ホーム>STAFF BLOG>2010年5月

2010年5月

睡蓮の白い花

城です。水元公園で菖蒲の花が開く前に、ひっそりと見どころを迎えたお花、『睡蓮』をご紹介します。    

昨日お知らせした、菖蒲まつりのメイン会場のかたわらにある池、その名もスイレン池。

スイレン池というくらいだから、スイレンが池一面に咲いております。

クロード・モネの抽象画、睡蓮を思い出しませんか?

スイレンの花は、このスイレン池だけでなく、小合溜全域で自生しています。

じっくり見てみると、清々しい花です。

 

睡蓮(Water lily)の名前の由来はご存知ですか?

日中開いて、暗くなると閉じる、つまり人と同じように夜に睡眠する蓮だから、睡蓮、というそうです。

開いて閉じるを3日繰り返し、ひとつの花の寿命が終わります。

でも、蕾はたくさんあり、次から次へと開くので、3日後には花が咲いていない、ということはありません。 

 
 

睡蓮は、夏が終わるまで咲き続けます。

菖蒲を見にきたら、睡蓮もお忘れなく…

7月半ばになると、今度は別の池で蓮が咲きます。

こちらは、ピンク色の大きなもので、見ごたえがあります。

その時は、またお伝えしま~す。

しかし、5月も終わるというのに、この寒さはなんでしょう…! Yell

これじゃぁ、菖蒲の花は咲かないよう…!

水元公園菖蒲まつり

こんにちは、城です。

水元公園の菖蒲祭りがいよいよ始まりま~す!!  Surprised

期間は、6月1日より6月20日の間です。

「菖蒲まつり」というのは、菖蒲が綺麗に咲くころに、みんなで花を見ながら、楽しく歌ったり踊ったりしちゃいましょう!! Wink

というもので、要するに桜の時期のお花見の、菖蒲バージョン、という感じかなぁ。

葛飾区の菖蒲祭りとして、堀切菖蒲園と一緒に、毎年行われています。

長~い水元公園の桜包み沿いに、ピンクのちょうちんが延々と並び、祭りの準備が着々と整いつつあります。

祭りに協力して寄付をした店、会社、歌手なんかの名前が入っています。

当社のもどこかにあるはずなんだけど…、数がありすぎて見つかりませ~ん。 

 

6月6日日曜日よりオープニングパレード(金町消防少年団鼓笛隊)で始まる開会式が行われ、

その後の土日は毎週、プロ歌手による歌謡ショーや、地域のみなさんのフラダンスや踊り、カラオケ大会、

地域の小中学校の音楽演奏等、野立て、盛りだくさんのイベントがあります。

数年前に新設されたメイン会場のステージ。

場所は、水元大橋の南側、金町側のはなしょうぶ園の横です。

フラダンスのリハーサル中でした。 

今年のプロ歌手の有名どころは、13日にくる小金沢昇司さんです。

もちろん、その日に菖蒲祭りに行けば、歌手の小金沢さんの歌が、無料で聞けますよ Laughing  

 

また、期間中は、地元の商店や婦人会などによる出店や、地元生産者による野菜販売、全国陶器市などがあります。

今は新緑が清々しい静かな風景ですが、まつり期間中の駐車場横ポプラ並木は、陶器市の屋台が両側にズラ~ッと並び、見事なものです。

菖蒲の開花状況は、日々お知らせいたしますので、ご期待ください。 

 

現在の開花状況です。

気の早い菖蒲が何輪か咲いているだけです。

以前もブログにのせましたが、期間中の6月12日には、テレビ東京のアド街ック天国で21時より「水元公園」

を放送します。こちらもお楽しみに 。

好きです、煮込み。

こんにちは、青野です。

社長の牛すじの煮込みをみて、私も近いうちにやろうと思いました。

実際に圧力鍋の威力はすばらしーい!それまでほめられた事のない角煮を

絶賛(まあちょっとオーバー気味ですが)されました Laughing

まだお持ちでない方、忙しい方はぜひ活用してみてください!

ところで、牛すじの煮物と近いところでモツ煮のお店を1軒紹介します。

つい最近、主人が持ち帰りしてきました。

ちょっと遠いですがお店は千葉の柏インターチェンジ近くにある、

「噂の太郎」というモツ煮とラーメンのお店です。

結構ドライバーの方々は知っているかと思います。

知人のモツ好きに言わせるとモツとしてはかなり良い部分だそうで、

うなっていました。結構こってりしているので、私的にちょっとで充分ですが。

ぜひモツ好きの方はドライブがてらいってみて下さい。

牛すじの煮物、モツ煮を考えていたら、今日の晩はちょっと一杯・・・ Laughing

 

 

