴだったかな?

えびやホタテも入っていて、ソースが美味しかった。

 

2次会は、男性2名は何故か帰ってしまい?

女性5名で、カ・ラ・オ・ケ

なんと、12歳づつ年の離れた3人の寅年年女が揃い、

年代がバラバラなものですから、二葉あき子から嵐まで、

出てくる歌もバラエティ豊かでした。

この写真は、私と母と娘で撮っての図 (イエーイ!!)

3人して丸い顔にメガネ…

そんな楽しい夜をすごしましたが、一夜明けて、

祝日も休まず営業している梅津不動産です。

若き日の性格?

こんにちは。城です。

今日は青戸の業者T建さんのNさんが顔を出してくれました。

Nさんは、とても話が面白く、私と年齢が一緒ということも会って、いつも話がはずみ昔話などで花が咲きます。

今日出た話で、高校の同級会に行ったときの話になりました。

Nさんは、最近同級会に行き、何十年かぶりにあった何人かの女子に囲まれ、「あの時私は、Nさんにいじめられた、こう言われて傷ついた Yell 。」、などと会の間言われ続け、へこんでしまった。

「俺、そんな失礼なこと、言ったのかな?、記憶に無いのだけれど…、」

また、「他の同級生の女子にも、あの人だけは絶対に会いたくない」と、人づてに言われたとかで、がっかりしていました。

「Nさん、何を言ったのか知らないけど、若いときは、結構ズケズケ言う性格だったんですねぇ。」

Nさんいわく、「城さんもそうだったんじゃないですか?」

「はい、その通りです。」

(私は何十年ぶりにあった男子に、いじめられた、とは言われないですけどね Wink 。)

 

 

でも、お互い丸くなりました。(性格がですよ) Laughing

年を取る事が、良いこともあるもんです。

 

ページ上部へ