ホーム>STAFF BLOG>2010年3月

2010年3月

人気のベーカリー

    
 

 こんにちは、城です。

今日は人気のパン屋さんを紹介します Laughing

ここは、京成バスの水元公園のバス停の目の前にあるアトリエ ダーシャ

水元公園正面入口の、いわつき橋交差点にあり、目立つから、すぐ見つけられると思います。

写真の、お店の正面の黄色いスタンドは、自転車の空気入れです。

自由に使っていいから、公園にサイクリングに来る方は要チェック !

お店の前の黒板です。

DASHAって、ロシアの女の子の名前らしい。

何々?ランチボックス?どんなのかな?

新作のパンも興味津々…

 
 

 店内に入るとパンが並んでいるフロアと、奥のパンをこねたり焼いたりしているフロアが続いていて、パンを焼く熱気が伝わってきます。

お揃いのユニフォームと帽子、若い元気なスタッフが、せっせとパンを焼いているのが、見ていて気持ちいい。

こんなにスタッフ、いるんだぁ…と感心します。

 青空に白い雲の壁紙はパン屋にしては、珍しい。

並んでいるパンを見ると目移りしちゃうけど、お店の売れ筋ベスト3とか、お薦め商品とか札が立っていました。

たしか、ビーフカレーパンが一位だったかな?

 
 

 この写真の、右下のカゴに入ってセロファンで包んであるのが、ランチBOX。

小さいサイズのパンがいろいろ入っているから、いろいろ食べれて嬉しいセットですね。

人にプレゼントするのにもいいかも。

 

左のクリームパンは焼きたてでツヤツヤしておいしそう。

月末は定休日も営業してます

城です。こんにちは。今日はもう3月の最終日だというのに、いつまでも寒いですね Frown

今日は水曜日・定休日なのですが、月末なもので、わが梅津不動産は営業しております。

賃料を持って来てくださるお客様に、

「持って行ったのに、やってなかったじゃないの~」、と言われないように!

夜は7時まで営業しているし、従業員は優しく愛想が良いし、何せ看板娘ならぬ、看板ばあちゃん(スタッフ紹介を見てください)が、やさしくアドバイスしてくれる不動産屋なんて、なかなか無いですよ! Laughing

「7時ちょっと過ぎちゃうんだけど、待っててくれますか?」なんて言われると、店開けて待ってるし。

事実、他のお客様からも言われるんですよ~。

「物件探していろんな不動産屋に入ったけど、ここが一番感じが良いし、一生懸命やってくれるから、ここで決めるわ。」なんて Smile

不動産屋のイメージって、入るのが怖いとか、シツコクされるとか、皆さん思っているようですが、そう言ってもらえると、本当に嬉しいし、ありがたいです。

定休日にも働く、コンビニのような不動産屋です。

ちなみに、ゴールデンウィークも開けてますので、お部屋探し、お家探し、事務所探し、なんでもいらしてください。

なんでも取り扱ってます。コンビニのような品揃えを目指してま~す。

桜と観音様

        
 

城です。

水元公園でお花見をご計画の皆さん Laughing

現在の桜の開花情報で~す。

おっと、あわてないでください。

この白いソメイヨシノは、特別早く咲いていますが…

 

 

 平均的なピンクのソメイヨシノはこんな感じです。

一部咲きか二部咲きといったところですか…

でも、咲き出すときは一気に咲きますから、油断大敵 Cool

 日当たりが良さそうなところだけ、咲いたりするのかな…

あと、もうちょっとなんです。

ピンクのトンネルになるのが、待ち遠しいですねぇ。

ブログでご紹介していきますので、乞うご期待!

 
 

この観音様、ほっとするお顔でしょう。

以前(3月21日)ご紹介しました熊野神社と一緒で、水元公園の桜土手沿いにあります、日枝神社の境内に、ひっそりと鎮座されています。

由緒については何も書かれていませんが、左側に天明の日付が見えます。

江戸時代の天明だと思われますから、今から200年くらい前のものになります。

お顔を見ると、なんだか手を合わせたくなる、穏やかなお顔です。

ずっとこの地域の人々の幸せを願っていてくれる…

ここは、私の選んだ水元オーラスポットです 

  

 これは本殿の拝礼する所の、鳴らす鈴の手前の軒にある彫り物です。

猿がお揃いのえぼうしと、かみしもとはんてんで、何を話し合っているのでしょうか…?

