ホーム>STAFF BLOG>2009年11月

2009年11月

四柱推命 その1

こんにちは、城です。

実は、私、占いができます Smile

なんて言うとちょっとウサンクサイ様に聞こえるかもしれませんが、れっきとした占い師なんです Embarassed

占いと言ってもいろんな種類がありますが、私が学んだのは陰陽五行四柱推命という占いです。

昔からある中国の思想から成り立っているもので、説明をすると長くなりますから省きますが、

生年月日+生まれた時間で観ます。生まれた時間はわからない人もいますので、そういうった場合は生年月日だけで。

なんと言う年の、どんな季節、どんな気配、どんな時間で生まれて、その空気を吸ったか、は意味があり、偶然ではなく、天からのメッセージのようなものだ、というのは、私の先生のうけうりです(笑)。

これが、結構当たるのです。当たるというと、まぐれみたいですが、まぐれではありません。

去年から始めまして、近しい人のを見てあげて、その友人や家族、なんて言う風に口コミで広がってきてます。

占いの名前は水月(みずき) りんか。 興味のある方は、梅津不動産で受け付けておりま~す。

お出かけ

今日は仕事の用事で錦糸町・大島・柴又と行ってきました。

途中噂のスカイツリーが見え着実に成長しているようで、今は約300Mぐらいだそうですが完成時には約600M以上(東京タワーの倍)になると圧巻だと思います。

仕事的にはいい日ではなかったですが、「スカイ・ツリー」と帰り道に」「筑波山」も見えたので明日からきっといい仕事ができるよう頑張ります。

私ごとですが、今日娘の(小3)音楽会が新型インフルエンザの影響で延期になりました、くれぐれも体調管理には注意してください。

それは突然・・・

こんにちは 青野です。

とうとう我が家にもインフルエンザがやって?きました。 Surprised 夕方、娘の姉の方が急な発熱をだしました。

まわりで流行っていたのでまちがいないと思いましたが、病院に一応相談したところ、発熱から12時間たたないと判定ができないそうで、その晩姉はうなる事となりました。

翌日、病院にかかると、やっぱりインフルエンザで、リレンザを処方してもらい、2日ほどで熱が下がりまりました。その間、姉は部屋に隔離状態となり、上げ膳据え膳のある意味うらやましい状態でした。 (元気になったので言えることではありますが・・・)

姉のインフルエンザにより私も急きょお休みさせていただき、月の中でも忙しい中、社長をはじめ会社に迷惑をお掛けすることに・・・ Cry

これからの時期、どのご家庭でも、それは突然やって来ます。とりあえず予防策は、うがい・手洗い・マスクぐらいしか出来ませんが・・・。あとは、下の娘に来ないことを祈る私です。 Sealed

 

 

不思議な柿

柿 001.jpg  

 こんにちは、城です。

当社は、用事のある方はもちろん、特に用事がなくても、ご近所さんや、お客様がよく寄ってくれます。お茶を飲みながら世間話しをして2~3時間なんて事も良くあります。

秋ともなると手土産に、お庭の柿の実や菊のお花を持って来てくださり、お店の中が華やぎます。この柿は、近所のおばあさんが、大変珍しい形をしているのでと、わざわざ見せにきてくれたものです。

角が生えているかのようにも見えるし、髭が生えているようにも見えますね。

 

  柿 002.jpg

 裏返してみたら! ビックリ!

目、鼻、口のシールが貼ってあって…、なんでしょう?

ピカチュウ?キツネ?

食べるのがもったいない柿ですね。神様のいたずらのような…

ブログ・デビュー

本日人生お初のブログデビューをします。 渡邊 匡一(わたなべ まさかず)45歳・妻・子ども2人(高1男・小3女)の父親です、へたくそな文章ですが長~い目でみてください。

みなさんは「茶柱が立つ」と良いことがあると言われるように、何かがあるといいことが起きる予感て有りますか?。

私は朝会社に来る途中の橋(飯塚橋)から筑波山が見えると、何かいい事があるような気がします。今日は残念ながら見えませんでしたが、押上に用事で行ったところ「スカイツリー」が間近に見えたことと仕事もうまくいきそうなのでいい気分で帰ってきました。

もしかすると私は“高いものフェチ”かも知れません。

これからもいい話、いい出来事、いい…、時にはグチを書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。 Smile

はじめまして

こんにちは、事務の青野です Smile

当社のホームページがリニューアルし、恥ずかしながら私もブログを書くことになりました。

水元に結婚を機に越して来て早15年がたち、当社でお世話になり2年半が過ぎました。

入社時、小学生の二人の子供は、一人が中学生となり、日々仕事と生活に追われています。

これから、子育て中の母・いち主婦として、地域や学校のことなどいろいろと書いていきたいと思います。

あまり文章に自信はありませんが、業務命令??なのでがんばりまーす Laughing

 

医療制度に怒ってます

今の医療制度は、間違っている!特に老人医療!そう思っている人は私以外にもたくさんいると思います。父が今年の1月に入院してから、つくづくそう実感します。

老人が3ヶ月以上同じ病院にいる事は、悪なのでしょうか?病状が安定したから病院から出てください、次を探してください、とのお話。父は今慢性の心不全の状態で、安定したから退院しなければならず、病院から有料老人ホームに移動すると、その日の夜には発作が起こり、1泊か2泊のうちに救急車で元の病院に舞い戻っているのです。これで2回同じことがありました。そして、また安定したから出て行けとのお言葉。

そうやって言ったり来たりするたびに、どんどん体力を無くし、目に見えて状態が悪くなっている。

それなのに、主治医のおっしゃるには「移動したらまた病状が悪化する可能性は高く、その時はまた戻ってきたいなら受け入れます。ただ、今までのように助かるとはかぎりらないので、それを知っておいて欲しい。」とのお話。「だったら、移動する事でまた発作が起こることがわかっているのなら、ここにいさせてください」とお願いしても、「ここにずっと置いておくことはできません。」ときっぱり。

じっとしていれば安定している患者も、早く死ぬように仕向けているのが、今の医療制度だと思います。一生懸命生きてきた老人に対する思いやりが全然見えません

家族が一生懸命訴えても、それは皆、家族の我がままか何かを言っているかのように、扱われる悲しさ Cry 老人の病人である父には、生きる権利は無いかのような扱われ方、そう感じるのは私だけでしょうか…。

梅津不動産のはじまり

はじめまして、梅津不動産の代表をしています、城 恭子です。梅津不動産のはじまりといっても、そんな大げさなものはないのですが、思い起こせば私が短大を卒業してOLになった頃、心臓を悪くして警察官を退職した父が、母と2人で開業したのが始まりです。父は確か53歳でした。

もともと昭和40年に家を建て引っ越してきた水元ですが、宅建の免許は若いときにとっていたとは言え、商売の経験の無い父が、向こう見ずにも不動産屋を始めてから25年以上経ちます。(というと私の年もばれてしまいますね(笑))。これだけの長い間続けてこれたのも、ひとえに回りの皆さん、お客様に恵まれ、助けられたおかげだと思います。

長い年月の中には色々な出来事があったわけですが、それは、はしょりまして、なんとか荒波を越えながらも頑張っていた父ですが、平成15年にガンの手術をし5ヶ月くらい入院をしたのをきっかけに、体力気力が元に戻らずどうしようかという事になり、向こう見ずにも私、長女が平成16年より代表に交代し、今にいたった次第です。

父は今会社には出ていませんが、母と私と社員2名で皆様のお役に立とうと、日々頑張っております。

ブログを始める事になったので、少し改まって昔を振り返ってみました。

ページ上部へ