美味しい肉屋さんと牛スジの煮込み

城です、こんにちは。今日は、水元で有名なお肉屋さんを紹介します。   

西水元の藤森畜産です。もともとは肉の卸が専門なので、国産のおいしいお肉が安~い!のです。

小売している部屋の奥の窓ガラスの向こうには、牛肉が、まだ牛さんの形を残したままで、いくつもぶら下がっているのが見えます。その場でさばいているのです。

場所はライフの通りの、ライフのちょうど反対側です。藤森畜産の看板が目立つからすぐわかると思います。 

ブログにのせるから、写真撮ってもいいですか?と聞いたところ、今日は品揃えが少ないかな…と、二代目若社長がおっしゃっていましたが、堂々のラインナップです。

普通のお客様も買いに来ますが、商売の仕入れに来る人も多く、そういう方は大量に注文しています。

高級な霜降りのお肉からお徳用の肉まで、もちろん豚肉、ひき肉、味付けカルビなど普通のお肉屋さんにもあるものから、モツ鍋屋用のモツとか、焼肉屋で食べるようなゼンマイ、レバ刺しとかもあります。

私の息子がサッカーチームにいたころ、バーベキュー用のお肉なんかは、ここで買うわけです。

今回、私がお薦めしたいのは、牛すじとモツ(牛も豚も)です。

(ごめんなさい、高いお肉買えなくて… Laughing

だって、扱っているお肉が、国産の美味しい肉でしょ。

それをさばいていて出たモツだから、美味しいんですよ。

でもモツや牛スジは、売っている単位が1キロ単位で、冷凍になっていますから、もし、買う場合は、気合を入れて料理してください。

大なべで煮込むと、特に牛スジは圧力鍋を使って煮込むと、トロトロになって美味しいんです Wink

 

茶花あれこれ

城です。茶花というのはですね、茶席にいける、風流なお花のことをいうそうですが、今回はその茶花をご紹介します。

梅津不動産のお向かいさんのお庭が広いK邸は、奥様がお茶をたしなまれるので、お庭に珍しい茶花をたくさん育てています。    

 

頂いたお花を茶花風に活けてみました。

こちらは、大山れんげという、大変貴重なお花だそうです。

つぼみの玉が可愛らしいですね。 

こちらは、庭で咲いているところです。

このお花も珍しいもので、黒花蝋梅(ろうばい)

黄色い蝋梅なら見たことがありますが、黒いのは初めて。

わびさびの茶室に似合いそうです。

お庭ではこの様に咲いております。

これは、白糸の花?だったようなご説明が…。

茶花は活けても1日に散ってしまうような儚いお花です。

1日で散ってしまう、一期一会ということでしょうか…

画像の確認

ママ友

 

城です。こんにちわ。

私は、子供のときから現在にいたるまでのほとんどを水元で暮らしているのですが、一時期、三郷市の三郷団地に、7年間住んでいたことがあります。

ちょうど子育ての真っ最中の時だったので、そのときのご近所さんで、ママ友として知り合った仲間たちとは、いつの間にか、家族ぐるみのお付き合いになり、毎年夏休みには総勢11家族でキャンプに出かけるほどの団結力が…。おかげで三郷団地での日々は楽しい思い出が一杯あります。

今振り返れば、子供が小さく子育てで夢中なときって、あの時は永遠に続くかのように感じていましたが、あっという間に過ぎてしまうのです。 

それぞれ引越しをして三郷団地以外に住む人も多くなっても、子供たちが成人したり巣立ったりしても、いまでも年に1,2度は集まって、花見をしたり、飲み会をしたり、出かけたりしています。

実は、昨日もそのママ友たちとの集まりがありました。今年1年の遊びの計画を立てよう、という名目の元。

午前10時に三郷のコストコに集合して、大きなピザや海苔巻き、サラダ、飲み物などを買い、近くのママ友の家に集まり、食べながら、飲みながら、総勢8人でしゃべる、笑う、泣く、しゃべる、気がついたら、夕方の6時。

結局当初の、計画つくりは、まったく決まらず、いったい何を話していたのだろう…私たち。

%E8%8C%B6%E8%8A%B1%E3%81%A8%E5%A4%A7%E9%98%AA%E9%82%B8%20014.jpg  

でも、いいんです。思い切り話をする、笑う、泣く、これはとてもストレス解消になるんです Laughing

(食べて、話ができるうちは、元気、元気!)

だから、皆、いつまでもこうやって集まるのだろうな、うん Smile

お家を提供してくれた、0邸の皆さん、お邪魔いたしました!ワインご馳走様でした!