あまり見かけない図柄ですよね。ようく見ると口はヘの字に曲がって怖い顔してますが、なんか可愛いい。

 

息子の引越し

  

昨日28日の日曜日は仕事をお休みさせてもらいました。

卒業時にもブログに載せましたが、高校を卒業した息子が、大学に入学のため寮に入ることになったからです。

ハイエースに荷物を載せ、私たち夫婦と息子で行田市に向いました。

行田市は寒かった~、と思ったら全国的に寒かったんですね~ Sealed

回りは田んぼで、遠くには山なみも見え、新幹線が通るのが見えるし…

%EF%BC%93%E6%9C%8828%E6%97%A5%E3%80%80%E5%80%AB%E5%A4%AA%E6%9C%97%E3%80%80%E5%BC%95%E8%B6%8A%E3%81%97%20002.jpg  

 でも、寮は近代的な綺麗な寮でした。

バス・トイレ・家具、エアコン付き。

さすが、高い学費を払った甲斐がある…

  %EF%BC%93%E6%9C%8828%E6%97%A5%E3%80%80%E5%80%AB%E5%A4%AA%E6%9C%97%E3%80%80%E5%BC%95%E8%B6%8A%E3%81%97%20001.jpg  

入寮する日が2日間と決められていたので、他の学生もほとんどが、両親と荷物を積んだ自家用車で入寮し、寮の中は荷物を持って歩く親がごったがえしてます。

1人の子供に親2人じゃ、多くなりますよね。

近頃の親は過保護だなぁ、と自分も含めてそう思います。

*ちなみに、マスク姿の息子の後ろにいるのは過保護な親代表

  %EF%BC%93%E6%9C%8828%E6%97%A5%E3%80%80%E5%80%AB%E5%A4%AA%E6%9C%97%E3%80%80%E5%BC%95%E8%B6%8A%E3%81%97%20008.jpg

 

ニトリの7点セットの寝具がまぶしいぜ Cool

じゃ、息子よ、後は1人で、頑張れ!

しっかり勉強するように!

***金町・水元近辺で1人住まいのお部屋を探している方は、こちらがお薦め!***

幸福の木 開花宣言

  幸福の木 008.jpg

 渡邊です Cool

ついに開花をしました Smile

つぼみから糸のような花弁が出てきました。

この木が開花したのは2回目で約十数年前に咲いたそうです、そのときは花びらが垂れ下がり蜜をたっぷり付けたそうです。

これからどんなふうにになるか逐次報告します、お楽しみに!

達磨堂 ノスタルジックの時代へタイムスリップ

    
 

 水元公園へ遊びに来たら、是非寄って頂きたいお店があります。

金町駅から戸ヶ崎操車場方面行きのバス通りである岩槻街道沿いにある珈琲「達磨堂」です。

 

 中に一歩入れば、ここはどこ?という感じです。

民芸調の吹き抜けのつくりで、建築ももちろん、照明も、家具も、インテリアも、置物も、すべてがオーナーのこだわりが行き届いています。

 

 
 

 オーナーが骨董好きなため、時代物が飾ってあり、見ているだけで、気持ちが落ち着きます。

珈琲も美味しい。

こだわりのカップで頂けるので、なお一層美味しい。

 手作りのふわふわのシフォンケーキや、丁寧につくったサンドイッチ、そして地ビールやワイン、それに合うおつまみのチーズなんかもあります。

詳しくは、ホームページ達磨堂をご覧ください。

私の写真よりずっと綺麗な写真と詳しいメニューが載っています。

イベントやコンサートもやってるんですね。 

 
 

 さて、何故このお店が「達磨堂」というかというと、オーナーのお父様が、以前ここで達磨食堂をやっていたそうで…

また、そのお父様は石で達磨や石仏、道祖神を彫る人で、お店の周りには色んな彫り物が飾ってあります。

当社にも、こちらから分けてもらった、夫婦で寄り添っている道祖神があります。見ているとホッとする石仏です。

水元公園桜情報 3/26

    
 

城です。

 2010年3月26日金曜日の水元公園の桜の木々です。

蕾がピンク色に膨らんで、ほころびかけています。

気が早い花はちらほらと咲いてま~す。

 土日の花見を予定されている方、

明日は、もう少し咲いてくれるはずです。

来週は、かなりの人ごみになることでしょう。

 
 

 小合溜めの南側の香取神社のしだれ桜は、

いつも他より早く咲き出します。

今日見たらもう、こんなに咲いてます。

土手の桜が満開の時は散っていますので、

お早めにご覧下さい。

 香取神社の前はこあゆの小路。

春休みの子供たちも、のんびり釣りをする昼下がりでした。

 

ぶら~りバスの旅

  
 

 城です。このバス停は、私が金町駅からバスに乗り、いつも降り立つバス停です。

実は、私の知らないうちに終点が一つ増えていました。

『八潮』駅行きです!

走行中の京成バスの正面に、八潮駅南口の文字を見かけて、エッと気がつき、今日始めて確かめました。

水元在住ウン十年の不動産屋としたことが、うっかりでした! Embarassed

ここは、身をもってバスに乗り、八潮駅行きバスの調査に当たることにしました Cool

 実は、大江戸線の「牛込柳町」に行く用があり、調べてみると、「金町駅」から行くより、「八潮駅」から行くほうがずっと便利だという事がわかったのです。 Smile

「八潮駅」までは、自転車でも行けるのですが、雨が降っていたので、そうだ、バスが出ているはずだと、思い立ったのです。

でも、時刻表を見ると、「八潮駅」行きは朝を除き、1時間に2本の運行。

しかも、それは行ってしまったばかりのようで… Cry

そこで、この際、戸ヶ崎操車場も調査対象にしよう、とりあえず、戸ヶ崎まで行くことにしました。

 
 

 バスの運転手さんが、戸ヶ崎操車場まで行けば、「松戸からくる八潮駅行きも乗れますよ。」と教えてくれたとおり、程なく松戸からのバスに乗ることが出来ました。

 潮止橋が混むかな?と心配していましたが、平日の昼間のせいか出発して4分で八潮駅に到着。

実際水元5丁目からバスに乗っていた時間は延10分もかからなかったです。

 
 

北口と南口それぞれ大きなバスターミナルと、タクシー乗り場があります。下の案内板を見てください。こんなにバス便があるのです Surprised

これ以外にも、羽田空港行きというのも見かけました。

駅の建物には、カフェや歯医者、本屋などお店も充実していますし、周りにも複合ビルがチラホラできています。

まだ空き地も目立ちますが、これからどんどんビルが建ってくるでしょうね。 

   
 

 南口を出たところのビルの1階は八潮市の出張所でした。

八潮市の特産品て、たくさんあるのですね。

 

 八潮に地酒があるなんて…

八潮美人に、八潮小町、どっちの方が美人?

 こんなかわいい消しゴムも作ってるんですね。

八潮には工業団地があるのですから、いろんな工業製品があることでしょう。

 

以上で、八潮行きのバスの調査はひとまず終了します。

今までは帰路に降り立つだけだったバス停が、これからは往路、乗り込むためのバス停としても利用でき、ますますこの町の交通のアクセスは豊かになりますね。

出かける方向、帰る方向が逆になってなんかまだしっくりこないですが…。

今後も、バスの旅シリーズは調査を続行してゆきたいと思います。

お楽しみに Smile

暖房器具etc・・

こんにちは、青野です。

社長と渡邊さんが写真付きのブログで頑張ってくれている事に

甘え、ご無沙汰させていただきました Laughing

今日はとても寒いですね~。ちょっと前には20℃なんて時もあったのに、

体が気温の変化につていけず、花粉なのか風邪なのか鼻水が止まりません Sealed

暖房器具もうっかり仕舞えませんね~。

我が家はエアコンもファンヒーターもありますが(残念ながら床暖房はありません Cry

灯油のストーブを愛用しています。

エアコンやファンヒーターのような風はなく静かに赤く灯った感じが好きです。

おまけにお餅も焼き芋も焼けます Smile そしておでんやもつの煮込みにも

力を発揮いたします。難を言えばやはり匂いには閉口しますが・・・。

出来ることなら暖炉なんて素敵なんですけど(^.^)

しかし、素敵な我が家はとても風通りもよく??夏は涼しく、しかし寒い日は

ストーブだけでは耐えきれずエアコンも同時にフル回転です(T_T)

今日もフル回転でした・・・。光熱費もばかにならないので

早く暖かくなってほしいものです。

 

 

四柱推命 その2

城です。

わたくし、不動産屋の社長をやるかたわら、前にも一度お話ししましたが、趣味が高じて四柱推命の鑑定をしております。

占いをする人のことを先生と呼ぶ事が多いですが、私はまだ、私の師 伊勢瑞祥 先生(年会員や法人が数百人もいる偉い先生)から免許皆伝してから1年あまりですから、インターンのようなものです。

四柱推命は、陰陽五行の哲学から生まれたもので、数字の組み合わせで答えが出ます。これを極めれば、陰陽五行を極める訳ですから、陰陽師(おんみょうじ)となります。ですが、弟子仲間では私たちはその卵なので、略して「おんたま」となるそうです Embarassed

でも、これを勉強していると面白いですよ。

人の人生には、運の良い人、運の悪い人、というのはおらず、だれでも運の良い時と悪い時が巡ってくる。

問題はその良い時期と悪い時期を履違えずに事を起こしたり、またはじっと待つ時を見極める事。

そして、だれにでも運命の分かれ道が訪れます。

右に進むか左に進むか、進み出すか、進むのを止めるか。

その分岐点が来たら、その時は勇気を持って踏み出す時なのです。 

もし、あなたが何かお悩みでしたら、お気軽にume2525@peach.ocn.ne.jpにメールしてください。

おんたまネーム 水月 凛花

 

ページ上部へ