0邸ご主人が、梅津不動産のブログをいつも見てくれていると聞き、うれしいで~す Smile

今度、我が家も、大掃除をしたあかつきには、お集まりくださ~い Wink

涼しくなるもの

  今日はやけに暑いですね~。わたくし、城は暑いのも寒いのも苦手な温室育ちの現代人です。

 

暑いといっても、エアコンをつけるほどでもないし、扇風機もまだ早いし、

そんな時は、自力で扇ぐ、「う・ち・わ」がよろしいでしょう。

当社には、うちわが沢山あります。

亡くなった父の趣味はガラクタ集め。(本人は骨董品収集といっていましたが…)

いろいろな古いものを、好奇心や趣味のおもむくままに集めておりました。

この桔梗の絵のうちわは大きいサイズで、裏に高島屋と印がしてあります。

お得意様に配るお中元のようです。

この桔梗、なんとも涼しげです。有名な日本画家のものを印刷しているのでしょう。

 

こちらは、手書きの絵。可憐な青い花。「都忘れ」かな…

素材もしっかりしていて、一つ一つ丁寧に作っているみたい。

 

これは、夏の代表的な芙蓉の花でしょう。
 

水の中を泳ぐ2匹の鯉。

こちらめでたい、鶴のはばたき~。

でも、季節感は冬って感じですね。こちらも裏には高島屋の印の大うちわ

どうでしょう、見ていただいて、少しは涼しくなりましたでしょうか?

うちわはまだまだありまして、2本の腕ではあおぎきれず…

残してくれるなら、同じ和紙でも、福沢諭吉が印刷してあるのが、一杯あったら良かったんだけど… Wink

バラの館

 

城です。こんにちは~。

今日は、水元の有名なバラのお庭をご紹介します。

素敵でしょう Smile 。このバラのアーチと青い門。

絵になります。

なんだか、ピーターラビットがレタスをかじりながら扉を開けそうなかわいい門。 

  

このお宅は、個人の家なのですが、バラの美しさで有名なお宅なのです。

角地にあるので、2方向の道路の面して、いろんな色・種類のバラが、2mくらいの高さで並んでさいているさまは、圧巻です。

お庭の中にも、もちろん、いろんなバラが見えます。

でも、個人のお宅なので勝手に入るわけにはいかないので、表からのぞくだけです。

水元公園の入り口なので、満開になった休日は、公園の散歩のついでに花見をする人、写真を撮る人が、家のまわりをうろうろ…。

5月19日現在、まだバラは満開一歩手前くらいの状態でした。

NHKや民放テレビ、いろいろな広報誌などで、中継、紹介される、有名なお宅なのです。

場所は、水元公園の正面入り口前にあるため池の東側。

岩槻橋の交差点のところにめがね屋さんがあります。

そのめがね屋の奥です。自転車や歩いていくと、ひときわ目立つお庭なので、すぐ目に入ります。

見に行く場合は、個人宅なので、迷惑にならないように、そっと見てくださいね、

入り口の奥に見える、第二のアーチにかかるピンクのバラ。

これは、オールドローズかな?

きれい、一番好きだなぁ…

こんな家に住みたい…

せめて、この家の人と友達になって、お庭の中を散歩したいなぁ…

なんて、毎年思ってしまう城です。

でも、一年を通して、お手入れは大変なことでしょう。

このお花は1年の努力の賜物なのですね。

 

おいらは『チビ』である。

        
 

オイラは城家の猫。

子供のころ、外で一匹で暮らしていたのだが、あんまりかっこいい綺麗な黒猫だから、城家に来てくれって呼ばれたんだ。

名前は『チビ』。クールな雄猫さ Cool

日夜この家とその周辺のテリトリーを守るために、

目を光らせているのだ。

今夜、家の中に何か不審な動きを感じる…?! 

な、何なんだ、お前たち!!

いったいいつの間に、こんなに集まって…!!

おいらは、許さないぞ!! Yell

 

 おい、こっちを見ろ、無視をするな!
でかい顔をしても、だめだぞ!
こんにゃろ、こんにゃろ。
あぁ、疲れた。

運を天に任せて…

城です。

昨日、私のパソコンのデータの運を、天に任せたとご報告しましたが、結果、ナ・ナント!、幸運にも、データはなんとかなりそうだという知らせが Smile !!

バンザーイ、バンザーイ!!

このデータの修復をやってくれている人は、プロじゃないんですよ~。趣味でやっている人ですよ~!

プロが無理ですといった仕事をですよ~。

好きこそ物の上手なれ、といいますが、本当にそうですねぇ。

仕事でやっている人は、たくさんの仕事のひとつとして、効率と利益を考えて事務的に流してゆくだけのところがあるのでしょうが…。

仕事でなく、親切心から直してくれようという方は、ハートがあるから、なんとかしてやろう、という気持ちが結果を生むのですねぇ。 いやぁ、持つべきものはネットワーク、友、です。

この友は、四柱推命・陰陽五行学の弟子仲間です Laughing

ちなみに、当社も、効率と利益を計算した仕事をするよりか、親切心、助けようという気持ちで動くところが多く、物好きな不動産屋といえるでしょう。

だから感謝されることは良くありますが、あまり儲かりませ~ん… Frown

ページ上部へ